HARUMI FLAG 晴海選手村

どうも晴海フラッグ第2期はそのままの価格で出すのではないかという噂

黄昏の国日本で、21世紀最大の住宅開発となる、晴海選手村跡地「晴海フラッグ」。超大規模であるが故に、販売は数年がかりと考えられていました。第一期分譲が終わり、新しい街区分譲の第二期が始まるところでコロナウイルスによる先行き不透明感が出て販売が停止。1年以上止まった今もまだ再開されていません。

引き渡し時期も1年延びたため、新築マンションとしては、異例の無償キャンセル措置がとられ、少なくない方がキャンセルされた模様です。なお、私だったらキャンセルしない、と書きましたけどね。

画像出展:HARUMI FLAG公式Webページより。第一期はPARKとSEAの分譲でした。第二期はSUNがここに加わりました。しかし、販売直前でストップ。

2020年5月の第一回目緊急事態宣言明け以降、東京23区の住宅マーケットは明らかに過熱しました。自宅の中で過ごす時間が増えた人たちが、住宅購入に目が向き始め、新築マンション・中古マンション共に在庫が一気に減りました。マンションだけではなく、戸建ても売れています。

この結果、東京の湾岸エリアは、この1年の間に+10%は値上がりしてしまいました。マンションによってはそれ以上の値上がりを記録しています。

---

この夏、五輪が開かれるかどうかにかかわらず、晴海選手村は2021年に役目を終えて改装し、分譲マンションとして供給されることは決定されている未来です。住宅マーケットの過熱と共に「晴海フラッグ第二期が再開する時、値上げして販売するのか」と議論されてきました。

と思ったら、根拠ない記事が出てきて大人気だったみたいなので、

オリンピックレガシーのなくなった選手村「晴海フラッグ」は、値下げしてどんどん売りさばくしかない
https://bunshun.jp/articles/-/43478

オリンピックレガシーとしての価値がなくなれば、冴えない物件に
まず、五輪が中止となれば話は簡単だ。今すぐリニューアル工事にかかることしかない。従来、2年半をかけて間取りの変更、内装等のやり替えを行うことを予定してきたが、選手村として使われないのだから片付けもなく、多少工期を早めることができるかもしれない。最速でかかれば23年の夏くらいまでに引き渡せる可能性がある。ただしオリンピックレガシーとしての価値はなくなり、勝どきの駅からめちゃくちゃ遠い海辺のマンションという、あまり冴えない物件となってしまいそうだ。なにせ勝どき駅周辺には徒歩圏内に既にたくさんのタワマン群がそびえる。その中をとぼとぼ歩いて海風吹きすさぶマンションに帰る気持ちはあまり盛り上がりそうにない。まだ残り3000戸以上の住戸を売らなければならないデベロッパー側も、まことにご苦労様というしかない。

「は?何言ってるの?いまのマーケットきちんと理解して言ってるの?」と、湾岸エリアの妖精として反論しておきました。この著者、元三井不動産の人なんですよ…

五輪延期の選手村マンション「晴海フラッグ」 “価値ナシ説”に反論
https://bizspa.jp/post-427062/

ですから、「もし販売中止前の価格据え置きでこの夏以降に再販売されるとしたら、晴海フラッグは空前絶後の人気マンションになる。坪単価水準で考えると郊外並の価格で東京都中央区のマンションが販売されることなんて、二度とないのだから」。

基本、買いを煽ることのないのらえもん※が、ここまで書くのは「まぁ価格据え置きなんてありえないよね、だって、周りのマンションが売れなくなってしまうもの。」と思ったからでした。この記事もやはりヤフコメではさんざん叩かれましたけど。

※私は買い煽りや売り煽りを慎む品行方正なアカウントです。

しかし、現在得られる情報を総合すると、どうも第二期の価格、そのままで販売するみたいなんですよね。第二期二次以降の価格がどうなるかは知りませんけど。となると、やはり空前絶後の人気マンションになるのは、ほぼ確定してしまいます。いま、同じ価格帯で探そうとすると、下手したら千葉や埼玉までいかないと買えないマーケットなんですよ。そりゃ人気出ますよね。

出遅れた!という方、大丈夫です。強烈に人を選ぶマンションなので、合わない可能性もあります。自分はこの列に並ぶべきなのか…以下、のらえもん渾身の晴海フラッグレポートをお読みください。


HARUMI FLAGは資料請求すると、ホームページ上で販売中の間取りと目安価格が確認できます。ブログだけでなく資料を見た方がよりイメージがわきます。興味のある人は下記から資料をGETしよう!

この物件の資料がほしい!

HARUMI FLAGの詳しいパンフレットが届く。資料請求してみよう!

無料で資料をもらう

Powered by LIFULL HOME’S


“noraemon” HARUMI FLAG の最新物件詳細はこちらから!

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. HARUMI FLAG 晴海選手村

    HARUMI FLAGも販売延期。五輪開催が1年延期になった影響は?

    選手村再利用であり、今世紀最大の住宅開発である【HARUMI FLAG…

  2. HARUMI FLAG 晴海選手村

    HARUMI FLAG(晴海フラッグ)SEA VILLAGE 【第二期価格表】

    好評だったHARUMI FLAGのモデルルーム訪問記、SUNと同時にS…

  3. HARUMI FLAG 晴海選手村

    晴海フラッグの販売再開はいつ?売れ行きは?価格や住宅としての評価をまとめてみました

    のらえもんブログ読者様よりこんなお手紙をいただきました。「現在…

  4. HARUMI FLAG 晴海選手村

    HARUMI FLAG検討者におすすめした”財形住宅融資”とは

    地味すぎるあまり、他のブログやサイトで無視されがちな「財形住宅融資」。…

  5. HARUMI FLAG 晴海選手村

    HARUMI FLAG(晴海選手村)分譲で心配な3つのこと

    板状マンションだけど建物はキチンとコストをかけて作られていそうで、眺望…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

マンションコミュニティ総研の所長になりました

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP