損が少ないマンション購入

1都3県高層マンション・層別騰落率インフォグラフ

住まいサーフィンより、31F以上の超高層マンションの騰落率で、低層中層高層といった階層毎の騰落率データを提供いただきました。いただいたエクセルをそのままはりつけるわけにもいかないですので、のらえもん流に料理してインフォグラフ化してみました。

ニュースリリースはこちらから

1都3県高層マンション・層別騰落率インフォグラフ
↓クリックするとおきくなります

touraku_kanto
データの提供:住まいサーフィンより、
地図は部分の出展はテクノコ白地図イラスト:http://technocco.jp/

元になったデータは成約ではなく在庫から補正をかけたデータですが、全体傾向を掴むには非常に有用なデータです。全体傾向としては

騰落率:低層>中層>高層
という結果になりました。高層マンションの場合、階数差によるお値段がだいぶ変わってきますが、中古になった時にこの階数差が相対的に縮小されます。結果として上図のような騰落率の差となって現れます。また高層階〜最上階はハイグレード仕様、特別仕様となることも多いです、新築の売り出し価格が下層階とかけ離れていることも要因のひとつです。

一方、このグラフには出していませんが、売り出し率は「高層>中層>低層」です。高層のほうが入れ替わりは激しく、低層のほうが実需向けで引っ越しも少ない結果になっています。

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 購入検討初心者シリーズ

    マンション購入概論:なぜ物件選定は慎重に行ったほうがいいのか

    マンションブロガーのらえもんは、東京都内に勤務地があるサラリーマンは首…

  2. 損が少ないマンション購入

    タワーマンションの南向き住戸について

    のらえもんブログをはじめてから、初めて一週間近く更新できませんでした。…

  3. 購入検討初心者シリーズ

    あなたの住宅購入はQoLを向上させますか?

    前回のラスト「当ブログは経済環境を固定したまま、QoLをどのようにあげ…

  4. 購入検討初心者シリーズ

    住宅ローン概論:低金利・高価格時代のマンション購入に対する考え方

    「オリンピック前に不動産価格は暴落する」「オリンピックが景気のピークで…

  5. 購入検討初心者シリーズ

    マンション購入検討初心者シリーズ 間取り・その2

    前回エントリでも述べたように間取りは建物形状によって左右されます。実は…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP