ドゥ・トゥール

中古タワーマンション探訪:ドゥトゥールにお邪魔してきました

まだ販売中の住友不動産のフラッグシップマンション「ドゥトゥール」。中古タワーマンション探訪カテゴリに入れて良いのか、ちょっと迷いましたが、もう2年くらい前から入居されているマンションです。今回、見に行く機会がありましたので、写真を載せます。例によって、専有部の写真は載せられません。ご了承ください。

勝どき駅から徒歩9分。黎明橋を渡って西に進むと3つ子のようなタワーマンションがあります。この奥側2つが「ドゥトール」です。フランス語で「DUEX TOURS」と書いて、ツインタワーの意味ですね。

すいません、正面から2つのマンションを捉えた写真を撮るのを忘れました。今度取ってきます。

もちろんまだ販売中です!途中には販売ののぼりがあり、先着順で55戸と書いていました。ちなみにのぼりには「ドゥトゥール キャナル&スパ」と表記されていて、私のブログもそれに習っていたのですが、謄本見ると単純に「ドゥトゥール」表記でしたので、今後はこの表記で行きます。

湾岸でもかなり広い部類に入る車寄せ。立派ですね。行ったときにはタクシーや高級車が止まっていました。

エントランスを抜けて、反対の運河側に回ったところです。エントランスめっちゃ広い。この規模に比肩できるのは豊洲ザ・ツインでしょうか。10年くらい違いますけど、石の選定などは似たものを感じます。

エントランスは昼は絶えず人が多かったし、夜に再訪したときに無人が撮れたので後回し。エレベーターホールに向かいます。ちなみにエレベーターで上へ上がる場合は1階には止まらず、2階からもしくは地下1階からとなります。「必ずエントランスを通らせる」という意思を感じますね。

石張りのエレベーターホール。中央にモニターがあってエレベーター中の映像も映されています。

10人乗り?くらいのエレベーターが各層2機用意されていました。混雑時は少し待つ感じ。

内廊下です。落ち着いた色使いでホテル感ありますね。また最近のマンションよりもアルコーブが広く取られているため、廊下も広く見えますし、高級感も出ます。

玄関はこんな感じ。

専有部ですが、住友タワー物件に準じる仕様でした。天井高は2500mmでしたが、梁は目立たない部屋でしたし、新・ダイナミックパノラマウィンドウのおかげもありスッキリ広く見えました。

さて、専有部を一通り見たところで帰る時に、「そういえば、バーありましたよねー」ってな話をしたところ、それじゃ夜もう一度来る?となり、ぜひぜひとなりました。

夜のエントランス1階。エスカレーターに乗って奥に進みます。

ライティングがピカピカの床を照らして幻想的。2階に上がってエレベーターホールを通り、WEST棟に向かいます。

バーはWEST棟の43階にあります。ドアを開けるとこんな感じで前室が設けられてます。

残念ながら、行った日は最後まで人で混み合っていたため、全景はあえて撮りませんでした。でも、レインボーブリッジをのぞむ夜景は撮ってます、こんな感じとなります。カッコいい!

飲み物は大変リーズナブル!ワインもボトル1800円〜スパークリング2000円〜とお手軽プライスです。ちなみに持ち込み禁止ですので気をつけて!

帰り際のエントランス。ライティングがとても綺麗でした。ありがとうございました。

全体的な感想としては、あまり湾岸タワー感がなく、都心のタワー物件かと思いました。元々江東区タワーと中央区タワーは同じく湾岸物件といえどもコンセプトが違うんですが、「湾岸タワー感がない」はもちろんポジティブな意味でして、ファミリー向けのタワーも多い中、湾岸にもこちらのような都会を意識したキラッキラしたタワーがあることは、多様性があって良いですよね。

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. ガレリアグランデ

    中古マンション探訪:ガレリアグランデ編(その1)

    有明第一号のタワーマンション、"オリゾンマーレ"を販売したプロパストは…

  2. シティタワー有明

    中古タワーマンション探訪:シティータワ有明編(その2)

    シティータワー有明編・その2です。今回は、共用施設と相…

  3. THE TOKYO TOWERS

    2018年初頭湾岸中古タワー相場概況〜豊洲3丁目編〜

    2018年初頭の湾岸中古タワーマンション情勢はどうなっているのでしょう…

  4. 中古タワーマンション探訪

    中古タワーマンション探訪:キャナルファーストタワー編(その3)

    前回は、キャナルファーストタワーの成約事例からだいたいの相場感を紹介い…

  5. ブリリアマーレ有明

    中古タワーマンション探訪:ブリリアマーレ有明編(その4)

    前回は、物件の成約事例からだいたいの相場観がおわかりいただけたかと思い…

  6. オリゾンマーレ

    中古マンション探訪:オリゾンマーレ編(その1)

    日本のマンションは、その発生の歴史的経緯から経済合理性に沿った建物とい…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサード リンク

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP