住宅ローンや資金繰り

住宅ローン金利が一部銀行で値上がり中

若干古いニュースかもしれませんが、年度が替わり4月に入って住宅ローン金利が一部銀行にてじわりと値上がりしています。マイナス金利導入で底をさらに掘り下げるような動きが続いていましたが、リセットがかかるかもしれません。

4月の住宅ローン平均金利はじわり上昇-WhatzMoney調べ
新建ハウジングデジタル 2017年4月4日

全国763金融機関の住宅ローンプランを比較できる「WhatzMoney住宅ローン」を運営するWhatzMoney(東京都目黒区)は4月4日、独自に調査した4月実行分のローン金利状況を公開した。

10年固定金利型住宅ローンの金利は、基準となる10年国債金利が0.06%前後でほぼ横ばいに推移する中、一部銀行で金利引き上げの動きがみられた。主要73行の平均金利は1.010%(前月比+0.019%)となった。

今後、FRB(米連邦準備理事会)が予定する年内2回の利上げにより金利上昇する可能性はあるが、日銀が長期金利を0%程度に誘導する金利操作政策を継続する姿勢を見せており、急激な金利上昇はないとみられる。また、世界的には金融引締めのトレンドになっており、一方的に低下することはないと予測する(略)

住宅ローンの極端な低金利こそが、いまの新築物件高騰をある意味肯定していたようなものなのです。このまま上昇基調が続くと、引き渡しまでの期間が長い物件などは梯子を外されてしまうかもしれませんね。日銀の政策的にこのまま上昇を許すとは思えないのですが、一方で過剰融資とみられているアパートローンに関しては採算性の検証などを点検するなど将来のリスクとみて引き締めにかかっています。

4月の全期間固定金利・新規で一番安いのは私の観測範囲では「十六銀行」の全期間固定1.03%(!!!)でしたけど、電話取材したところ「岐阜愛知のみで東京では住宅ローンを提供していない」とのことでした、残念!

新規全期間固定金利の次点は、みずほネット銀行の1.20%でした。こちらはもちろん東京でも借りられます。

そして借り換えを調べてみると、

固定10年で一番安いのは相変わらずりそな銀行0.55%
固定20年だと三井住友信託銀行の1.02%もしくは団信+全疾病保証付いての住信SBIの1.160%
固定30年では三井住友信託銀行の1.10%

となりました。借り換え最安値組は今のところ金利の変更はなし、ということです。

 

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. ケーススタディ集

    【ケーススタディ集】三戸目も”住宅ローン”で購入できますか?

    ケーススタディ集です。メールやask.fmでいただいたご質問を元に、個…

  2. 住宅ローンや資金繰り

    2016年2月のフラット35は再び過去最低水準に。でも・・・

    フラット35の貸し手は住宅金融支援機構(厳密に言えば販売した窓口となる…

  3. 住宅ローンや資金繰り

    日本の超低金利政策が終了した時、マンション市場では何が起こるのだろうか

    Twitterでも呟いたのですが、現状で変動金利を積極的に選択する必然…

  4. 住宅ローンや資金繰り

    これは少し流れが変わるかもしれない。フラット35のリフォーム一体型

    築40年超マンションのリノベーションってどうだろう?で築古住戸への資産…

  5. 住宅ローンや資金繰り

    マンション購入の適切なタイミングとは?与信の面から考えてみた。

    「のらえもんさん、私はいまマンションを買った方がいいと思いますか」とい…

  6. ケーススタディ集

    「転職しました。住宅ローンは通りますか?」:ケーススタディ集

    このケーススタディ集は、のらえもんに実際にあった相談を元に、情報をぼか…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

マンションコミュニティ総研の所長になりました

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP