1 / 293123...255075...最後 »

8/26に国土交通省より平成28年第2四半期地価LOOKレポートが発表されました。これは第2四半期つまりH28.4.1~H28.7.1の地価動向調査です。今回、平成20年第4四半期から一貫して続いてきた上昇傾向に一服感が出てくるレポートとなりました。以前、肌感覚として湾岸の相場天井は昨年夏くらいだったと書きましたが、若干時期はずれているものの、佃・月島レポートの中でも書かれています。

chikalook20162nd

ついに、青海・台場が横ばいになりましたね。基本的に各地のプロット点はまだ上昇となってますが、東京圏の総合評価を見ると

chikalook20162nd_02

このような感じで、長く続いた地価上昇局面が終了しそうな気配ですね。

佃・月島エリアについてのコメントでは「平成28年年初以降株価が下落し、経済状勢の不透明感から資産保有目的の個人富裕層による取得需要が減退しており、晴海地区など利便性の劣る地区を中心に分譲マンションの売れ残りが見られるなど弱まりをみせている」とのコメントも見られます。

tsukishima_look20162nd

晴海地区の分譲マンションの売れ残りって、名指しはされてませんが完全に晴海のドゥ・トゥールのことでしょう。でも、住友さんに言わせれば「竣工前完売など狙ってない、売れ残りではなく適正在庫」ですから!結局、経済環境が今後不透明だと、いくら金利が下がっても高値だと買い手がなかなかつきにくくはなってますよね。7000超えて8000万とかになると完全に富裕層ですが、そういった人たちの人口は極端に細りますから。
といっても、「当該地区におけるマンション販売価格は、インフラ整備や東京五輪関連施設の建設に伴う周辺地域の熟成により、今後も概ね横ばいと予想される。」とのことでした。私も極端に下がることなく、築年数の経過分くらいの減価ペースになってくると予想します。

続きを読む »

いやぁ、8月はネタがないですね(時候の挨拶)。

せっかくなので、不動産テックというよりもおうちダイレクトの小ネタでも。私がソニー不動産およびおうちダイレクトをこのブログで頻繁に取り上げるのは、本来湾岸タワーマンションにどんぴしゃではまりそうなサービスであり、その時々の事象や自分の考えをログで残しておき、なぜうまくいかないかの考察を私の中で整理を付けておきたいからです。

週間ダイヤモンドにこんな記事が上げられています。1年前に不動産業界の両手仲介を悪弊として告発し、ソニー不動産を白馬の王子様ばりに称えていた雑誌です。

ヤフーとソニー不動産の新サービスが伸び悩む理由
週間ダイヤモンド編集部 2016年8月23日

既存の不動産流通に風穴を開けると宣言し、昨年11月にヤフーとソニー不動産がスタートさせたウェブ仲介サービス「おうちダイレクト」の伸び悩みが指摘される。日本では「不動産テック」は浸透しないのだろうか。(「週刊ダイヤモンド」編集部 岡田 悟)

「不動産における情報の非対称性への挑戦。マンション流通革命、はじまる」──。昨年11月、ヤフーとソニー不動産がこう高らかに宣言して開始した、インターネットでの不動産仲介サービス「おうちダイレクト」。中古マンションを「自分で決めた価格でいつでも自由に売り出せる」というのが最大の売りだ。

金融とIT技術の融合を指す「フィンテック」に倣って「不動産テック」と称されるサービスの中では最大の注目株だったが、ふたを開けてみれば、スタートから3カ月、2月末時点での成約件数はゼロ。その後複数の成約があったもようだが、件数は非公表であり、実態は不透明なままだ。

(中略)売り手の希望額を成約可能なものに近づける機能が不十分。そのため「売り手の願望がひたすら並んでいるだけのサイトになってしまった」

ouchi_direct_20160825web

おうちダイレクト。本日の売り出し件数は投資用物件を除くと30件でした。

記事の要旨をまとめると:
・おうちダイレクトが伸び悩んでいる。成約件数は非公表で実態は不明。
・既存の仕組みと違い業者が売却価格を操作するプロセスを排除して情報非対称性を解除
・しかし、売主と買主の希望価格を近づける機能が無く「売り手の願望が並んでいるサイト」
・個人間売買の場としてサイトを設ける業者は宅建業の免許は不要だが、ソニー側が断った
・おうちダイレクトに限らず、類似サービスは既存の仲介業の延長か派生型に過ぎない

常々申し上げているんですが、不動産仲介業の役割は「欲望の調整」だと思うんですよ。売り手は高く売りたい・買い手は安く売りたい。そのままではマッチングしないので、ここに欲望の調整者がいてマッチングさせる、と。その調整機能を放棄していては、成約がまったく付かないのも当然です。

参考・ソニー不動産シンパさんによるまとめ:不動産テック手のひら返し

私が考えるに「おうちダイレクト」真の狙いは、

続きを読む »

私宛に、エコカラット絡みの質問がこの1年で数件寄せられました。しかし、私の自宅にエコカラットは貼ってないので実感値はありませんでした。先日、自宅のちょっとしたリフォームをしたところ、とてもいい職人さんと出会えたので、彼にエコカラットについての機能と実際について聞いてみました。

living10
本エントリの画像出典:LIXIL|エコカラットWebページより。

Q:エコカラット、実際にどのような効果があるのでしょうか?

A:まずはクロスに比べて装飾性に優れています。リビングの一面に石貼りタイルをアクセントとして貼ると映えますが、材料費以外に壁の補強や施工費などの工事費が高額になりがちです。そこでエコカラットなら同じような見た目で工事費も抑えられ、なおかつ機能性もあると私は言ってます。メーカーでは主に調湿機能がうたわれていますが、機能面で一番効くのが消臭で2番目が調湿です。
消臭効果は強力で、実際、お客様のベッドルーム壁一面の施工をしたところ、奥様がアロマを炊くのが好きなのですが、このアロマがまったく匂わなくなったとおっしゃっていました。

続きを読む »

1 / 293123...255075...最後 »

スポンサード リンク

プロフィール


【このブログの管理人について】
湾岸の妖精・のらえもん

【お知らせ1】
「のらえもんへ購入売却相談」はじめました!
↓↓相談あればこちらまで↓↓


↑↑ネタ提供や人生相談等こちらまで↑↑

【お知らせ2】
2016/2/11(new!)作品投稿サイト:noteにて「俺のブログ論」公開!


【お知らせ3】
廣済堂出版さんより、消費者目線&戦略的思考でマンションの購入・住宅ローン・売却を論じた「本当に役立つマンション購入術」絶賛好評販売中!Amazonランキングで「マンション」「家づくり」第一位!


【コメント】
湾岸タワーマンションを購入&在住中という設定のネット妖精です。
主に豊洲・東雲・有明・晴海・勝どき・月島の新築中古マンションと周辺地域情報を取り上げます。
住まいの購入と売却は人生の一大決心事ですが、消費者の立場に基づいた情報はネット上にも図書館にもほとんどありません。 このブログは、私と同じようにマンションを購入・住み替え・売却を検討方のために、自分が知ったこと・勉強したこと・考えたことをアウトプットするブログです。
ブログに書けないネタなど⇒@tokyooftokyo

↓はみ出しブログ連載中!↓
マンションコミュニティ - 口コミ掲示板URL:
http://www.e-mansion.co.jp/
マンションにまつわるエトセトラ - URL:
http://www.e-mansion.co.jp/blog/archives/author/noraemon

↓2016年8月現在、住宅ローンの借換10年固定限定で0.35%!!!10年固定期間終了後の優遇幅は1.906%!の異常事態。今借り換えないでいつするの?

住宅ローンを真剣に考えるサイト

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑住宅ローンの簡易計算機をつけたサイトです。 本ブログの「住宅ローン研究」エントリはこちらに移行させます。

スポンサード リンク

のらえもんのマンション図鑑

のらえもんのマンション図鑑
↑本ブログの人気コンテンツ 「中古タワーマンション探訪」を 別コンテンツ化しました!

カレンダー

2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー