50 / 311« 先頭...25...495051...75100125...最後 »

竣工から半年が経った月島駅直上タワー「キャピタルゲートプレイス ザ・タワー」。先日訪問する機会がありました。
いくつか写真を共有します。本エントリの写真はクリックすると大きくなります。

cgp_logo

cgp_01

53階建てということもあり、タワーマンションが多い月島駅周辺の中でもひときわ高く、目立つマンションです。そもそもこのタワーは、再開発事業のため、湾岸マンションではあまり見られない、タワー下部がモールとなっています。地権者さん達が入っているため、立ち呑み屋から学習塾まで店舗構成はなかなかバラエティに富んでいます。

cgp_05cgp_04

こちらがレジデンス棟(11F)とタワー棟の中庭部分です。わかりにくいですが、右下部分がタワー棟のエントランスとなっています。

cgp_06

エントランスは入ってすぐコンシェルジュカウンターがあり、奥に進むと3Fの共用部に続く階段が現れます。全体的に少し暗いつくりで石材の基調とあいまって重厚感が出ています。

cgp_07

階段を上がると・・・

cgp_08

雰囲気がガラッと変わります。下は磨かれた石材の床、そして立ち上がりと天井は木でデコレーションされています。モダンな造りでマンションエントランスのお手本というべき出来ですね。この奥にブラウジングルームがあります。

続きを読む »

横浜 MIDベースタワーレジデンス モデルルーム訪問 その1の続きです。
共用施設と間取りと価格表、そして総評です。

yokohamamid_top
イメージ図と間取りの画像出典:横浜 MIDベースタワーレジデンス公式Webページより

共用施設

このマンション、ほとんど共用施設はありません。3階までには入っているのは「地域への貢献施設」であり、住民のためのスペースではないからです。4階にキッズスペースとゲストルームがひとつあるだけです。「タワー」と名がつけば基本的には入っているコンシェルジュカウンターも無し。各階ゴミ捨てもありません。

その代わり、棟内に「ミニスーパー」「保育所」「診療所」「地域交流スペース」「屋上(5階部分)コミュニティ広場」が準備されています。保育所は優先などの優遇措置はありません。

間取り

前エントリでも述べたように、仕様はとても良いマンションですが、間取りから見るとひとつ残念なことがあります。それは窓側が完全なインフレームであることです。この有効面積ロスはバルコニー部分に柱があるアウトフレームと比べるとかなりあります。

横浜 MIDベースタワーレジデンス A-1タイプ 56.73㎡ 2LDK

yokohamamid_typeA1
間取りの画像出典:横浜 MIDベースタワーレジデンス公式Webページより

モデルルームでは、洋室(2)の壁は取っ払われ、ダイニングとして扱われていました。こうすると廊下の部分まで有効利用面積が広がる効果がありそうです。ちなみにこの間取り、かなり変わってまして1LDK+DENではなく2LDK表記とするために洋室(2)には出入り口が2つついてます。洋室(1)を引き戸にして「採光が確保されている」とみなして洋室認定しているのです。

横浜 MIDベースタワーレジデンス G-2タイプ 72.91㎡ 3LDK

yokohamamid_typeG2

他のマンションに比べてスパン幅が良好なだけに、リビングと洋室(1)にある柱が残念です。大き目のシューズインクロゼットと納戸があります。洋室(1)の扉と物入はぶつかるのはなんとかならなかったのでしょうか。これは引き戸にしたほうが良いかも。

維持費

(追記20160308)
管理費は平米あたり246円・修繕積立金は168円でした。横浜市住宅供給公社分譲ということで、維持管理には最初から積み立てていくとの姿勢が出てますね。最初から定住目的のマンションということなので、販売面で特にマイナスにならないとの判断でしょう。
駐車場は61台で付帯率は30%。この立地なら駐車場はもう少しあったほうが良いと思いますが・・・最近は車を所有しない生活が郊外にも広がりつつありますし、物件価格の高騰で車を持ちにくいという事情もありますのでそちらを反映しているのでしょう。月額使用料は月額使用料27,500円~32,000円と都内並みです。

価格表

私が訪問したときは、まだこれから価格を決めていくとのコメント付きでした。もしかして最新状況は変わっているかもしれません。

横浜 MIDベースタワーレジデンス予定価格表(160205修正)

続きを読む »

毎度定期ポストのようになってきましたが、フラット35の金利が更に低下中です。

フラット35は、様々な金融機関で販売されていますが、基本的には住宅支援機構が買い取ります。金融機関によって、実行金利の差があるのは販売側のマージンが乗っているかどうかだけで、基本的には最安金利を選べば間違いありません。

2016年2月の実行金利(9割以下)は

借入期間:15年~20年 年1.210%
借入期間:21年~35年 年1.480%

となりました!久しぶりに出ました、1.480%。残念ながら補正予算によるフラット35sの0.3%補助は終了してしまいましたが、借り換えなら関係ありません。審査を通しても借り換え実行までは日数がかかりますので、どうしてもこの金利で借りたいor借り換えたいなら月のはじめに申し込まないと間に合いません(といっても、マイナス金利実行効果が来月まで続いていれば、来月は更に金利が低下することも予測できます)。

変動金利と固定金利のスプレッドは現在極小になっているので、2月・3月の借り換えには絶好の機会が到来していると思っています。固定金利への借り換えなら、10年もしくは全期間固定フラットが一番お得かと思ってますが、全期間固定を選ぶなら数ある金融機関の中でもARUHIは審査スピードが他より早いのがお勧めですね。

img_photo1

固定10年での借り換え検討なら、いま間違いなくお勧めなのは、りそな銀行です。10年固定表示金利がおかしなことになってます。去年借り換えた僕は二度見して悔しがりました。変動金利で借りていて、同じ銀行内で固定スイッチをネットでできる銀行さんは多いですが間違いなくそれより絶対に安いです。
住宅ローンについてはこちらのサイトもどうぞ!

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー

50 / 311« 先頭...25...495051...75100125...最後 »

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2017年1月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.5%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー