プラウドシティ東雲キャナルマークス

竣工後のプラウドシティ東雲キャナルマークスを見学してきました!

読者の方にご招待いただきましたので、入居が始まって半年経ち、販売も残り50戸(?)くらいになった、プラウドシティ東雲キャナルマークスを見学してきました!首都圏発のオーバル型レジデンス、過去モデルルームのレポートや竣工後外観などからの感想は述べていましたが、実際に中から見ることができて感激です。

あえてタワーマンションにしなかった野村不動産はどのように付加価値を付けたのでしょうか。写真と共に振り返ります。
モデルルーム訪問記はこちら:

正面エントランスとロビー

プラウドシティ東雲キャナルマークスのメインエントランスを正面から撮る。真っすぐ向こうにオーバルレジデンスを象徴する”O”のオブジェが、水景に浮かんでいるように見える。なお、このまま真っすぐは入れずに突き当りを右にクランクするとグランドエントランスに入る。これも演出である。

グランドエントランスとコンシェルジュカウンター。デジタルサイネージ付き。左右の石に注目すると、ところどころに素材の違う石がはめ込まれている。これは本物件の外観と同じテーマ性をもっている…この色にしたのはあえて暗くして、中庭を明るく開放的に見せるテクニックだろう。

本物件は、ガーデン、アクア、ブライト、フロントの4棟構成になっていますが、既にガーデンコートとアクアコートは販売済み。新築でまだ供給されていない部屋は、イオン東雲側から見ると正面に見えるフロントコートと、その右側のブライトコートのみだと聞いています。ブライトコートも高層階以外はすべて分譲済みとなっています。今から見学するとフロントコートの実物を見て、となりますね。

外観については、過去こんなエントリも書きました:

中庭

プラウドシティ東雲キャナルマークスはあえて総合設計を入れず、容積率の緩和を受けなかったので、公開空地を作る必要はありませんでした。そこで、オーバルで囲まれた中に、住民専用の中庭を作っています。冬至の時期は陽が差し込まないので、中庭どうかな、と思っていましたが実物を見るとかなり気持ちいいなと思いましたね。ほとんどの住民は中庭を毎日見るでしょうし。コロナで閉塞感もある中でこうした空地が共にある生活は貴重です。

ガーデンコート以外は共用廊下側から中庭を毎日見ることになります。今は冬ですし、まだ樹木も育っていないのでこのくらいですが、それでも立派です。10年経つと樹木も育ってくるでしょうね。

反対側から見たところ。中庭にはかなり多くの椅子やテーブルが備え付けてあり、暖かい日はここで作業したりお茶を飲んだりと楽しそうです。

中庭に面した1階は共用施設となっていますが、緊急事態宣言中ということで、カフェとランドリー以外はすべてクローズとなっていました。残念。ガラス越しに何枚か写真を撮ったので共有します。

共用施設

ワーキングスタジオ。椅子を減少させているとはいえ、かなりの広さでした。大規模マンション+ライブラリーでリモート勤務、というのはこれからのスタンダードになりそうです。なお、この部屋、コピー機まであります。

パーティースペース。写っていませんが、キッチンの向こう側にはソファーがあります。Bluetooth対応スピーカーまであるの、今っぽいなと思いました。

キッズコーナー。中庭側のサッシにカメラをくっつけてとりました。このサッシは折りたたむことで、気持ちの良い日は中庭と連続して使うことが可能です(そのような運用をしているかはわからない)

 

ガーデンズカフェ。現在は椅子と机を撤去済みで、テイクアウト対応のみ。飲料と軽食の提供となっています。スタウトビールのようなコーヒーを飲めると聞いたのですが、アイスの提供のみだったので、寒い外で飲むなら、とホットコーヒーにしました。

コーヒーやココアはこちらの自動販売機を使います。コーヒー1杯150円~。

今はテイクアウトのみの運用なので、お庭で飲ませていただきました。気温はそこまで低くなかったので、快適でした。

専有部については、モデルルームではなくご自宅だったため、詳細な評価は控えます。野村らしい、メリハリのある仕様だったと思いました。お風呂や洗面台、キッチンなどにはコストがかかっていました。逆にオーバル型を実現するために、間取りが割を食ってしまっているところは正直ありましたね。

また、共用廊下を歩きましたが、専有部の玄関部分については、住戸によってかなり差があります。これは平面図からは読み解きにくいところですので、青田買いの時期ではなく現地見学できる今の方がより納得して買えるのではないかと思いました。購入検討される方はぜひ検討住戸前まで足を運ばれることをお勧めします。


>公式資料では、たくさんの写真や細かい仕様が掲載されています。ブログだけでなく資料や実物を見た方がより住むイメージがわきます。興味のある方は下記から資料をGET、もしくは訪問予約してください。

この物件の資料がほしい!

プラウドシティ東雲キャナルマークスのパンフレットが届く。資料請求してみよう!

無料で資料をもらう

Powered by LIFULL HOME’S

この物件が見たい!

プラウドシティ東雲キャナルマークスのモデルルームがオープン中!見学してみよう!

無料で見学予約する

Powered by LIFULL HOME’S


“noraemon” プラウドシティ東雲キャナルマークス の最新物件詳細はこちらから!

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. MID TOWER GRAND

    MID TOWER GRAND モデルルーム訪問 その1(概要・周辺環境など)

    この2018GWにモデルルームがオープンになっている「MID TOWE…

  2. HARUMI FLAG 晴海選手村

    HARUMI FLAG(晴海フラッグ)SEA VILLAGE 【第二期価格表】

    好評だったHARUMI FLAGのモデルルーム訪問記、SUNと同時にS…

  3. パークタワー豊洲

    パークタワー豊洲のモデルルームを訪問しました その2

    パークタワー豊洲のモデルルームを訪問しました その1からの続きです。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP