新交通など

都心-臨海副都心BRTの中間整理報告が発表される

半年ほど音沙汰がなかったBRTの中間整理報告資料が東京都から発表されました。かなり踏み込んだ内容となっており、読み応えがあります。

需要予測やルートなどもだいたいの方向性が出ているようですね。

tokyo_rinkai_brt01

今回発表されたのは3ルート。

  • 環状二号線を本線とする幹線ルートで虎ノ門・新橋〜国際展示場駅
  • 勝どき5・6丁目と豊海地区と新橋を結ぶシャトル便
  • 晴海トリトンあたりから新橋を六部フォーダー便

それぞれ最大1300人・500人・800人/時を想定しています。
通常車両は75名定員なので、幹線ルートは最大17本/時、連結車両であれば10本/時の運行が見込まれており、かなり感覚が狭い印象です。もちろん最大なので早朝から深夜までこの本数はありえませんが、勝どき・晴海・有明の通勤にたいするインパクトはかなり大きいでしょう。

選手村が改装してマンション入居開始まではこの本数・ルートですが、選手村再開発が終了すると停留所が一つ増えます。

tokyo_rinkai_brt02

東京テレポートや銀座東京方面、豊洲方面は今後のオプションのようです。

話の流れからすれば、豊洲駅延伸は微妙・・・だと思いますが、お台場方向や東京駅方向の延伸はあると考えています。

tokyo_rinkai_brt03

今回導入されるBRT単なる「バス」ではなく、燃料電池車両、車両相互の通信と自動制御、ICカードや非接触による乗降時の滞留が起きないような収受方式の検討などかなり技術的チャレンジのある車両になるとのこと。2019年の運行開始が楽しみですね!

基本計画は来年度の発表のようです。

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. 新交通など

    [都心部と臨海部を結ぶ地下鉄新線の整備に向けた検討調査]をよむ

    中央区が提案する銀座-国際展示場を結ぶ地下鉄新線の調査報告書が公開され…

  2. 新交通など

    JR東日本が羽田空港アクセス線構想推進を発表。早ければ2028年?

    JR東日本が中期経営ビジョンを発表。その中の会見で、羽田空港アクセス線…

  3. 東京BRT

    「都心と臨海副都心とを結ぶBRTに関する事業計画」が公開

    都心-臨海副都心BRT事業計画が策定されました。事業者である京成バスと…

  4. 新交通など

    ついに羽田空港アクセス線計画が始動!湾岸エリアへの資産価値の影響は?

    JR東日本が2014年に表明した羽田空港アクセス線。JR東がついに環境…

  5. 新交通など

    湾岸エリアの交通インフラ整備計画について(追記有)

    のらえもんブログでもたびたび紹介している湾岸地域の各種インフラ計画。…

  6. 東京BRT

    「東京都長期ビジョン(仮称)」中間報告を読む

    少し前ですが、東京都が「東京都長期ビジョン(仮称)」の中間報告を発表し…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサード リンク

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP