損が少ないマンション購入

湾岸バブル再来?記事を読む(記事更新)

2020東京オリンピック招致成功を受けて、競技場の多くが建設される湾岸エリアのマンションが売れる・値上がりするという記事が増えています。
たしかに、周辺マンションは売れ始めています。晴海クロノレジデンスの成約がオリンピック決まって急増したとか、ブリリア有明スカイタワーの在庫があっという間にプレミアムフロアのみになった(これは別記事にします)、とか。

私の見解を先に述べますと:

  • この先、間違いなくコストプッシュ型の値上がりはある。震災復興関連で労務費は既に4割上昇、オリンピック絡みで開発をするとなると更に上昇する。土地も上がる。需要が多くなる建築資材費も上がる。
  • オリンピック会場そばに住みたい、という気持ちはわかるがそれだけではたして住んで満足するかは疑問。湾岸地区は基本的にビルと巨大マンションが連なる地区であって、住む人を選ぶ。一時の浮かれで住まいを選んでも、ましてやオリンピック開催は2週間だけ。
  • 不動産の価値はある意味利便性で決まる。今のところ新線計画が無いなら駅遠なマンションは駅遠という事実が残るだけ。
  • そのような意味では都心と湾岸エリアを直接結ぶ中央区LRTには期待している。豊洲~住吉の地下鉄計画もあるが、これは基本的に東京東エリアの南北交通不便解消という意味合いが強い。
  • このエリアへ移住する人が増えるのは間違いない。オリンピック後を見据えた開発が望まれる。
  • 値上がりの伸びしろはあまりないと考える。最大で1.5割、ほとんど1割。インフレが起これば別だけど。

96958A9C889DE7EBE7E1E5E5E7E2E3E2E2EBE0E2E3E19EE4E3E2E2E2-DSXDZO5954015010092013L72000-PB1-6
画像出典:日経新聞より

日経新聞

湾岸バブル再来も 住宅開発、一気に動く
2013/9/11 0:00

2020年夏季五輪の競技場が集まる東京臨海部は今後、開発ラッシュとなる。競技場の建設が民間投資を誘発し、周辺の未利用地でマンションなどの建設が相次ぐ。仮設の競技場は大会後に敷地が売却され、さらに開発が続く。五輪開催の高揚感と景気けん引の期待感が地震被害リスクの不安を薄れさせ、湾岸開発バブルの再来を予想する見方が広がっている。
(中略)
ロンドン五輪でも競技場近くのマンションには入居希望者が殺到したという。東京ベイゾーンの物件も似た状況になりつつある。「買って貸す投資的な需要も見込める」と井出氏は指摘する。
実際に臨海地区では大型マンションの建設計画が相次ぐ。有明にできる体操や自転車など競技場の多くも仮設で、大会後は敷地が売却される予定だ。これまで「五輪待ち」でたなざらしになっていた湾岸の開発が一気に動き出す。有明北地区の居住人口は現在の7000人から3万8000人に増えると都は見込む。

ブルームバーグ

東京五輪で湾岸マンション値上がりへ、2割上昇も-持続性は疑問 (1)
2013/09/10 14:54 JST

2020年夏季五輪の開催地が東京に決まったことで、競技施設が集中する東京の湾岸エリアでは、マンションの値上がりが予想されている。インフラ整備の進展で街の利便性が向上し、地価の上昇が見込まれるからだ。
(中略)

中心地区の一つとなる晴海エリアについて、ドイツ証券の大谷洋司アナリストは、今後公園や競技場、輸送手段などのインフラ整備が進むことで、「不動産価値は上がる」とみる。不動産鑑定会社、三友システムアプレイザルの井上明義相談役によると、湾岸地域のマンション価格は2年で10-20%程度上昇する見通しだという。
野村証券の福島大輔アナリストは、マンション発売が好調な中で、五輪開催が決まり、「東京の不動産価格は上がり、加速する可能性がある」との見方を明らかにした。特に湾岸エリアで値上がりした後は、千葉や神奈川など近隣県でも買う動きが広がるとして「全体的に市況に好インパクトを持つ」と述べた。
不動経済研究所がまとめた7月の首都圏マンション発売戸数は約5300戸と同月としては2007年来の高水準。中でも都区部の供給戸数が倍増した。平均価格は5128万円と前年同月比10%上昇した。

朝日新聞

五輪に沸く東京・湾岸地区 移転迫られ複雑な人も
2013年9月12日18時11分

東京都中央区晴海2丁目。2020年五輪の選手村の建設予定地から約1キロ東で、49階建てのタワーマンション「ザ・パークハウス晴海タワーズ」の建設が進む。高層階で南向きのベランダに出ると、目の前に東京湾が広がった。
(中略)
選手村予定地にあるモデルルームで10日、大田区の女性(37)が契約書を交わしていた。「選手村が来る」という文句にひかれ、東京開催が決まる数日前に購入。8日早朝のテレビ中継を見て、小躍りした。「これから加速度的に売れる。先に買って良かった」 70平方メートル台の 3LDKで、6千万円前後が売れ筋だ。五輪が決まった直後からインターネットや電話で見学予約が殺到し、10件以上の契約が成立した。平日でも見学者が目立ち、週末は通常の倍以上の100件の見学予約が入る。

↓読者様からいただきました。クリックすると大きくなります。出典:朝日新聞

tokyo2020_asahi

こう比較してみると、本当に朝日新聞って情緒的な文章を書きますね(笑)

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. 台場

    船の科学館南側に超大型旅客船が停泊することに

    読者様から情報をいただきました。東京都港湾局が25年11月19日付…

  2. 損が少ないマンション購入

    リセールバリューを第一に考えた新築マンション購入を考える 続き

    昨日のエントリで「リセールバリューの高い湾岸新築タワーマンションの部屋…

  3. 損が少ないマンション購入

    地価LOOKレポート 平成25年第3四半期版が公開される

    国土交通省が四半期毎に発表している地価LOOKレポートが発表されました…

  4. 東京オリンピック2020

    あと1年早ければ・・・都政改革本部のオリパラ調査報告書を読んだ

    小池都知事が都庁に乗り込んではじめにやることは、自らの政治資産構築(手…

  5. 損が少ないマンション購入

    マンションコミュニティ特別対談 はるぶー×のらえもん が掲載開始!

    マンションコミュニティ座談会「マンション界の知性派はるぶー氏に聞く、マ…

  6. 東京オリンピック2020

    晴海の選手村跡地は高層マンション群かもしれない(訂正)

    本エントリの情報は古くなりました。高層マンション群ではなく、5000戸…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード リンク

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP