湾岸ニュース

墨田川流域河川整備計画原案が公表される

東京に限らず、日本の河川行政というのは治水視点が最重要視でした。これは川が氾濫したり、高潮が来たり、津波が発生して川から溢れ出すと流域に大変な被害を与えるからです。東京都はご承知の通り明治から高度成長期にかけて、地下水のくみ上げにより地盤沈下が発生し、干潮以下の地盤面しかない地域もあるからです。

sumidagawa01

被害の拡大を防ぐためには、コンクリートで守られた高い堤防しかありません。しかし暮らしを守るための堤防は、いつしか川のある暮らしから川を意識から遠ざけるとともに、地域の断絶を産みました。同時に、陸送に比べて圧倒的に燃料効率の良い水運の衰退も避けられませんでした。これには水質悪化も関係しています。

sumidagawa02

今回、東京都建設局が発表した整備計画原案では、水質が改善され、スーパー堤防などの建設により安全に水辺に近づける整備が進んでいるとの認識のもとに、一歩前に進めて、生き物の生息に配慮した整備や、水上バスや屋形船の運行、レガッタ大会、オープンカフェへの活用などの利用を更に促進することとなっています。

具体的には「にぎわい誘導エリア」を設定して、ここに川と街の結びつきを強化する結節点としています。

sumidagawa03

湾岸エリア近辺ではそのポイントは築地と佃・越中島となります。特に築地は1年後に迫った豊洲市場移転が控えていますから、この河川計画の変更は重要なポイントとなりそうです。築地を起点にした浅草・秋葉原・晴海・羽田空港などの水上バスなども考えられるからです。

また、豊洲の東電掘(BAYZと昭和大学豊洲病院の間)のあたりで、水辺カフェや水陸両用バスの運行などの誘致を江東区が進めているときいたこともあり、河川のにぎわい・交通利用の両側面からの活用は、湾岸生活者にとっても将来期待できそうなポイントです。

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 湾岸ニュース

    湾岸タワーマンションにおける民泊解禁について、ついに落としどころが出る

    規制改革会議が5月19日に出した第4次答申が発表されました。htt…

  2. 湾岸ニュース

    新豊洲のエンタメ&イベントスペース化がどんどん進む

    新豊洲(豊洲埠頭)はいま、11月7日オープンに向けてちゃくちゃくと工事…

  3. 新交通など

    「羽田空港とりんかい線、東京・新宿の接続を検討」の続報

    6月26日のエントリ”「羽田空港とりんかい線の接続も検討」との報道”の…

  4. 湾岸ニュース

    東京湾大華火祭は2015年が最後かも

    東京都湾岸地域の夏の風物詩、「東京湾大華火祭」ですが、2015年が最後…

  5. 湾岸ニュース

    有明~豊洲6丁目の「道路補助第315号線」全線が3/2から開通

    有明-豊洲6丁目間の第三の橋「富士見橋」はだいぶ前からかかっていました…

  6. 中古タワーマンション探訪

    湾岸地域一部の地価に変調あり〜地価LOOKレポート平成28年第2四半期より

    8/26に国土交通省より平成28年第2四半期地価LOOKレポートが発表…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP