パークタワー晴海 モデルルーム訪問 その1の続きです。本物件は「モデルルーム」ではなく、「イマジネーションミュージアム」なんですね。当日の進行資料として渡された館内案内図ですが、雰囲気だけでも伝わればと。画像はクリックすると大きくなります。

ちなみに360°シアターでは、アトラクションのように注意事項の説明書きがあります。シートベルトしめますから。

さて、今回は共用施設と価格についてです。

共用施設

本物件は外構デザインにオリエンタルランド採用・・・ということですので、館内の共用施設はオリエンタルランドが関わっていない?ということなのでしょうか、棟内部分も、テーマパーク色は意識された作りです。ぶっちゃけ全部紹介し切れません。(そもそも本エントリを書いている3月21日時点で公式Webページに全部紹介されていません)。

特徴的なのは:
・最大限に強調されているのは庭部分であること
・共用施設はほとんど1F・2Fに固められていること
・庭と共用施設がシームレスで繋がること
・ビューラウンジは用意されているものの、都心方向ビューはないこと
でしょう。都心方向の眺望についても殆ど触れられませんでした。目線は「上に上に、高く」ではなく「あくまでも地上」です。

またたとえば、他のマンションでのコンセプトムービーでは必ず触れられるはずの、コンシェルジュカウンターなどもさらっと出てくるのみ。

・36F スカイラウンジ&ダイニング「天空ラウンジ」


画像出典:パークタワー晴海 オフィシャルガイドブックよりスキャン

子供向け施設が圧倒的に多い中、この天空ラウンジだけはオーセンティックバーの雰囲気です。バーテンダーなどは常駐しませんし、普段お酒はのめません。スカイダイニング部分は間仕切りで囲うことにより貸切にでき、その時だけはお酒が飲めると説明されました。図面を見て分かる通り、あまり広い場所ではありません。

・2Fゲストルーム「オーナーズキャビン」3室

このエントリのCG画像出典:特に断りがない場合、パークタワー晴海公式Webページより

3室はそれぞれ「豪華客船」「帆船」「和船」をイメージして用意されています。上記CGは豪華客船をモチーフとした部屋です。

・2Fラウンジ&スタディーコーナー「ランプテラス」

このマンションは吹き抜け付きの2つのグランドロビーが用意されています。こちらは東側入り口ですが、近年流行のスタディールームやライブラリーを独立して設けず、吹き抜けの上部に座席を作っています。先日訪れた「パークホームズ豊洲ザ・レジデンス」の変形ですね。

・2F「キャビンラウンジ」

このマンションのラウンジで仕切られた空間は36Fラウンジのみで、あとはロビーや外との連続空間になっています。このCGで見るとオトナ空間ですが、この奥はキッズルームなので賑やかになるのでは・・・と。

上記で述べた以外にも

  • アクティブステーション(フィットネスジム・酸素カプセルスタジオ・サロンスペース)
  • オーナーズリビング+キッチン(人工芝の上でテントを張ったりハンモックを取り付けたり全天候型の外遊び+キッチンスタジオ)、窓をフルオープンにすることにより外のテラスともシームレスに使用可能
  • キッズスクエア+ペアレンツシート(ボーネルンドを監修に向かえたキッズルーム。奥にはペアレンツシートを配置)
    などなど・・・

共用施設棟内配置図:


画像出典:パークタワー晴海 オフィシャルガイドブックよりスキャン

共用施設、多いですね。これにマルチユースの運動場やじゃぶじゃぶ池、BBQコーナー、テントなどの広大な庭があります。ここまで足元の庭に力を入れた湾岸タワーははじめてじゃないでしょうか。

さらにこれらの庭や共用施設を、コミュニティに使うためのマルシェやイベントなどが用意されていると聞きます。

1000戸強という規模でこの施設群は立派です。
しかし、これまでの湾岸タワーマンションの共用施設とかなり性格が変わっていることもわかります。ここまでファミリー、特に若年層の子どもにフォーカスしたマンションはいままで湾岸タワーにないものです。

価格

さて、価格です。今回はシンプルでした。31F以上の高層階部分の予定価格は今回発表されていません。

続きを読む »

2017GW売り出しの主役新築マンションのひとつ、「パークタワー晴海」の先行モデルルーム案内会が3月の3連休からいよいよはじまりました。発表から発売まで紆余曲折ありましたが、素晴らしいプレゼンテーション空間に仕上がっていましたので報告いたします。モデルルームは豊洲からも月島からもちょっと歩く場所にある、物件すぐ近くに建設されています。

東京都中央区晴海2丁目、海沿いの立地には新しい街ができあがりつつあります。先行して出来上がったのが三菱地所の「ザ・パークハウス晴海タワーズ」の2棟であり、今回新しく建つのはその隣側のタワーマンションです。先行2棟より大規模で、月島駅に一区画分だけ近く、売主が三菱・三井という違いはありますが、将来はこの3棟で「晴海タワー3兄弟」という景観を湾岸に作り出すことになります。

画像出典:パークタワー晴海公式Webページより

売主の三井自身もこれを強く意識して、パークタワー晴海の公式Webサイトに他社の分譲済み物件が真ん中に来るという異例の写真を掲載しています。晴海タワーズとの連続性を強調しているのでしょう。

物件コンセプトは「IMAGINATION COMES TRUE 世界は自由に想像できる。」これは、外構コンセプトデザインにオリエンタルランドを起用して、敷地全体を「イマジネーションランド」に仕立て上げたところから由来します。モデルルームはさながらディズニーランドのホテルやアトラクションの一部のようですし、お土産に渡される約100ページのオフィシャルガイドブックなども、オリエンタルランド色全開です。いままで数々のモデルルームを拝見してきましたが、振り切り度ではNo.1です。一見の価値があります。

コンセプトムービーは、360°シアターというアトラクション形式で見学しますが、周辺タワーマンションの再現度はなかなかのものでした。ご近所にお住まいの方は、正面だけでなく周りをみてください。「あれがうちだね」というささやき声も聞こえました。ぜひ一度体験してください。

物件概要:

  • 物件名:パークタワー晴海
  • 地上48階建てタワーマンション
  • 日本初、免震×連結制振「DFSハイブリッド」採用タワーマンション
  • 総戸数1076戸(他に保育施設1区画、店舗1区間)
  • 月島・東銀座にシャトルバス運行予定
  • 外構コンセプトデザインにオリエンタルランド採用
  • 有楽町線月島駅 徒歩12分、豊洲駅 徒歩15分。大江戸線勝どき駅 徒歩15分

立地・周辺環境

晴海は、中央区の中で最も南側にあり、目の前は豊洲運河(半分東京湾みたいなもの)が流れる立地です。そのため、都心区でありながらとても開放的な立地といえます。対岸の新豊洲まではおよそ500m、アーバンドックららぽーと豊洲側までも200m離れていて、東南側が開けている立地に位置して開けた眺望が楽しめるのは近隣マンションのSKYZ/BAYZと一緒です。

画像出典:パークタワー晴海公式Webページより

生活に必要なスーパーですが、最寄りは晴海トリトンの中のマルエツプチかと思います。ただこちらですと規模的にちょっと心もとなく、普段使いとしては月島駅の文化堂もしくはフジマート、更には豊洲のスーパーあおきとなるでしょう。若干遠いのがネックですね。一応、棟内にはセブンイレブンが入居予定です。

公共交通機関の話をすると、

本物件西側隣地には、BRTの車庫が建設予定であり、晴海と新橋を結ぶBRTはここから出るはずです。また、都バスも近隣の停留所から、いくつかの路線が利用可能です。「新月島公園」からは東16系統東京駅八重洲口行きが、「晴海1丁目」からは錦13甲系統錦糸町駅前行きと業10新橋行きが、「晴海3丁目」からは都05系統東京駅丸の内南口行きが、それぞれ出ています。晴海地区のバス路線充実はかなりのものです。

月島駅に徒歩12分、勝どき/豊洲駅に徒歩15分と駅距離はありますが、月島と東銀座に行く住民専用シャトルバスが運行予定です。

また、島を2つ渡る必要がありますが、東京駅周辺のオフィスビルへ自転車でも通勤可能な距離となっています。

ということで超近傍立地については、商業施設があまりないという特性ながらも、都心への絶対距離は近いので自転車/都バス/シャトルバス/徒歩などを駆使して利便性の良い暮らしを送ることは可能です。そしてこの立地こそが、本物件最大の魅力である広大な足元空間と眺望の良さにつながっています。立地面において魅力と欠点が同居している物件です。魅力がより大きいと感じる人にはたまらないでしょう。


画像出典:パークタワー晴海公式Webページより

建物・内装

2017年版三井の新しいフラッグシップ物件で、建物・内装にもこだわってます。モデルルームを拝見してスペックの良さを確認しました。先行案内会では詳しい資料を渡されないので私の推測も一部入りますが、以下のとおりです。

続きを読む »

品川Vタワー訪問 その1からの続きです。Vタワーは正面側から見ると丸みを帯びた形になっていることがよくわかります。ベランダは今の主流とは違い狭いのですがそも、そもリビング出窓部屋ばかりで眺望を最大限活かそうという間取りです。

築14年になりますが、外観に古さはまったく感じません。これを見ても逆梁タワーは古さがあまり出ない利点が際立ちますね。
品川駅からグランドコモンズのペデストリアンデッキを進んでいけば、つきあたりが品川Vタワーのスカイエントランスです。

1Fとの吹き抜けになっていて、コア部分にはシンボルツリーと滝があります。あまり他でこういったしかけは見ません。

一階のロビーはカフェサービス(ニューズカフェ)が提供されています。コーヒーは1杯100円で提供され、注文するとコンシェルジュさんが席まで運んでくれます。カウンターには雑誌などがあります。窓から見える庭に癒されます。

三角形のコア中心を見ながらゆったりとした時間が流れます。

続きを読む »

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2017年3月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.55%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー