» 中古タワーマンション探訪のブログ記事

港区台場。いわゆる「お台場」で唯一の分譲マンションといえば、「THE TOWERS DAIBA」。もはやお台場夜景名物の一つであるダブルタワーてっぺん2つのティアラは特に有名です。姿形といい、とても美しいタワーです。


画像出典:flickr/お台場 / Odaiba / Vaice-A

実はこのマンションの中におじゃまする機会が今まで無かったのですが、ようやくその機会に恵まれました。レポートいたします。

ちなみに本物件販売時のキャッチフレーズは「PLANET DAIBA その惑星に住める日がくる。
・・・そうか!都心を恒星と喩えるなら、お台場は惑星だったのか、スケールが大きすぎるこの発想は無かった!


画像出典:THE TOWERS DAIBA販売時パンフレットより

物件概要

  • 物件名:THE TOWERS DAIBA(ザ・タワーズ台場)
  • 総戸数: 527戸
  • 港区台場地区唯一(!)の分譲マンション
  • 33階建てツインタワーマンション
  • ゆりかもめ お台場海浜公園駅徒歩2分・りんかい線 東京テレポート駅徒歩5分
  • 住戸分100%*の屋内駐車スペース
    *総戸数からSOHO72戸を除いた戸数
  • 空中庭園付き
  • 1Fにはスーパーや保育施設などが入居

立地・周辺環境

臨海副都心は4つの地域に分かれています。「台場」「青海」「有明北」「有明南」です。このうち台場の一部と有明北が臨海副都心内の居住地域に指定されており(青海には留学生寮が存在します)、台場地区はURや都民住宅の賃貸マンションが数多くありますが、分譲物件は本物件しか存在しません。


画像出典:東京都港湾局Webページより

いわゆる狭義の「お台場」はこの港区台場のみ*なわけで「”お台場”のマンション買って住んでいる」と言えるのはこのマンションを購入した人だけであります。

実は、港区の中でも台場地区は生活利便施設がかなりあります。1Fにはスーパーマーケットフェニックスが入居しており、一通りのものはここで揃います。すぐ近くにマルエツお台場店もあります。

以前のお台場は、広域対象のショッピングモールでしたが、デックス東京ビーチに西松屋が、アクアシティにはダイソーや本屋も入っています。カラオケも映画もありますし、ちょっと歩いたヴィーナスフォートにはニトリもあります。実は子育て世代でも基本的にこの周辺で済ませることが可能です。

またりんかい線とゆりかもめで都心方向へのアクセスは容易ですし、すぐ近くの停留所からは品川行(レインボーバス)と門前仲町行(海01)が出ています。ホテルからは羽田/成田空港行のバスも出ています。陸の孤島みたいに言われるお台場ですが、外から思われるよりもずっと便利、であります。地味に利便施設・ショッピング系は港区随一じゃないでしょうか。朝食もbillsに気軽に歩いていける距離ですしね。

ツインタワーはそれぞれが90度づつずらされていて、見合う部屋はありませんが、それぞれのタワー内側の部屋はベランダに出るとそれなりに見えてしまいます。(下はかなり以前に読者様より頂いたベランダからの写真です)しかし、住んでいて専有部の窓ごしからはさほど意識することはないとのこと。

特筆すべきは、SOHOを除く部屋数分の駐車場が確保されていることです。

外から見るとすべて自走式に見える駐車場棟ですが、4F部分は機械式駐車場も設定されています。お台場は自動車アクセスが非常に便利ですので、これは非常にメリットです。料金も安く10,000〜26,000円と破格の設定です。

なお、この自走式駐車場棟の上部はプライベートガーデンとして住民が楽しめるようになっています。こちらについては、次回触れましょう!

続きを読む »

品川Vタワー訪問 その1からの続きです。Vタワーは正面側から見ると丸みを帯びた形になっていることがよくわかります。ベランダは今の主流とは違い狭いのですがそも、そもリビング出窓部屋ばかりで眺望を最大限活かそうという間取りです。

築14年になりますが、外観に古さはまったく感じません。これを見ても逆梁タワーは古さがあまり出ない利点が際立ちますね。
品川駅からグランドコモンズのペデストリアンデッキを進んでいけば、つきあたりが品川Vタワーのスカイエントランスです。

1Fとの吹き抜けになっていて、コア部分にはシンボルツリーと滝があります。あまり他でこういったしかけは見ません。

一階のロビーはカフェサービス(ニューズカフェ)が提供されています。コーヒーは1杯100円で提供され、注文するとコンシェルジュさんが席まで運んでくれます。カウンターには雑誌などがあります。窓から見える庭に癒されます。

三角形のコア中心を見ながらゆったりとした時間が流れます。

続きを読む »

品川の港南口を出て右手は旧国鉄の操車場跡地再開発「品川グランドコモンズ」の一角です。いまは高層ビルが立ち並ぶ一角となりましたが、元々貨物ヤードと新幹線の車両基地となっていました。山手線の駅直結でこれほどの大開発が一気に行われるのは、今後無いと思われます。
(*田町-品川間新駅再開発は約13ha、品川グランドコモンズの開発規模は約53ha)
こちらのエントリの画像は全てクリックすると大きいサイズで見られます。

そしてこの再開発で唯一の分譲マンションが「品川Vタワー」です。品川駅からペデストリアンデッキで繋がるV字型のタワーマンション、よく目立ちます。V型タワーマンションはこちら以外、勉強不足で知りません・・・

ちなみに裏側はこうなっています。

上から見るとVというより逆Aですね。内部の外廊下から見ると三角形状になっています。このV字をつなぐ部分は共用廊下とエレベーターホール、そして共用施設などが配置されています。


画像出典:品川Vタワーパンフレットより

 

物件概要

  • 物件名:品川Vタワー
  • 総戸数: 650戸、タワー棟(36階)622戸/テラス棟(9階)28戸
  • 品川駅ペデストリアンデッキ直結(!)徒歩6分
  • 品川グランドコモンズ内唯一の分譲タワーマンション
  • 竣工:2003年3月
  • 実はタワー棟は港区・テラス棟は品川区という珍しいマンション!

品川Vタワー地下3階平面図:最近見られるようなタワーパーキングはありません。トランクルームがここに配置されています。

さて、今回「特別編」と名前が付いているのは、普段は訪問した際に見せない専有部ですが、見学した際の売主の許可が取れたのでお見せできるので、「特別」を付けさせていただきました。玄関はダイノックシートで木目調仕上げ、ドア上部は明かりがついています。

今回、訪問したのは28階南東向き・お台場/東京湾方面のダイナミックな眺望が楽しめる、約100平米のお部屋です。

続きを読む »

1 / 72123...2550...最後 »

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2017年1月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.5%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー