» モデルルーム訪問のブログ記事

この秋から入居が始まったBAYZ TOWER&GARDEN。東京ワンダフルプロジェクト第二段のタワーマンションにお呼ばれしたので行ってまいりました。兄弟マンションであるSKYZが三井色だとすれば、BAYZは東建色を若干強く感じました。

bayz_04

bayz_03

BAYZの特徴は、以前も述べましたが以下の通りです。

  • 正方形で塔状比が良いため、特に角部屋においてワイドスパンの部屋が多い
  • 免震装置により上部構造を軽くした恩恵をなるべく部屋に柱を入れないように設計している
  • 順梁2450mmハイサッシの組み合わせにより、従来にない開放感を演出している
  • 外廊下ではあるが、極太構造柱を廊下側に出すことにより、外廊下感を軽減
  • SKYZとの共有施設相乗りにより、規模を超えた共用施設数を実現

ということで、マンションオタク的にも注目度が高い物件です。決してSKYZの弟分ではなく、専有部仕様は一部凌駕しています。本ブログの中古タワーマンション探訪エントリはお邪魔した専有部の写真は身バレを避けるためお見せしない、という趣旨ですが、専有部は想像以上でしたし、北側・東側・南側方向の開放感は事前予想を超えてました。

特に東側眺望は運河に面していて、開放感良いですね。東雲方向も遠くにタワマンが立ち並ぶ姿は圧巻です。

bayz_05

北側もパークアクシス豊洲が気になるかと思いきや、あまり気になりませんでした。

さて、BAYZの共用施設は以下の通り。

  • ベイサイドラウンジ
  • キッズガーデン
  • ゲストルーム2室
  • ラウンジ&バー
  • パーティースペース(バーラウンジ併設)
  • ライブラリー(バーラウンジ併設)
  • スカイデッキ

となっています。

ベイサイドラウンジ

bayz_06

bayz_07

正面エントランスからまっすぐいくと、ベイサイドラウンジがあります。ここは30席弱ほどあるラウンジですが、左手に見える水盆によりまるで水の上に浮いているかのような意匠となっています。外は運河沿いに道歩く人たちを見つつくつろげる場所となっています。

その奥には、このマンションを特徴付ける施設があります。その名も

キッズガーデン

bayz_08

bayz_09

20mはあろうかという奥行きの大空間、本棚兼アスレチックの木のオブジェ、琉球畳の掘りごたつ、壁一面は黒板と育ち盛りの子どもの遊び場とママの語らいを兼ねた場所です。ここまで広ければ、イベントスペースや災害時の拠点にもなるでしょう。ここまで広く高いマンションの共用施設はあまり類例がありません。

「マンションのキッズスペースはそのうち使われなくなる」という批判はよく目にしますが、考えてみればそれは細かく区切られているからで、大きくスペースをとって多目的室に使うようにすれば、後々でも使えます。ましてやここはSKYZと共用空間なわけでこれから長く使われることでしょう。

今回はゲストルームを見ることはできませんでした。次回は、アラン・チャンがデザインしたオリエンタルテイストのラウンジ&バーをご紹介します。

パークタワー晴海が公式Webページを再公開しました。

pth_web20160912
このエントリの画像出典:パークタワー晴海公式Webページより

「地下躯体工事の遅延」による影響により、昨年5月で販売活動を中断していましたが、ついに再開しましたね。
竣工は平成31年5月・入居は平成31年9月と当初予定より2年延びています。公式Webでは販売時期は平成29年6月と書かれていますが、これは第1期の申し込み時期のお話なのでモデルルームはそれより数ヶ月前からオープンしそうです。

マンションの基本的なコンテンツは変わらず、東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドプロデュースも変わりません。

pth_web20160912_02

「○○ Zone」とか、超ディズニーランドっぽいですね。ここまでド直球なコンテンツはマンション業界では今までなかったはずで、挑戦してますね〜
また、メンバー登録をすると、間取り図などが見られるページも閲覧できます。ある程度はクローズドで公開していくということなのでしょうか、久しぶりの湾岸新物件ということで、モデルルームが今から楽しみです。間取り図は前回でも見たことのある図と変更ありませんでした。ということで、以前に書いたこちらの間取りもあるはずです。

パークタワー晴海のDMが届きました

2LDKは行燈部屋が生じますが、公開されている3LDKはワイドスパンで全部屋バルコニーに面しています。これは、パークタワー晴海の塔状比(高さと幅の比率)のバランスが良いからかと思われます。

pth_web20160912_05公式Webページのロケーションで紹介されるCG。クロノ・ティアロと3兄弟感が非常に強いのですが、説明もなしにこのCGだけみると販売するのはこの3棟全部かと感じてしまいます。他社分譲物件とここまで連続性を強調するのは、東雲のキャナルコート物件以来あまり見ません。

そういえば、湾岸の妖精のらえもんとしては、見逃せない文面がありましたね〜

続きを読む »

BAC絡みのこの話、しばらくブログにするか悩んでいたのですが、立て続けに3件メールが来まして、こちらのブログでも記事化することにしました。

ブリリア有明シティタワー契約者です。いつもブログ楽しく拝見させて頂いております。
当方理事会がBAC南側更地(水素ステーションと外車ディーラーの間。地番:有明一丁目3番16)の所有者が東京建物であることを登記簿にて確認し、住民に報告がありました。
また。補助315線を挟んだヤマト東側の土地も開発の噂がちらほらと流れています。
機会がありましたらブログのネタとして扱っていただけたらと思います。

(訂正:こちらでいただいたメールの位置は間違いのようです。東京建物が取得したのは道路新設に伴うヤマト運輸の隣、三角形の土地です。)
これですね。

BAC_tokyotatemono_20160415

平成28年4月15日に東京建物が取得しています。

でも地番検索サービスで有明1丁目3-16を検索すると道路が曲げられてできた三角形の空き地に3-16指定が来ていて私少々混乱していました。(→場所訂正20160830:やはり、地番検索サービスのとおりヤマトの東、この三角形の土地のようです。メールをいただいた皆様ありがとうございました。)

ariake-1-3-16

ariake-1-3-16_map

ariake-1-3-16_map2

ということで、情報提供者様の言われるとおり、岩谷産業とマクラーレンの間の土地ということですね。南東+東角部屋はガチ被りです。

bac_toutate

東京建物さんってこういう間の悪いことをたまにしますね。BMA~BACの悲劇が昔あったことを思い出します。またBASの南西部屋にとっても眺望を阻害する要因です。

続きを読む »

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2017年1月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.5%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー