中古マンションの買い方・売り方

フラット35Sの金利優遇幅が中古住宅に限り拡大?

ask.fmで教えていただいたのですが、日経新聞11/20付記事「省エネ中古住宅、金利を優遇 一億総活躍原案」に気になる記述がありました。

政府が今月下旬にまとめる一億総活躍に関する緊急対策の経済分野の原案が19日分かった。(中略)
個人消費や生産への波及効果が高い住宅購入を後押しする。住宅金融支援機構の長期固定型住宅ローン「フラット35」は現在、省エネ性能などが優れた住宅を対象に金利を一定期間0.6%引き下げている。来年度は中古住宅に限り最大1%程度に引き下げ幅を拡大する方向で関係省庁で調整を進める。

フラット35Sは、条件を満たす住宅への借り入れに対して5年もしくは10年間、0.6%引き下げる制度です。この金利の引き下げ原資は税金です。しかし、1億総活躍と中古住宅の活性化ってどういうロジックで結びつけるんでしょうね?さくっとググりましたが、よくわかりませんでした。

首相官邸・一億総活躍国民会議の資料から

1okusoukatsuyaku

上記資料の「中古・リフォーム市場」関連ということでしょうか?資料から受ける印象は、むしろホームインスペクションの気もしますけど。

もしフラット35の金利が今のような1.5%台のままとなると、とてつもなく有利な金融商品となります。ビンテージマンションと呼ばれる立地や建物に希少性があり、時代が下っても価値がさがらないマンションがますます有利になるでしょうね。

「中古住宅に限り」という一文には驚きました。日本は長らく新築住宅に優遇税制を取ってきましたが、経済波及効果のある新築よりも、国もストック効果のある中古にテコ入れを始めたのかもしれませんね。

このところ一服感のある中古マンション市場ですが、またひとつ燃料が投下された感があります。来年に向けてこのあたり、注視して研究することとします。審査の有効期間は2年なので、今のうちに審査を受けておくのもありです。

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 新交通など

    「今後の都市鉄道のあり方」審議はほぼ終了?そろそろ次期答申発表へ

    国土交通省・交通政策審議会が更新されて、「東京圏における今後の都市鉄道…

  2. 中古マンションの買い方・売り方

    湾岸中古タワーマンションの指値幅目安

    湾岸にタワーマンションが立ち並び、それなりに築年数が経ってきました。在…

  3. 小ネタ

    有明体操競技場常設化に伴う東京都の戦略変化

    前回エントリにて述べた「有明体操競技場の常設化」は、東京都の臨海部開発…

  4. 湾岸ニュース

    東京都中央区で住宅の緩和制度廃止。中央区のマンションは上がる?

    質問箱に以下の依頼がきました。中央区でこれまで行ってきた容積率緩和…

  5. 有明

    東京オリンピックの有明地区競技場建設計画に一部変化

    先週末あたりから、東京オリンピックの競技場関連のニュースが続いています…

  6. 湾岸ニュース

    万葉倶楽部が自社Webページにて豊洲市場隣「千客万来施設」の概要を発表

    キタ━━━(゚∀゚)━━━!!いや、驚きました。小池都知事が豊洲市…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP