住宅ローンや資金繰り

来年前半は住宅ローンの実行&借換の絶好の好機になりそう

住宅ローン10年固定金利が1%を切る銀行も現れています。

住宅ローン金利、最低更新…大手行「利益出ぬ」
2014年12月27日 08時47分 読売新聞・魚拓

三菱東京UFJ銀行は26日、1月から適用する住宅ローン金利を引き下げると発表した。

みずほ銀行と三井住友信託銀行も引き下げる方向で、低金利競争が一層激しさを増している。

三菱東京UFJとみずほは、10年固定型で最も信用度の高い人に適用する金利(最優遇金利)を12月より0・1ポイント引き下げ年1・15%とし、これまでの最低を更新する。

他の大手行との差別化を進める三井住友信託は0・1ポイント引き下げて年0・90%とし、同様にこれまでで最も低い金利となる。

各行が金利を相次いで引き下げるのは、日本銀行が行う大規模な金融緩和を受け、指標となる長期国債の利回りが一段と低下しているためだ。

住宅ローン減税は1%控除ですから、ローンを借りた時点で確定で0.1%の利益が出ることになりますね。2015年1月実行の人は誠におめでとうございます。上の金利は全期間ではなく特約、つまり当初の固定金利分だけ大幅優遇なのだと思いますが・・・

都心マンションは新築中古問わず価格が上がっていますが、金利の更なる低下で、固定10年の月々返済額に直すとほぼ変わらない感じになってしまってます。

金利が2%⇒1%になった時のインパクトはかなり大きいものがあります。例えば、この2年で仮に2割上がったとして、ローン実行金額が4000万円(2%)と5000万円(1%)のローンの月々支払いを比べてみましょう。

固定金利2%・4000万円/35年 毎月ローン支払額132,505円
固定金利1%・5000万円/35年 毎月ローン支払額141,143円

loan

ローンの金額は25%増えたにもかかわらず、支払額は6.5%しかかわらないことになります。これが長期間低利ローン複利の威力ですね。

来年早々あたり、もうちょっと住宅ローンについて深く考えてみたいと思います。

 

あなたの不動産売却に、ひと肌脱ぎます。
↓↓湾岸エリアでのマンション売却をお考えの方はこちらから!↓↓

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

関連記事

  1. ケーススタディ集

    金利暴騰の可能性と固定10年への借り換えについて:ケーススタディー集

    メールやask.fmで寄せられた質問に対して、再度ブログ上でお答えする…

  2. 住宅ローンや資金繰り

    2015年2月にフラット35で借りる人は間違いなく勝ち組の模様

    なんか毎月、「フラット35が過去最強!」みたいなエントリばかりですいま…

  3. 住宅ローンや資金繰り

    住宅ローンの疾病保証って必要なの?

    はじめて住宅ローンを組むとき、疾病保証をつけるかどうかで迷いませんか?…

  4. 住宅ローンや資金繰り

    住宅ローン減税が40平米以上に対象拡大?また控除額も見直し?その影響とは

    日経新聞にこのような記事が出ていました。のらえもんは40平米への拡大は…

  5. 住宅ローンや資金繰り

    住宅ローン金利・過去最安を更新!

    幸いなるかな 住宅ローンを今月組む人 かれらはお宝金利を手にするであろ…

  6. 住宅ローンや資金繰り

    住宅ローンの金利が若干上がる。8月が底だった?

    長期金利が若干上昇したことを受けて、2016年9月は先月に比べて若干の…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

  1. ブリリアマーレ有明

    【成約済】BrilliaMare有明 TOWER&GARDEN 2LDK+N/7…
PAGE TOP