» 有明のブログ記事

東京ベイ トリプルタワー隣接の商業施設。国家戦略特区認定を受けている事業であり、東京都オリンピック後の”有明レガシーエリア“を構成する一部でもあります。そして既存有明住民にとっては待ちに待った施設となります。先月、住友不動産が近隣住民のために開いた住民説明会資料をいただいたのでシェアいたします。

このエントリの画像はすべてクリックすると大きくなります。

近隣説明会資料はこの資料の3-1B街区にあたる、橙枠・竹中工務店工区(ホテル・サービスアパートメントとイベントホール)と水色枠・前田建設工区(商業施設と駐車場棟)となります。3-1C街区については着工が平成34年10月予定と、ずっと先の話になります。

1階の平面図です。イベントホールの下、1階は駐車場、また商業施設の1Fは交通広場が建物内にあることがわかります。東京ベイトリプルタワーのモデルルームにて、商業施設1FのB棟真向かいの広い場所がスーパーではないかと説明を受けました。

 

2階・3階平面図を見ると、商業棟は他の大型施設のような吹き抜け構造を持たないことがわかります。これはいいことなのかわるいことなのか・・・このあたりの大型SCといえば、ららぽーと豊洲・ダイバーシティ東京・ヴィーナスフォート、このあたりはすべて吹き抜けを持っています。また、ホールの大きさ、後で述べますけれども相当なもんだということもわかりますね。
ペデストリアンデッキはホールをぐるりと囲み、北側部分に階段が設定されていることがわかります。オリゾンマーレの人にとっては朗報です。

商業施設5階はさまざまな飲食店が入るとモデルルームで言われましたが、フードコートは「大人向けコンセプト」のため設定無し、シネコンも入居しません。

 

 

商業施設は5階まで、イベントホールは6階までです。ともに屋上緑化がされる予定です。商業棟の6階部分、謎の四角い構造はなんでしょうね?

立面図を見ると(薄くてすいません)、ホテルのアネックス部分(北立面図)・商業棟ともにかなり凝った外壁デザインとなりそうですね。

もう少し細かい情報がわかる、事前情報からの変更箇所説明はこちら

続きを読む »

東京都オリンピック・パラリンピック事務局が4/19に「新規恒久施設の施設運営計画」を発表しました。2020東京オリンピックを契機に新設される会場の大会後の運営と見通しについて発表しています。新規設備6会場のうち、小池知事が最後まで横浜アリーナへの変更に固執したせいで難航した有明アリーナだけが黒字運営見込みと本当に何やってるんだ感ありますね。

年間3.56億円の黒字。しかしスポーツ大会って儲かりませんね。

今回のエントリの主眼はそこではなく、東京都がオリンピックレガシーとして臨海部を「スポーツクラスター」として整備しますよという発表ですね。これ、いままできちんと発表されていなかったと思います。有明レガシーエリアだけでなく、辰巳夢の島と葛西・若洲・海の森水上競技場とあわせて一大スポーツクラスターが形成されることになります。

これは大きな方針転換かもしれません。臨海副都心はそもそも80年代に圧倒的に足りなかったオフィスと展示場、そして職住近接の高層住宅を整備する目的で作られましたが、もう少し広い意味で臨海部は東京都のスポーツコアとなる、と新しく位置づけられたのです。

有明レガシーエリアについては既報とさほど変わりませんが、有明テニスの森駅西側空き地に仮設競技場の移設とオリンピック・パラリンピックモニュメントの活用などが盛り込まれました。いわゆる「にぎわいロード」から北側はオリンピック公園的なものになると考えてよいかと思います。ただ、体操競技場の行く末は気になりますね。

上図と比べていただきたいのが、下図。だいぶ昔の計画図ですが、有明親水公園沿いに高層マンションを並べて建てるという計画はもう変更されたと考えていいんでしょうか?港湾局とオリンピックパラリンピック事務局、そして知事室との調整が必要だと思いますけど・・・

続きを読む »

サンスポで五輪公園構想についての記事が出ました。ただこの報道、他社の報道がほとんど見られませんね。。。

組織委、臨海地区に「五輪公園」構想を提案
2017.3.2 05:00 サンケイスポーツ

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が1日に東京都内で始まった国際オリンピック委員会(IOC)との事務折衝で、競技会場が集まる臨海地区を事実上の「五輪公園」とする構想を提案したことが、複数の関係者への取材で分かった。

場所はお台場と、有明地区を含むエリアを検討。東京大会は五輪公園を整備しないが、それに代わる場所の検討を急ぐようIOCから要請されていた。期間中に観客を含む大勢の人々が集まる空間を創出することで一体感を生み、大会を盛り上げる狙いがある。
(略)

競技会場外で大型ビジョンとイベントなどを組み合わせ、オリンピックを盛り上げる空間を作る構想ということらしいですが、まぁ作るとしたら新国立競技場の周りか、代々木公園、駒沢オリンピック公園、あとは東京臨海部の4択でしょうね。そしてお台場・有明地区を組織委員会がIOCに提案したと。

となると、これってもしかして「ARIAKE LEGACY AREA」ってことですか?「ざわざわっ・・・」っとなったわけですが。

都政改革本部会議・第五回オリンピック・パラリンピックについてより。画像をクリックすると大きくなります。

9ページをご覧ください。1964年大会のレガシーとして駒沢オリンピック公園が残りましたように、有明アリーナを核としたエリアを面として捉え、都民・国民のレガシーとしてまいりたいと考えております。そこで、有明アリーナ周辺を有明レガシーエリアとする構想につきまして、知事から表明がございました。こうしてエリア全体の付加価値を高め、コストから投資へと転換させてまいります。
10ページをご覧ください。有明アリーナは、東京の新たなスポーツ文化の拠点として、エリアのにぎわいと発展に貢献する施設としてまいります。施設運営に民間の創意工夫を最大限に生かしていくため、運営権を民間事業者に委ねるコンセッション方式の導入に向け、具体的な検討を開始いたしました。年明けにも、民間事業者のヒアリングを実施する予定です。有明アリーナ周辺エリアのコンセプトを明らかにすることにより、より多くの民間事業者に関心を持ってもらえるのではないかと考えております。

んじゃ、五輪公園って有明北地区?って話なんですが、

続きを読む »

1 / 32123...25...最後 »

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2017年3月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.55%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー