都心と臨海副都心とを結ぶBRTには、自動運転技術がある程度盛り込まれることになっています。先般、内閣府と東京都、京成バス、トヨタ、日野自動車、いすゞ自動車と最先端技術の導入に向けた協力の覚書も締結されました。

「次世代都市交通システム」(ART)の実現に向けた取組について

art_tech

BRTに限らず、テスラ「Model S」やGoogle「Googleセルフドライビングカー」、Apple「Project Titan」など海外勢の自動運転技術開発が進んでいますし、日本でも日産は「2018年には高速道路、2020年までに交差点を含む一般道での自動運転技術導入」と表明し、実際、次期新型セレナから高速道路の自動運転アシスト機能を付けると発表しています。

官民ITS構想・ロードマップ2016より

autocar

自動運転の技術の覇権をどこが握るかはまだわかりませんが、いずれ高速道路から一般道へのアシストが進み、最終的にはドライバー不要のところまで行くでしょう。それが何年後かはまだわかりませんが、自動運転車時代が到来したとき、いまのマンションの価値観はかなり様変わりするかもしれません。

お盆中のヒマネタとして、この問題を考えてみようと思います。

自動運転車のインパクト

  • 車の中の移動時間がほぼプライベート時間となる
  • 運転免許不要になれば、子供も一人で乗れるようになる
  • 無人タクシーが実現できれば、人件費分の移動コストが下がり利用しやすくなる
  • レシプロエンジンなら従来のインフラでも可能だが、電気自動車になると充電のインフラが街に必要になる

ここから考えられることは

現在の駅近信仰が希薄化:公共交通機関での移動よりも、車での移動の方が、プライベート時間が増えることになり、駅近である必要性が若干薄れる。それよりも自分と家族が使用する車の駐車スペースが確保され、かつそこが充電可能であるかどうかが重要になる。

続きを読む »

ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンス、この8月から順序入居が始まっています。高層階の引渡し後にお呼ばれしましたので行ってまいりました。まだ引越しの荷物が行き交う中だったので、エントランスや受付カウンターなどについてはまた今度の機会とします。このエントリの写真はクリックすると大きくなります。

tiaro_201608_01

お隣クロノレジデンスと違うのは、あちらがバルコニー側のガラス手すりの上下に白いバーを用意して「白」を前面に出したのに対して、こちらはガラスを強調している点です。また、バルコニーのガラスは微妙に傾斜が付けられていて、たとえば南側から見ると一部の住戸のバルコニーガラスが色が違うように見えます。これは明らかに狙って作られたデザインです。

tiaro_201608_02

ということで、ガラスがより強調されていることもあり、全体としてお隣よりも軽やかな造形に仕上がっていますね。常々申し上げていますが、この2兄弟は湾岸随一カッコいいマンションと私は評価しています。

tiaro_201608_03

タワーの足元、公開空地はクロノ部分と連結され、更に川傍の遊歩道と一体化されているため、お隣勝どき・月島では見られないほどの開放感にあふれています。「中央区にこんなところ、あったんだ」CMの通りですね。

エントランスはまだ養生テープが張られていたのでまたの機会に。エスカレーターで上がると左手にコンシェルジュカウンター、右手にラウンジとなります。このあたりのオブジェもクロノよりパワーアップしているような・・・

tiaro_201608_04

この2Fカフェラウンジ、クロノと違うところは、飲食提供サービスがないところです。クロノの飲食提供は個人的に大変良かったので残念です・・・が、この奥の方に住民専用コンビニ(サンクス)が入居しています。ミニサイズとはいえ、これはかなりうれしい!!ということでプラマイゼロ、というよりもコンビニ部分でプラスです。すいません、クロノにはローソンが入居していました。

tiaro_201608_05

tiaro_201608_14

参考:中古タワーマンション探訪:ザ・パークハウス晴海タワーズ クロノレジデンス編

共用施設は2Fに固められています。このラウンジの奥に「キッチンスタジオ&パーティースペース」「キッズルーム」「ライブラリー」「サウンドサークル(防音室)」などがあります。

キッチンスタジオ&パーティースペース

tiaro_201608_06

キッズルーム

tiaro_201608_07

ライブラリー&スタディースペース
奥側に9席スタディースペースが用意されています。

tiaro_201608_08

続きを読む »

東洋経済オンラインの記事【東京の鉄道、「都会」「郊外」の境目はこの駅だ】が興味深い記事だったのでシェアします。

東京の鉄道、「都会」「郊外」の境目はこの駅だ
東洋経済ONLINE

東京都心から郊外に向かう電車に乗っていると、ビルやマンションが林立する風景から、次第に木々や緑が増え一戸建て住宅が目立つようになる。そこでようやく「郊外」に来たと実感する。では、郊外に転じる境目はどこなのだろうか。(中略)

都心からの距離は25キロが目安

「郊外か否かは、マンション事業が可能なエリアか、難しいエリアかで判断できます」と、杉原氏は言う。たとえば、駅ごとに新築および中古のマンション供給量や取引価格を見ていくと、ある駅を境に傾向ががらりと変わる。つまりその駅が郊外分岐点ということになる。また、総世帯数と借家世帯数が多く、借家世帯の平均年収が高いエリアは将来のマンション事業が可能なエリアだ。とすれば総世帯数、借家世帯数、借家世帯の平均年収がガクンと落ち込むエリアはやはり郊外の境目ということになる。

土地の原価が安くなるなると、戸建原価+土地代とのバランスによりマンション事業が成り立たない地域が出てきます。
参考:2016年の新築マンション市況はどうなるの?
この土地を上記記事では「郊外」と定義して、では沿線別にどの駅が郊外なのか?を具体的に述べています。

ということで、記事中に「ここから先が郊外」という駅を地図にプロットしてみました。
↓クリックすると大きくなります。

kougai

東横線・京浜東北線は、それぞれ横浜と大宮という大都市を結ぶ路線ということで、ここから郊外駅は無い、と結論付けられています。

ということで、最大限記事の記述を尊重しつつ、都市のプロットを線で結んだのがこちら。

続きを読む »

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2017年1月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.5%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー