損が少ないマンション購入

青田買いの場合、銀行は後から変更できる

戸数が多いマンションの場合、契約から実際に住むまで1年以上間があくことはよくあることです。
マンションの売買契約をする際に、銀行から住宅ローンの審査を通らなければ
契約できませんが、必ずしも審査した住宅ローンを使わなければいけないということはありません。
だいたい、引渡し3ヶ月前までは変更できると考えて良いでしょう。

例えば、契約時に提携ローン0.875%の銀行ローンの審査を受けたとしましょう。
自力で探した銀行や新たな提携先の銀行がで0.775%を提示していることをキャッチしたなら
迷わず営業に電話しましょう。
(検討者には新しい提携銀行の情報を教えますが、既契約者には知らされないこともよくあります)

営業は面倒くさいので嫌がるはずですが、変更できます。遠慮はいりません。
どうせ、マンションを引き渡したときに営業との関係は終わってしまうのです。

 

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 損が少ないマンション購入

    変動金利から固定金利へ切り替えたシミュレーションをしてみた

    今のところ軽微な兆候しか無いものの、アベノミクスで国債利率が上がる&住…

  2. 損が少ないマンション購入

    フラット35が再び過去最低金利水準に(2013年11月)

    以前、フラット35の金利がヤバいくらい安い!25年4月は過去最安値と書…

  3. 損が少ないマンション購入

    間取りの検討と同時に構造梁の位置も検討しよう!

    画像の出典:イニシア豊洲コンフォートプレイス公式webより…

  4. 損が少ないマンション購入

    消費税増税に伴う住宅取得支援施策まとめ

    消費税が2014年4月に8%、2015年10月に10%引上げ予定です。…

  5. 住宅ローンや資金繰り

    フラット35Sの金利引き下げ幅が0.6%に拡大!

    「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」及び平成27年1月9日に閣議…

  6. プラウドタワー東雲

    野村が語る”住宅購入フロー”

    東雲野村からDMが届きました。題して「野村不動産 門外不出の住宅購…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

マンションコミュニティ総研の所長になりました

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP