損が少ないマンション購入

青田買いの場合、銀行は後から変更できる

戸数が多いマンションの場合、契約から実際に住むまで1年以上間があくことはよくあることです。
マンションの売買契約をする際に、銀行から住宅ローンの審査を通らなければ
契約できませんが、必ずしも審査した住宅ローンを使わなければいけないということはありません。
だいたい、引渡し3ヶ月前までは変更できると考えて良いでしょう。

例えば、契約時に提携ローン0.875%の銀行ローンの審査を受けたとしましょう。
自力で探した銀行や新たな提携先の銀行がで0.775%を提示していることをキャッチしたなら
迷わず営業に電話しましょう。
(検討者には新しい提携銀行の情報を教えますが、既契約者には知らされないこともよくあります)

営業は面倒くさいので嫌がるはずですが、変更できます。遠慮はいりません。
どうせ、マンションを引き渡したときに営業との関係は終わってしまうのです。

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. 損が少ないマンション購入

    フラット35と変動金利の金利比較

    フラット35が再び過去最低金利水準に(2013年11月)のエントリを上…

  2. 損が少ないマンション購入

    湾岸中古マンションの在庫が大幅に減っている

    ぱぱっと相場観察するのに、不動産ポータルサイトは便利です。のらえもんは…

  3. 小ネタ

    住宅ローン減税の延長拡充に関する報道

    通常なら、12月中旬ごろにまとまる来年度の税制改正大綱がまだ発表されて…

  4. 損が少ないマンション購入

    Homes家賃相場から相場とマンションPERを計る

    新築マンションでも中古マンションでも、一軒家よりマンションを選ぶ利点の…

  5. 損が少ないマンション購入

    フラット35の金利がヤバいくらい安い!25年4月は過去最安値

    24年8月に書いたエントリ「フラット35金利が反則的な最安値!今月融資…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP