住宅ローンや資金繰り

住宅ローン金利・過去最安を更新!

幸いなるかな 住宅ローンを今月組む人 かれらはお宝金利を手にするであろう(山上の垂訓より)

suikun

冒頭は冗談として、今月も順調に過去最安金利を更新しましたね。

flat35_201608
画像出典:住信SBIネット銀行フラット35ページより

フラット35が0.90%と空前の大安売り過ぎてくらくらしますね。

ただ、東京三菱UFJ銀行が団信付きで固定35年0.95%(!!)を提供していて、新規も借換も同じ金利が採用されていますので、どうしてもフラットという方で無ければ、全期間ならこちらをオススメしたいところです。

tmu_201608
画像出典:東京三菱UFJ銀行・住宅ローンページより

一方、借換固定10年の王者、りそな銀行はついに0.35%に達してしまいました。

risona_201608
画像出典:りそな銀行Web申し込み限定プランページより

もうひとつ、固定10年なら三井住友信託銀行が同じ金利を提供しているのですが、こちらは「当初期間金利引き下げ」プランですので、固定終了後の金利引き下げ幅を考えると、りそなに圧倒的軍配が上がります。

さて、この金利低下どこまで進むのかと思ったら昨日、気になるニュースが。

金利:国債先物は大幅続落、10年債利回り一時-0.025%に上昇
[東京 2日 ロイター]

<15:10> 国債先物は大幅続落、10年債利回り一時-0.025%に上昇

長期国債先物は大幅続落。前日の夜間取引で下落した流れを受けて売りが先行。日銀政策の先行きに不透明が増す中、海外勢の売りに加えて、10年債入札を警戒した業者の調整売りが膨らんだ。入札低調を確認すると、9月限は中心限月として3月16日以来の151円割れとなり、一時150円66銭まで売り込まれた。

現物債利回りに強い上昇圧力がかかった。日銀の金融政策の影響を受けやすい中長期ゾーンの利回り上昇が目立っており、10年債利回りがマイナス0.025%、5年債利回りがマイナス0.120%、2年債利回りがマイナス0.150%といずれも3月16日以来の高水準を付ける場面があった。終盤にかけては、国内銀行勢を中心とした押し目買いが入り、金利上昇が抑制された。

ちなみに、8/2の終値は-0.060%まで低下しています。

10bond_20160803
画像出典:日本相互証券株式会社子長期金利推移グラフより

このゆり戻しが本物なら、来月実行分の住宅ローン金利は結構上がってしまうでしょうね。。。

ちなみにのらえもん、恥を忍んで現在もう一度借り換えの仮審査中であります。

—–

 

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 住宅ローンや資金繰り

    フラット35Sの金利引き下げ幅が0.6%に拡大!

    「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」及び平成27年1月9日に閣議…

  2. 住宅ローンや資金繰り

    日本の超低金利政策が終了した時、マンション市場では何が起こるのだろうか

    Twitterでも呟いたのですが、現状で変動金利を積極的に選択する必然…

  3. ケーススタディ集

    住宅ローンの攻略法。金利、保証料、手数料の違いなどを解説。

    住宅を買おうとすると、新築・中古/マンション・戸建てを問わずほぼ使うこ…

  4. 住宅ローンや資金繰り

    住宅ローンのおすすめを自動で紹介してくれるモゲチェック

    以前、こちらの住宅ローン特集エントリを書いたところ、すぐにモゲチェック…

  5. 住宅ローンや資金繰り

    フラット35が10月から団体信用生命保険込みの金利に変更、しかし。。。【訂正有】

    フラット35は10月より制度が変更となり、団体信用生命保険込みの金利と…

  6. 住宅ローンや資金繰り

    2022年最新!変動金利は上がる?上がらない?住宅ローンのこれから徹底議論

    最近、住宅ローンの固定金利が爆上がりしてこれからマンション買う人は不安…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

マンションコミュニティ総研の所長になりました

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP