住宅ローンや資金繰り

フラット35の金利がさらに低下中!2月3月は絶好の借り換え時到来。

毎度定期ポストのようになってきましたが、フラット35の金利が更に低下中です。

フラット35は、様々な金融機関で販売されていますが、基本的には住宅支援機構が買い取ります。金融機関によって、実行金利の差があるのは販売側のマージンが乗っているかどうかだけで、基本的には最安金利を選べば間違いありません。

2016年2月の実行金利(9割以下)は

借入期間:15年~20年 年1.210%
借入期間:21年~35年 年1.480%

となりました!久しぶりに出ました、1.480%。残念ながら補正予算によるフラット35sの0.3%補助は終了してしまいましたが、借り換えなら関係ありません。審査を通しても借り換え実行までは日数がかかりますので、どうしてもこの金利で借りたいor借り換えたいなら月のはじめに申し込まないと間に合いません(といっても、マイナス金利実行効果が来月まで続いていれば、来月は更に金利が低下することも予測できます)。

変動金利と固定金利のスプレッドは現在極小になっているので、2月・3月の借り換えには絶好の機会が到来していると思っています。固定金利への借り換えなら、10年もしくは全期間固定フラットが一番お得かと思ってますが、全期間固定を選ぶなら数ある金融機関の中でもARUHIは審査スピードが他より早いのがお勧めですね。

img_photo1

固定10年での借り換え検討なら、いま間違いなくお勧めなのは、りそな銀行です。10年固定表示金利がおかしなことになってます。去年借り換えた僕は二度見して悔しがりました。変動金利で借りていて、同じ銀行内で固定スイッチをネットでできる銀行さんは多いですが間違いなくそれより絶対に安いです。
住宅ローンについてはこちらのサイトもどうぞ!

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 損が少ないマンション購入

    10年後の物件売却を見据えたマンション購入

    私のメールアドレスはブログ右上で公開していますので、月に10件ほどいろ…

  2. 損が少ないマンション購入

    「高い新築マンションの最割安部屋」と「安い新築マンションの最高額部屋」どちらが幸せか

    永遠のテーマでもありそうなこの話題。車なら一つ下のクラスの最上級グレー…

  3. 損が少ないマンション購入

    マンションのスパン幅による間取りの変化

    拙ブログでは今までに「免震と耐震マンションの間取りの違い」や「狭い部屋…

  4. ケーススタディ集

    「新築マンションは契約した瞬間に2割下がるは本当ですか?」:ケーススタディー集

    実際に寄せられた相談を元にのらえもんの返信を公開シミュレーションをする…

  5. 住宅ローンや資金繰り

    フラット35/相変わらず低空飛行の2015年4月の金利と今後の推移について

    フラット35の金利は一旦本年2月で底をつけてから2カ月連続で上がってい…

  6. 損が少ないマンション購入

    間取りの検討と同時に構造梁の位置も検討しよう!

    画像の出典:イニシア豊洲コンフォートプレイス公式webより…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP