モデルルーム訪問

横浜 MIDベースタワーレジデンス モデルルーム訪問 その2(追記有)

横浜 MIDベースタワーレジデンス モデルルーム訪問 その1の続きです。
共用施設と間取りと価格表、そして総評です。

yokohamamid_top
イメージ図と間取りの画像出典:横浜 MIDベースタワーレジデンス公式Webページより

共用施設

このマンション、ほとんど共用施設はありません。3階までには入っているのは「地域への貢献施設」であり、住民のためのスペースではないからです。4階にキッズスペースとゲストルームがひとつあるだけです。「タワー」と名がつけば基本的には入っているコンシェルジュカウンターも無し。各階ゴミ捨てもありません。

その代わり、棟内に「ミニスーパー」「保育所」「診療所」「地域交流スペース」「屋上(5階部分)コミュニティ広場」が準備されています。保育所は優先などの優遇措置はありません。

間取り

前エントリでも述べたように、仕様はとても良いマンションですが、間取りから見るとひとつ残念なことがあります。それは窓側が完全なインフレームであることです。この有効面積ロスはバルコニー部分に柱があるアウトフレームと比べるとかなりあります。

横浜 MIDベースタワーレジデンス A-1タイプ 56.73㎡ 2LDK

yokohamamid_typeA1
間取りの画像出典:横浜 MIDベースタワーレジデンス公式Webページより

モデルルームでは、洋室(2)の壁は取っ払われ、ダイニングとして扱われていました。こうすると廊下の部分まで有効利用面積が広がる効果がありそうです。ちなみにこの間取り、かなり変わってまして1LDK+DENではなく2LDK表記とするために洋室(2)には出入り口が2つついてます。洋室(1)を引き戸にして「採光が確保されている」とみなして洋室認定しているのです。

横浜 MIDベースタワーレジデンス G-2タイプ 72.91㎡ 3LDK

yokohamamid_typeG2

他のマンションに比べてスパン幅が良好なだけに、リビングと洋室(1)にある柱が残念です。大き目のシューズインクロゼットと納戸があります。洋室(1)の扉と物入はぶつかるのはなんとかならなかったのでしょうか。これは引き戸にしたほうが良いかも。

維持費

(追記20160308)
管理費は平米あたり246円・修繕積立金は168円でした。横浜市住宅供給公社分譲ということで、維持管理には最初から積み立てていくとの姿勢が出てますね。最初から定住目的のマンションということなので、販売面で特にマイナスにならないとの判断でしょう。
駐車場は61台で付帯率は30%。この立地なら駐車場はもう少しあったほうが良いと思いますが・・・最近は車を所有しない生活が郊外にも広がりつつありますし、物件価格の高騰で車を持ちにくいという事情もありますのでそちらを反映しているのでしょう。月額使用料は月額使用料27,500円~32,000円と都内並みです。

価格表

私が訪問したときは、まだこれから価格を決めていくとのコメント付きでした。もしかして最新状況は変わっているかもしれません。

横浜 MIDベースタワーレジデンス予定価格表(160205修正)

(クリックすると大きくなります)

第一期価格表が発表されました!こちら

yokohamaMIDbase_pricelist

拙ブログは、予定価格「5100万円台」という表記にはすべて5150万円として計算します。

価格表を見て気づいた点をいくつか列挙します。

  • 階数差はかなりある。震災後、タワーマンションは階数差をあまり設けなかったが震災以前に戻った印象
  • 周辺建物から頭抜ける11F以上とそれ以下で価格が違う
  • 50平米以下の住戸は長期優良住宅かつ永住目的のため設けられていない
  • 4Fの棟内の中でもかなり安い部屋はお見合い部屋、特にタイプDの4Fは角部屋とはいえ目の前が保育園
  • 南西部屋(みなとみらい方向)と北東部屋(富士山方向)の300~400万円の価格差

ブランズタワーみなとみらいより、坪100万円近く安いですね。管理費修繕費についてはまだはっきりしてないと教えてもらえませんでした。

総評

公社物件なので、利益最大化とは別の論理で動いているマンションです。そのため申し込みは1世帯につき1住戸かつ自分もしくは親族が居住すること、と限られています。鹿島施工の免震はこの規模のマンションではなかなか見られない贅沢なつくりです。

みなとみらいのような派手さも、横浜駅前とも違いますが、今年の穴場マンションであることは間違いないでしょう。特に低層階の値段がこのままなら、間違いなく抽選になるでしょうね。逆に、上層階の広めの部屋は総額7000オーバーとなることから、この値段なら別の選択肢もいろいろあるだけに、ターゲットがいまいち読めません。これから、ブランズ横浜が発売となりますが、そこからの流れ組を取り込んで早期に完売するのでは?と思います。

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. グランソシア辰巳の森海浜公園

    グランソシア辰巳の森海浜公園 モデルルーム訪問 その1

    名鉄不動産売主のグランソシア辰巳の森海浜公園がまもなく第一期(このマン…

  2. パークタワー豊洲

    パークタワー豊洲第1期1次の正式価格が発表される

    三井不動産売主の豊洲駅徒歩5分のパークタワー豊洲の正式価格が発表されま…

  3. モデルルーム訪問

    勝どき ザ・タワー モデルルーム訪問 その1

    先日の公示地価発表によりますと、中央区勝どき4丁目の地価変動率が+10…

  4. ブリリア有明シティタワー

    ブリリア有明シティータワー モデルルーム訪問 その1(一部追記)

    GWはモデルルーム訪問シーズン。いやぁ本当にモデルルーム巡りって楽しい…

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • うなぎ食べ太郎
    • 2016年 2月 05日

    こんにちは。B-2の平米数は63.52ではなく、B-1と同じく56.73ではないでしょうか。この間取りだけ極端に坪単価が極端が低くなっています。

    • のらえもん
    • 2016年 2月 05日

    >>うなぎ食べ太郎さん
    ありがとうございます、修正しました

    • うなぎ食べ太郎
    • 2016年 2月 06日

    ありがとうございます。話変わりますが、マンション選びに新書参考にさせてもらってます。これからも頑張ってください。

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP