ザ・タワー 横浜北仲

ザ・タワー 横浜北仲 モデルルーム訪問 その1(概要・周辺環境など)

東京23区物件でないにも関わらず、2017年度代表物件となりそうな勢いの「ザ・タワー 横浜北仲」。馬車道駅直結徒歩1分で横浜最大規模・最高高さということで、立地の希少性も相まって今後もなかなかお目にかかれない規模かもしれません。本日(11/25)より、第一期抽選登録開始ということで記事化します。販売戸数730戸は、過去の横浜物件はおろか、殆ど聞いたことのない規模ですね…。あのSKYZですら第一期はこれより少ない戸数でした。

横浜も広く捉えれば「湾岸」ということで、湾岸妖精が訪問するのはおかしくないですね。

横浜のタワーマンションというと「みなとみらい21」のタワーマンション群が有名ですが、こちらの地区の住宅開発はほぼ終わりました。これからこの横浜北仲エリアにタワーマンションが次々建つということで、こと住宅についての注目は馬車道駅エリアにあつまりつつあります。みなとみらいのタワマンは中古で見てもあれ?ここは都心かな?と思うような価格で取引されています。都心距離としては遠いのですが、横浜自体で一定の需要が立ちますし、山手の上あたりから移ってこられる方も多いんじゃないでしょうか。モデルルームにはそのような方々もちらほらいらっしゃいました。

↓これから北仲エリアに建つタワーマンションとの位置関係はこの図がわかりやすいです。馬車道駅からの動線と書かれたタワーが本物件の位置となります。

上2点の画像出典:北仲北地区エリアマネジメント協議会より

物件概要:

  • 物件名:ザ・タワー 横浜北仲
  • 地上地上58階建免震タワーマンション
  • 総戸数1176戸(事業協力者住戸50戸含む、他に宿泊施設・店舗・事務所等)
  • 馬車道駅よりエスカレーターで直結徒歩1分(!)
  • 46階~51階はホテル「オークウッド」が入居
  • 46階ホテルのロビー(展望フロア)を居住者専用エレベーターからアクセス可能
  • 1階にはスーパーが入居。足元には歴史的建造物として倉庫が復元し、商店街を形成

立地・周辺環境:

横浜以外の人が抱くイメージといえば、みなとみらいだと思うのですが、そこからほど近い、官公庁街やビジネスオフィスなどが並び、山下公園などもほど近い、まさに横浜中心街、そのど真ん中といっていいポジションにあります。

正直にいえば、従来あまり「住むところ」としての認識は薄い場所にあります。生活に必要なスーパーなどは周辺にありませんでした。その他生活に便利そうなものは外食くらいしかありませんが・・・ワールドポーターズやランドマークタワーのショッピングセンターを使えば、なんとかなりますかね。そのため、本物件の1階にはスーパーが入居する予定です。

また、周辺から飛びぬけて高い建物でもあります。横浜市の中では、ランドマークタワーの次に高い199.95m。目の前の横浜第二合同庁舎は近くから見ると相当巨大に見えますが、96mですのでこれの2倍のものが今から建つということになりますね。

上二点の画像出典:ザ・タワー 横浜北仲公式サイトより

そのため、プレミアムフロアの眺望はまさに横浜一望というところになります。しかし文字通り横浜の中心街のために、下~中層階は70m~百数十m先に大体何かしらのビルかもしくはこれから建つタワマン、横浜市新市庁舎があることになります。このあたりはお値段に反映されています。しかし、正直この立地なら100m先に前建てがあっても気にすることも無いかなぁと・・・

建物・内装:

40階建までのスタンダードフロアの階高3.25mと、タワマンとしては平凡なスペックで、天井高はフラットとはいえ2450mm(~40階まで)、玄関のあがり框すらなく、目印しかありません。タワマンなのになんでこんなに窮屈な設計のかなぁとも思ったのですが、ホテルのほうに階高を取られている?と思いました。(プレミアム・エグゼクティブフロアは2550mm、リビング一部が2730〜2750mm)

以下はスタンダードフロアの仕様ですが

  • 直接基礎の制震構造
  • 専有部に非常用コンセントとダウンライト整備(通常時は通電せず)
  • 天井高2450mm
  • 温水式床暖房
  • セントラル浄水システム付
  • シザーストーンのキッチンカウンター
  • タンクレストイレ
  • ディスポーザー
  • バルコニー奥行き1750mm

セントラル浄水システムにより、キッチンは浄水器をつけなくても最初から浄水状態だそうです。専有部の仕様は普通のタワーマンションとほぼ同等。部屋のスパン幅は、部屋数の多い南東・北西方向はあまり広くなく、南西・北東方向に多く割り当てられていました。

共用施設や価格についてはまた次回。

P.S.
次回までちょっと時間が空くかもしれませんので先に述べておくと平均坪360万円でみなとみらいのタワマンよりお安いです。立地や駅直結等考えれば、下層階の一部住戸、坪300くらいの部屋もあり、バーゲンプライス級かもしれません。

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. ザ・ガーデンズ東京王子

    ザ・ガーデンズ東京王子 モデルルーム訪問 その3

    ザ・ガーデンズ東京王子 モデルルーム訪問 その2の続きです。前回は共用…

  2. モデルルーム訪問

    ザ・湾岸タワーレックスガーデン GWの価格表

    湾岸タワーレックスガーデンに再訪問しました。画像の出典:湾…

  3. クレヴィア豊洲

    クレヴィア豊洲 モデルルーム訪問 その1

    久しぶりのモデルルーム訪問記です。最寄り駅は豊洲駅・住所は東雲なマンシ…

  4. パークタワー東雲

    パークタワー東雲 モデルルーム訪問 その2

    パークタワー東雲 モデルルーム訪問 その1の続きです。価格と共用施…

  5. モデルルーム訪問

    ザ湾岸タワー レックスガーデン訪問 その2

    価格・管理費:50後半~60㎡台2LDKが中心です。坪単価的に…

  6. パークホームズ豊洲 ザ レジデンス

    パークホームズ豊洲ザレジデンス 第一期販売の価格表

    パークホームズ豊洲ザレジデンス第一期販売が始まります。第一期はなんと3…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサード リンク

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

  1. パークハウス晴海クロノレジデンス

    晴海クロノレジデンスの維持費用について聞きました(修正版)
  2. ブランズ東雲

    ブランズ東雲が最終1戸(購入資金500万円キャンペーン?)
  3. モデルルーム訪問

    ブログ開設からの人気記事ランキング
  4. プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー

    プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー 第一期販売はじまる
  5. 東京BRT

    東京都が「都心と臨海副都心とを結ぶ中規模な公共交通機関の必要性」の策定を発表
PAGE TOP