» 有明のブログ記事

湾岸の超大型物件【東京ベイ トリプルタワープロジェクト】。読者様より価格情報を共有頂きましたのでこちらで公開します。4月に専有部のモデルルームができあがるそうなので、通常のモデルルーム訪問記はそれまでお待ち下さい。

画像出典:(仮称)東京ベイ トリプルタワープロジェクトWebページより

国際展示場駅・有明駅から近い棟順に「A・B・C棟」と呼称していましたがが「WEST・CENTRAL・EAST」と命名されるようです。
これに伴いタイプ名も変わります。価格表の住戸タイプの棟を現す表記はローマ数字のⅠ、Ⅱ、Ⅲが使われていましたが、図面集はA、B、C表記のままで渡されたり、Ⅰに既に変更されているもあり、そのあたり販売現場にまだ若干の混乱がありますね。

↓図面集はB-XXのまま

画像出典:(仮称)東京ベイ トリプルタワープロジェクト販促資料をスキャン

さて価格表です。
「7000万円”後半”・”中盤”・”前半”」という表記でした。”中盤”とは400〜700万円で”後半”とは980万円かもしれない、とのことでしたがわからないため
後半:末尾900万円
中盤:末尾600万円
前半:末尾200万円
でそれぞれ穴埋めしています。

東京ベイ トリプルタワープロジェクト WEST 予定価格表(201703Ver.)
(クリックすると大きくなります)

WESTはCENTRALとお見合い方向にならない南と西に3LDKが、その逆方向には1L/2Lを設定しています。
これは、1L/2Lの方が若干坪単価を高くしても坪数の関係上、総額が張らないためで、このあたり物件の価値を最大限出そうとする住友不動産の戦略が垣間見えます。
中住戸で比較すると、南と西の坪単価差は高層階で30万差と出ましたが、これは”前半”と”後半”の解釈の違いなのでもっと縮んでいるかもしれません。

一方、南住戸16Fと西住戸19Fはほぼ差がありません。西向きはベランダ正面右にホテル棟が見えることになりますが、ホテルは18Fのまて19Fはホテルの頭を越すことになります。住友さんですので、このあたりの価格調整はお客の反応を見ながら細かく調整していくと思います。

続きを読む »

サンスポで五輪公園構想についての記事が出ました。ただこの報道、他社の報道がほとんど見られませんね。。。

組織委、臨海地区に「五輪公園」構想を提案
2017.3.2 05:00 サンケイスポーツ

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が1日に東京都内で始まった国際オリンピック委員会(IOC)との事務折衝で、競技会場が集まる臨海地区を事実上の「五輪公園」とする構想を提案したことが、複数の関係者への取材で分かった。

場所はお台場と、有明地区を含むエリアを検討。東京大会は五輪公園を整備しないが、それに代わる場所の検討を急ぐようIOCから要請されていた。期間中に観客を含む大勢の人々が集まる空間を創出することで一体感を生み、大会を盛り上げる狙いがある。
(略)

競技会場外で大型ビジョンとイベントなどを組み合わせ、オリンピックを盛り上げる空間を作る構想ということらしいですが、まぁ作るとしたら新国立競技場の周りか、代々木公園、駒沢オリンピック公園、あとは東京臨海部の4択でしょうね。そしてお台場・有明地区を組織委員会がIOCに提案したと。

となると、これってもしかして「ARIAKE LEGACY AREA」ってことですか?「ざわざわっ・・・」っとなったわけですが。

都政改革本部会議・第五回オリンピック・パラリンピックについてより。画像をクリックすると大きくなります。

9ページをご覧ください。1964年大会のレガシーとして駒沢オリンピック公園が残りましたように、有明アリーナを核としたエリアを面として捉え、都民・国民のレガシーとしてまいりたいと考えております。そこで、有明アリーナ周辺を有明レガシーエリアとする構想につきまして、知事から表明がございました。こうしてエリア全体の付加価値を高め、コストから投資へと転換させてまいります。
10ページをご覧ください。有明アリーナは、東京の新たなスポーツ文化の拠点として、エリアのにぎわいと発展に貢献する施設としてまいります。施設運営に民間の創意工夫を最大限に生かしていくため、運営権を民間事業者に委ねるコンセッション方式の導入に向け、具体的な検討を開始いたしました。年明けにも、民間事業者のヒアリングを実施する予定です。有明アリーナ周辺エリアのコンセプトを明らかにすることにより、より多くの民間事業者に関心を持ってもらえるのではないかと考えております。

んじゃ、五輪公園って有明北地区?って話なんですが、

続きを読む »

オリゾンマーレ北西側裏地・有明アリーナ南西側に建つ有明体操競技場の環境評価書とCGが発表されました。
下は有明テニスの森駅から現地を見たCGです。いいですね!

大会前の予想CGでは、単純なクリーム色の箱型だったと思うのですが、こうして現場の写真と合わさると具体的なイメージがわきます。江東区町が求めていた木をふんだんに使った、というのも盛り込まれていますね。これを大会後10年で取り壊してしまうのは・・・非常にもったいないなぁと思います。

こちらは現地から東雲側に行った、都橋交番近くからの写真です。手前に見えるのは有明アリーナ。たいそう競技場はもうすこし小ぶりなので、ほとんど見えません。有明アリーナとシティタワー有明・ガレリアグランデとはこれくらい距離が離れていることもわかります。

大会期間中の運用です。北側に大きなアプローチスロープを作り、そこから入場します。ウォームアップ棟は解体できるようになっていて、大会終了後は解体します。

後利用イメージはこんな感じ。

続きを読む »

1 / 35123...25...最後 »

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2017年3月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.55%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー