損が少ないマンション購入

湾岸マンション提携銀行の金利一覧

銀行ローンを借りるとき、なんといっても一番優先するのは金利だと思います。
諸条件が一緒なら金利は低ければ低いほどいいです。

このブログで扱っている新築マンションで一番低い金利提示の銀行と金利を調べてみました。

新築マンション提携銀行金利一覧(変動金利)

マンション名 銀行名 金利
シティハウス豊洲キャナルテラス 三井住友信託銀行 0.775%
シティータワー豊洲 ザ・ツイン 当社提携地方銀行 0.775%
シティータワー豊洲 ザ・シンボル 当社提携地方銀行 0.775%
イニシア豊洲コンフォートプレイス 三井住友信託銀行 0.775%
パークタワー豊洲
晴海タワーズ クロノレジデンス
プラウドタワー東雲キャナルコート 千葉銀行 0.725%
湾岸タワー レックスガーデン 三井住友信託銀行 0.775%
ブランズ東雲 千葉銀行 0.725%
バンベールルフォン辰巳 0.725%
ブリリア辰巳キャナルテラス 0.670%
ブリリア有明スカイタワー 当社提携地方銀行 0.725%
シティータワー有明 当社提携地方銀行 0.775%

一昔前は、0.875%が普通で、0.775%が一番有利な条件だったのですが、今は0.775%が当たり前になってきました。0.725%もちらほら見られますが、基本的に千葉銀行だと思います。この表の金利最安値はブリリア辰巳の0.67%でした。

空欄のクロノレジデンスとパークタワー豊洲は、私が調べがつかなかっただけで、最安値金利は0.775%程度だと思います。

千葉銀行は一番低い金利を提示してくれますが、
・給料振込みを必ず千葉銀行とすること
・繰り上げ返済手数料5250円
あたりが、他行に比べて不利でした。

もし、変動金利を考えるなら繰上げ返済は必須でしょうから、
手数料有は考えどころですね。

0.775%と0.67%、約0.1%の差が35年間でどれだけあるかといいますと

3000万円を35年ローンで返済した場合
0.775% 返済合計34,261,884 月支払額81,576
0.725% 返済合計33,975,857 月支払額80,895
0.67%  返済合計33,662,977 月支払額80,150
となります。月当たり1400円強違います。

ちなみに、私が今まで見た中で一番低かったのは
パークシティ柏の葉二番街の”0.625%”でした。ちょっと信じられません。

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. 損が少ないマンション購入

    タワーマンションの南向き住戸について

    のらえもんブログをはじめてから、初めて一週間近く更新できませんでした。…

  2. 住宅ローンや資金繰り

    フラット35Sの金利引き下げ幅が0.6%に拡大!

    「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」及び平成27年1月9日に閣議…

  3. 損が少ないマンション購入

    変動金利から固定金利へ切り替えたシミュレーションをしてみた

    今のところ軽微な兆候しか無いものの、アベノミクスで国債利率が上がる&住…

  4. 損が少ないマンション購入

    リセールバリューを第一に考えた新築マンション購入を考える 続き

    昨日のエントリで「リセールバリューの高い湾岸新築タワーマンションの部屋…

  5. ケーススタディ集

    「不動産価格のピーク後はどうなると思われますか」:ケーススタディー集

    実際に寄せられた相談を元にのらえもんの返信を公開シミュレーションをする…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP