住宅ローンや資金繰り

新築物件の住宅ローンは、提携ローンに申し込んでから自分で探すのがオススメ

読者からこんな相談メールが寄せられました。

Q:
のらえもんさんこんにちは。
(物件名)を先日契約する予定です。契約から引渡しは1年以上先となります。その際、ご自身で融資先を探される場合には自己資金と同じ扱いになるため、融資が出来ない場合、ローンキャンセルができないと説明がありました。提携ローンよりも条件の良い住宅ローンを契約できないものでしょうか。

(写真は題意と関係ありません)

A:
即入居ではない、引渡しが先になる新築マンションの青田買いの場合、契約前に住宅ローンの仮審査、そして売買契約後に住宅ローンの本審査が行われます。その際に、本審査に落ちてしまうと、いわゆる「ローン特約」が発動して手付け金を返してもらった上で無償キャンセルすることができます。

しかし、このローン特約ができるのはいわゆる「提携ローン」です。自分で探す、いわゆる「非提携ローン」を契約の段階で選ぶとなると、このローン特約が使えません。もし本審査が通らずキャンセルするなら手付け金をいただきます、と重要事項説明で言われます。読者様はこの重要事項説明を聞いて質問されたのだと思われます。

この答えとしては簡単です。「まず提携ローンで本審査後、契約してからゆっくり自分で条件のよい住宅ローンを探せばいい」です。

あまり知られていませんが、提携ローンで契約を受けても絶対にそのローンを使う必要はなく、チェンジすることができます。このチェンジの期限は営業に聞いて欲しいのですが、私が知る限り引渡し三週間前の事例を知っています。

たとえば、審査と実行でだいぶ期間に差があってこの間の金利上昇が心配であれば、申し込み時の金利で確定する「財形住宅融資」や、「申し込み時か実行時で有利な方を選べる特約がある銀行」、他には初期費用が安いタイプの住宅ローンなどと提携ローンの二股をかけておいて実行前にチェンジするか改めて検討すれば良いかと考えます。

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 住宅ローンや資金繰り

    【注意】住宅ローンの借り換えに際する注意事項

    マイナス金利の発表以降、「借り替えたい」という人がわんさか出てきました…

  2. 住宅ローンや資金繰り

    トランプ政権の口先介入で住宅ローン金利が上がってくる?

    就任後、トランプ政権が日本の為替政策を批判するニュースが連日流れていま…

  3. マンションブロガーが答える

    世帯年収1,500万円の方向け住宅購入戦略を真剣に考える(2019年現在ver)

    マンションブロガーのらえもんへの挑戦状がやってまいりました。の…

  4. 住宅ローンや資金繰り

    フラット35の金利・2014年5月実行金利もほぼ最安値の見込み

    しばらくウォッチを忘れていたフラット35の金利ですが、最近更に下がって…

  5. 購入検討初心者シリーズ

    マンション購入検討初心者シリーズ 間取り・その2

    前回エントリでも述べたように間取りは建物形状によって左右されます。実は…

  6. 不動産業界を外から見た

    超低金利下の住宅ローンという制度にはバグがある

    フラット35の不正利用のニュースが揺れています。住宅ローンはそもそも「…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP