いま、ニュースやワイドショーでは「パークシティLaLa横浜」の施工不良問題でもちきりです。のらえもん、この問題の第一報の時、表に出てたマンションの条件で、すぐに該当マンションがわかりましたが、表立って名前を書くのは控えていました。というのも、この問題は、あまりにも大きすぎて住民の皆様のこれからのご心労を考えると軽々しく触れるべきではないと考えていたからです。

実は、昨年では似たような問題で騒がれた住友売主・熊谷組施工の「パークスクエア三ツ沢公園」というマンションもありました。両者に共通するのは

  1. 基礎杭の一部が支持地盤まで届いていなかった
  2. マンションの敷地内で急に地盤面が傾斜した個所があった
  3. マンションが不同沈下を起こし、棟間でズレが発生して問題が発覚した
  4. 売主側は当初は「東日本大震災の影響」と説明し、最終的に瑕疵を認めた
  5. 売主は最大限の責任として最悪無償建替えを住民側に提示している
  6. 建替えをするかどうかは住民が決めることになる

ということです。パークシティLaLa横浜の事例は、杭打ちを担当したのが旭化成建材の現場担当者がデータを紛失したり、偽造したことになっています。厳しいコストと工期管理の中、当初想定以上の深い杭打ちは必然的にコスト上昇と工期延長を招くため、板挟みになり、こうしたことが現場レベルで起きてしまったのではないかと推測します。もちろん、データの偽造は発覚時に数千倍のコスト増で跳ね返ってくることですから、許されることではありません。
(杭打ちする機械の先端には地盤の固さを測れる機器が付いているはずです。急峻に地盤面が深い場所になっているも”地盤面に到達するまで”施工すればよかったはず。これを怠った。)

不謹慎な言い方かもしれませんが、パークシティLaLa横浜の方は、棟間をエキスパンションジョイントで繋いでなかったら、問題は発覚していなかったかもしれません。56mで2cmのズレですから。

「パークシティLaLa横浜」
parkcityLaLayokohama
画像出典:住適空間マンションWikiより

「パークスクエア三ツ沢公園」
parksqueamituzawa
画像出典:日本経済新聞記事「横浜・三ツ沢の傾斜マンション、応急工事へ協議」より

この問題について、

管理組合理事会運営に立脚した視点から、はるぶーさん:
横浜のマンションの施工不良問題に関して

これから購入を検討している方に立脚した視点から、マンションマニアさん:
パークシティLaLa横浜の施工不良について考える 今後三井不動産のマンションは売れるのか?

お二方が素晴らしい見解を出されていますので、のらえもんとしてはお二人の視点からは追加することがありません。そこで少し視点を変えて、「既に購入して入居しているウチにも杭不良があるのでは、と不安に思ってる区分所有者」の立場からこの問題と、今後の影響について考えてみたいと思います。

残念ですが、この事例は、日本のマンションにおいて「この2棟のみ」しかないとは思えません。きっとどこかに杭基礎部分に施工不良があるマンションは他にもあるでしょう。その上で述べるとすれば、

続きを読む »

ask.fmからの質問に再度お答えするケーススタディコーナーです。みなさんに公開してよい質問はask.fmに、個別に相談したいことは私の公開しているメールアドレスにお寄せください。

変動と固定のミックスローンを勧められましたがどう思われますか?

crono_tiaro

Q:
変動と固定のミックスローンについてどう思いますか?どっちつかずになり中途半端なイメージがありますがどうでしょうか? また、銀行から変動にするのであれば、変動と変動のミックスローンを勧められました。固定に切り替える時、二本立てのうち一本だけ固定にできるので選択肢に幅が出るとのことです。 どちらにせよ、管理が面倒そうなので一本にしたほうがいいかと思ってますが、どう思われますか?


A:
私の結論を語る前に、ミックスローンについて一般的なことを押さえておきましょう。一言にミックスローンといっても目的別にいくつかのパターンが考えられます。

  1. 期間別(例:15年と35年)
    ⇒一例として夫婦でそれぞれ組み、奥様の方を15年の短期間にするなどです。銀行の中には単独で2つのローンを契約することもできます。
  2. 金利別(例:全期間固定と変動)
    ⇒固定と変動のリスクとリターンのバランスを取る方に好まれます。
  3. 返済別(これはご質問のあった変動&変動や固定10&固定10)
    ⇒これは将来、金利別に変更するオプションを持つためです。一括で片方を返済してしまえば、月々の返済額はもう片方だけになります。

費用についてですが、以下の通りになります。

続きを読む »

東京都のオリンピック・パラリンピック準備局公式Webページにて、施設配置の変更が発表されています。加えて、有明アリーナの「施設運営計画策定計画支援事業者」も発表されました。

olympic_web

有明テニスの森については、立候補ファイルの時点で木々が成長して貴重な広場になっているイベント広場の存続についての懸念があったと思いますが、こちらが大会開催後も残されることになりました。

↓伊達公子さんがパンパシフィックックに出場した時のイベント広場。超満員でした

olympic_ariakehiroba

立候補ファイルでは、このイベント広場を潰すように見えたのですが、存続するとのこと。

続きを読む »

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2017年1月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.5%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー