住宅ローンや資金繰り

2015年8月のフラット35金利と「買い増し」

2015年8月のフラット35金利が出ました。最低金利は先月より0.03%下がっての1.58%でした。

flat35_201508

ここ最近は値上がり傾向だったのですが、小康状態といったところです。超割安と言われた昨年12月並みなんですけどね・・・2月が安すぎただけとも言えます。いつもブログをお読みの方なら当たり前の情報かもしれませんが、フラット35は新規ならフラット35Sにしておきましょう。中古物件でも少しの工夫で付けられますし、0.6%の当初期間値下げはかなり良い条件です。

あんまりおおっぴらにいうことじゃないかもしれませんが、フラット35は、2軒目のローンに最適です。
最初の住宅ローンは銀行で借りて、そこから「買い替え」ではなくもう一軒「買い増し」の場合は、銀行では借りることは難しいです。フラット35ですと、銀行の住宅ローンと全く別枠の審査となります。

逆順はできません。銀行は住宅ローン貸出審査でフラット35も審査の対象に入れるからです。なので、将来の買い増しを考えているならフラット35ではなく、銀行の住宅ローンを借りるべきなのです。

もちろん、最初からも買い増しもしない、銀行の借り換えもない、引っ越しもしないという条件なら、フラット35の利用をファースト選択肢として良いでしょう。なんといっても全期間固定はとても心強いです。

たびたび当ブログで言及しているARUHIは、フラット35取扱金融機関でも最安金利を常に出してくれます。また審査スピードに競争力があり、仮審査は最短申し込み日で、本審査は最速3営業日と相当早いです。

金利が安い今のうちに銀行の変動→固定金利への借り換えの場合は、フラット35Sが使えないので、若干競争力が落ちますね。その場合は素直に銀行の借り換えプログラムを使った方が良いです(のらえもんもそうしました)

僕も色々調べたんですけど、、、万人向けで一つに絞るなら「りそな銀行のWeb限定プラン」の借り換えキャンペーンが良いです。

普通、表示金利の10年固定は「当初金利優遇型」です。最初安くて、後から金利が高くなるプランですね。でもりそなの借り換えプラン条件をよく見ると・・・

実は「当初固定金利特約10年のみ」特約終了後の金利が変動金利の最優遇金利と変わらないんです。他の銀行で、「当初型」と「全期間型」で特約終了後金利が一緒というのはあまり見ません。ここに歪みがありますね。

 

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 住宅ローンや資金繰り

    フラット35の金利がまた低下傾向に~2015年11月

    「最近フラット35の金利情報がありませんね」と読者様からお叱りを受けて…

  2. 住宅ローンや資金繰り

    「住宅ローンを真剣に考えるサイト」作成中

    のらえもんブログもマンション図鑑も【Wordpress】というブログ作…

  3. 住宅ローンや資金繰り

    来年前半は住宅ローンの実行&借換の絶好の好機になりそう

    住宅ローン10年固定金利が1%を切る銀行も現れています。住宅ローン…

  4. ケーススタディ集

    「提携ローンを使いますか?」:ケーススタディー集

    実際に寄せられた相談を元にのらえもんの返信を公開シミュレーションをする…

  5. 住宅ローンや資金繰り

    フラット35が10月から団体信用生命保険込みの金利に変更、しかし。。。【訂正有】

    フラット35は10月より制度が変更となり、団体信用生命保険込みの金利と…

  6. 住宅ローンや資金繰り

    2017年8月の住宅ローン金利

    久しぶりの住宅ローン金利エントリです。まずは毎月変わるフラット35から…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

マンションコミュニティ総研の所長になりました

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP