住宅ローンや資金繰り

【小ネタ】今週号のSUUMO「マンガでわかる住宅ローン」が苦しい

SUUMO新築マンション首都圏版2016.5.24号「マンガでわかる住宅ローン」を手に取ってみました。今週号は社会化見学のような特集があったり、物件が結構入っていたりと読み応えあったのですが、特集の出来が(略)。

suumo_20160524
画像出典:SUUMO新築マンション首都圏版2016.5.24号よりスキャン

SUUMOの巻頭特集って3ヶ月くらいでネタがリピートしてしまうので、いつもは読み飛ばして物件にいってしまうのですが、少しマンガが目を引いたのできちんと読んでみるとこんなかんじ。

suumo_manga_housing_loan01

「そもそも今回のレース、参加すべきなんでしょうか?」「ちまたでは物件価格が上がっていると話題になっています!」

確かにその通り。不動産価格は株価ほどの上下は無いものの、どうしてもマクロ的に地価や建設費が上がってしまうと、給与所得者の可処分所得の上昇とは関係なく値段が上がってしまうため、これはもう不可抗力ではあります。といっても住宅の購入検討というのは相場観ではなく極めて個人的な動機からはじまりますので、層も言ってられません。
こういうときは、1:購入するのをやめる、2:新築マンションだけでなく、戸建てや中古マンションなどの別の選択肢を検討する、3:物件価格が落ち着くまで待つ(ただし待ったからといっていつ下がるかは誰にもわからない)、4:日照・駅徒歩分数・地域・広さなどの諸条件を見直す、5:親からの援助をもらう・・・などなど個人で防衛策は考えないといけないですね。
で、SUUMOさんのお答えはこちら。

「5年前よりいまのほうがお得なんだぞ?」知ってた?

suumo_manga_housing_loan02

ナルホド!タシカニ!シラナカッター!いや、、、その説明は苦しい。2010年といまのフラット35固定型金利で比較していますが、変動金利を選んでいたなら2010年と2016年の差はわずか0.3%程度です。

しかも2ページ目では、さっき言ってたこととまったく矛盾することを言うんですよね。

suumo_manga_housing_loan04

バカモン!「借り換え戦略」で盛り上がっているのは、いまより高い金利のときにレースを走り始めた先輩ランナーたちだ。

借り換えにはコストがかかるとはいえ、2010年の先輩ランナー達は次々と借り換えて層支払額を抑えているので、前頁といってることと矛盾しますよね。ま、いまの金利下なら10年もしくは長期固定のどちらかでエントリーするのが正しくて、変動の人は5年くらい先までの間に買い替えを考える人たちでしょうね~と。

住宅ローンを真剣に考えるサイトバナー
↑一応、私のサイトです。コンテンツ更新止まってて申し訳ない。HTML直打ちやめます。

 

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. プラウドタワー東雲

    【小ネタ】プラウドタワー東雲の公式Webページが先日まで言ってたことと違う件

    プラウドタワー東雲の最終期分譲が終わり、キャンセル部屋の販売だけとなり…

  2. 住宅ローンや資金繰り

    日本の超低金利政策が終了した時、マンション市場では何が起こるのだろうか

    Twitterでも呟いたのですが、現状で変動金利を積極的に選択する必然…

  3. 小ネタ

    成田空港と東雲・東京駅を結ぶ「東京シャトル」に乗ってみた

    京成バスが運営している「東京シャトル」。成田空港までなんと1000…

  4. 住宅ローンや資金繰り

    購入と賃貸の比較・金利3%でバランスするよう設計されている

    永遠のテーマである、購入と賃貸の比較。SUUMOで半年に一回見るような…

  5. 小ネタ

    【小ネタ】SUUMOから愛を感じられない その2

    2014.5.20の首都圏版SUUMOは湾岸特集でした。前…

  6. 小ネタ

    マンションコミュニティ内”スムログ”にのらえもん新連載「マンションにまつわる…

    掲示板サイト・マンションコミュニティの中にマンションブロガーさん達の出…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

マンションコミュニティ総研の所長になりました

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP