中古マンションの買い方・売り方

湾岸タワーマンションはオリンピック後、一斉に大規模修繕に入りそう

 

のらえもん、先日湾岸に立つタワーマンションたちを眺めていてふと不安になったのです。それは「あれ?このマンションたちオリンピック前後に一斉に築12年を迎えるんじゃね?」という感想です。

マンションは定期的に大規模修繕を行う計画となっています。いつまでにどのようにしなさいと法律で定められているわけではありませんが、一般的に販売の時に配られる計画では「12年・24年・36年」というサイクルが採用されます。

ちょっと江東区湾岸地区のタワーマンションを、2000年から2012年まで竣工年順に並べてみました。

2000年
キャナルワーフタワーズ

2004年
オリゾンマーレ
Wコンフォートタワーズ EAST

2005年
Wコンフォートタワーズ WEST

2006年
ガレリアグランデ
豊洲シエルタワー

2007年
アップルタワー東京キャナルコート

2008年
キャナルファーストタワー
アーバンドックパークシティ豊洲
THE TOYOSU TOWER

2009年
ビーコンタワーレジデンス
シティタワーズ豊洲ザ・ツイン
ブリリアマーレ有明
シティタワーズ豊洲ザ・シンボル

2010年
シティタワー有明

2011年
ブリリア有明スカイタワー

2012年
ザ・湾岸タワーレックスガーデン
プラウドタワー東雲キャナルコート

上記のうち大規模修繕済なのは、2000年に建てられたキャナルワーフタワーズ(2013実施)のみでした。

実は12年という販売時のサイクルは守る必要はありません。建物の劣化具合、そして管理組合懐事情でスケジュールは先に変更になることになります。事実、川口のエルザタワー55(1998)は築17年後から開始、中央区のセンチュリーパークタワー(1999)は築16年で開始となりました。とはいっても、上記に上げたマンション達はオリンピック前後に次々と大規模修繕適齢期をむかえることになります。

取材を進めるとどうもみなさんオリンピック後が工事費安くなりそうなので、待っているという風の噂を聞きました。となると、2022あたりの湾岸のタワマン風景は一斉に足元低層階が足場組んで防護ネット、上からゴンドラつり下がりという状況になるかもしれませんね。

画像出展:Re-urbanization -再都市化-さんのブログより

タワマン第一世代が大規模修繕を迎えて貴重な事例を作っていただいているので「タワマンは大規模修繕ができなくて終わり」という煽りは全くの不正解とわかるんですが、そもそもタワマンの大規模修繕工事を手掛けられる会社って日本にいくつあるんでしょうか?江東区だけでなく港区/中央区、その他のタワマンが一斉に大規模修繕工事を始めたら??と思ってしまいました。まぁ建てるよりずっと少ない人数・工期でしょうから問題はないと思いますけど。

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. ケーススタディ集

    【ケーススタディー集】相続したマンションをリノベして売却ってどう思いますか?

    じつはこちらはスムログブロガー宛の質問なんですが、ちょっと具体的過ぎて…

  2. 中古マンションの買い方・売り方

    どこにも載ってない中古マンションのお得な買い方:その1

    世の中、新築マンション購入に関する知識は本やネットを調べればざくざく出…

  3. 中古マンションの買い方・売り方

    中古マンションの売り方・仲介屋の心理を考えた

    先週、3回にわたって書きました「中古マンションの売り方」。見事に人…

  4. 中古マンションの買い方・売り方

    【小ネタ】築年数とマンション平米単価の関係と戦略的マンション購入

    Twitter上で流れていたグラフを見て、昔のことを思い出しました。…

  5. 中古マンションの買い方・売り方

    中古マンションの売却と囲い込み

    車のオークション会場を見たことがありますか?今はなかなか見ることができ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサード リンク

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP