購入検討初心者シリーズ

マンション購入検討初心者シリーズ 間取り・その3

東京都内でマンションの平均専有部面積が大きい区・市は稲城市で、のらえもんは湾岸を検討する前から新築中古問わずいろいろな地域のマンションを見たのですが、見学で一番印象に残ったマンションは「シンフォニアみはらしの家」でした。

miharashinoie

なんといっても、専有面積が広かった。120、150平米台が当たり前というマンションで私が見たのは163平米の部屋で、当時私の趣味がホームシアターだったこともあり、ホームシアター専用の部屋を夢見ていました。

結局、自身のホームシアター熱が冷めてしまったこともあり、みはらしの家を購入することもなかったのですが、もしこちらを買っていたら全く違った人生を歩んでいたでしょうね。

この家の典型的な間取りはセンターインでした。

miharashi_homes

image
画像出典:HOMES物件紹介ページより

部屋の真ん中に玄関があり、正面の廊下から二手に分かれます。リビング+和室のパブリックゾーンとベッドルームのプライベートゾーンを専有部で分けるためにはこれが一番の形です。「間取りはセンターインがオススメ」と書くマンション初心者向けの本もあるのですが、考えてみると、この間取りを実現するためにはかなりのコストがかかるのです。

センターイン住戸を設定するためのあれこれ:
↓クリックするとおきくなります

centerin

シンフォニアみはらしの家は上図のうち1番のEVを2戸で専有する形を取っていました。
たしかにこの構造ならセンターインを簡単に設定することができますが、各階においてEVを使用する住戸が2戸ということは、階数x2戸の住戸でEVを維持していく必要があります。

では端のセンターイン住戸はどうでしょう?
これなら手軽にできますが、端の住戸が大きすぎますね。110平米くらいの計算になって、70平米住戸より1.5倍の価格設定にしなければなりません。また共用廊下の延長線上に大梁がくるため、廊下天上が低くなってしまいます。

無理なくセンターイン住戸を設定するには3番が一番簡単です。玄関前のアルコーブ、これを長めに設定してクランクさせれば、簡単にできます。実はこのかたち、90年代のマンションにはよく見られたのですが最近はすっかり見なくなりました。やはり上図のように共用廊下に簡素なアルコーブくらいの方が安く作ることができるからです。また、アルコーブを長めにとるということは、スパン幅が必要になり、最低でも80後半平米~くらいの面積が必要になるからです。

センターイン住戸は経済合理性が極端に要求される、都心近くの23区新築マンションでは希少な存在といえます。

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. 小ネタ

    マンション購入検討初心者シリーズ 壁芯と内法と長谷工二重壁とタワー

    久しぶりのマンション購入検討初心者シリーズ、今回は壁芯と内法面積につい…

  2. 購入検討初心者シリーズ

    住宅ローン概論:低金利・高価格時代のマンション購入に対する考え方

    「オリンピック前に不動産価格は暴落する」「オリンピックが景気のピークで…

  3. 購入検討初心者シリーズ

    マンション購入概論:なぜ物件選定は慎重に行ったほうがいいのか

    マンションブロガーのらえもんは、東京都内に勤務地があるサラリーマンは首…

  4. 購入検討初心者シリーズ

    あなたの住宅購入はQoLを向上させますか?

    前回のラスト「当ブログは経済環境を固定したまま、QoLをどのようにあげ…

  5. 損が少ないマンション購入

    独身でもマンションを買いたい!どんなマンションを選ぶべき?

    Twitterで独身男性・女性のマンション購入について書いてくれ、と頼…

  6. Wコンフォートタワーズ

    タワーマンション+自走式駐車場の優位点

    読者様より自走式駐車場の優位点について教えてくださいといわれました。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP