有明

東京建物・有明4棟目の概要が発表

ブリリアの有明地区4棟目の概要が建設通信新聞さんに載っていました。

東京建物が東京都江東区に建設予定のタワーマンション「(仮称)有明北2-1-A街区開発計画」の概要が分かった。RC造地下1階地上33階建て延べ約3万1000㎡の規模で、住戸数は約300戸。今後、都市計画手続きを進め、2018年8月の着工、21年3月の完成を目指す。 建物は免震構造を採用し、高さは約114mを計画している。1階にカフェ、2階には保育所や地域サークル活動室などの地域貢献施設、シェアオフィスなどを整備する。駐車場は、建物内部にタワーパーキングを設けるほか、平置き駐車場も整備し、合計で約150台分を確保する計画だ。

建設通信新聞 3.1万㎡、18年8月着工/免震構造を採用/有明北2-1-A街区計画 2017-06-22

なるほど、Googlemapで見るとこの辺りです。敷地面積・建物位置・大きさは適当です。建物はお台場側に寄せることが明らかになっています。

免震タワーの33階の300戸というとブリリア有明シティータワーと同じ高さで戸数がちょうど半分ということになります。
こちらのマンション、北側隣地の三角形土地を合わせずにこちらだけで開発しようとしているのは若干謎ですが(持ち主は謄本上は東京都)、もしかしてオリンピックが関係しているのかもしれません。

ところで、ブリリア有明シリーズの特徴とも言える、最上階共用施設は今回作るんですかね?作らないんですかね?既報では1階と2階は発表されていますが、その辺りも興味あります。3階~32階に住戸を10戸づつ作れば300戸になりますね。しかし、2階の「シェアオフィス」ってこの辺りに需要あるんでしょうか。

建物の予想位置は台場側に寄せるという記載を考えて、BASの南西住戸中高層階からとBACの南東住戸中高層からの出来た時の予想イメージを作ってみました。

ブリリア有明スカイタワー南西中高層階からみたブリリア4棟目(規模・位置などはかなり適当)

 

思ったより影響が少ない感じがします。だいぶ離れている上に細いですから。ちょっと細くしすぎたかも。位置ももう少し道路側のセットバックが多い気もします。

ブリリア有明シティタワー南東中高層階からみたブリリア4棟目(規模・位置などはかなり適当)

こちらは、正面には来ないものの・・・ベランダに出ると視界に入ってきますね。

このあたりの状況は、住民説明会が秋までにあるらしいという情報を聞きましたので、またアップデートさせていただきます。

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. 有明

    “今までの価値観が揺らぐ”湾岸タワーマンション生活とは?

    画像の出典:写真素材 足成よりいきなりの煽りタイトルですい…

  2. 有明

    豊洲新市場と千客万来施設の計画が発表される

    平成26年度末に完成予定の豊洲新市場の計画とあわせて設置予定の千客…

  3. 未発売マンション

    KACHIDOKI THE TOWERの公式Webページオープン

    勝どき五丁目地区再開発で建てられる1420戸トライスター型マンション【…

  4. 有明

    結局、有明民大勝利?一帯をスポーツの聖地に。「有明レガシーエリア」が発表!!

    有明北地区は、大きく2つにわかれてまして「相当前から埋め立てられていた…

  5. 未発売マンション

    勝どき東地区再開発事業の環境影響評価書案

    読者様より、勝どき東地区再開発事業の環境影響評価書が中央区で閲覧できる…

  6. 新交通など

    晴海地区将来ビジョン 中間とりまとめ案が公表される

    中央区がオリンピック選手村が整備されることを契機に、大会後の魅力ある街…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサード リンク

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP