住宅ローンや資金繰り

フラット35の金利がまた低下傾向に~2015年11月

「最近フラット35の金利情報がありませんね」と読者様からお叱りを受けてしまいました。2015年11月の金利は1.550%です。今から申し込んでも11月の金利は間に合わず、12月の実行になるとは思いますが、日本国債10年利回りが0.3%に限りなく近づいてますのでほぼ変わらずの金利かと思われます(最近10年国債と機構債のスプレッド、利率の差がほんのわずかですが以前より開いてると思われます。)

2015年11月の金利ですが:

20年以下:1.280%
21年以上35年以下:1.550%

となりました。うーむ、この1年は変動がありながらも下限値に張り付き、という感じです。2年前から比べると、民間住宅ローンの金利は下がったとはいえ、変動幅はわずかですので商品力は相当高いと思います。

フラット35・借入金利の推移グラフ

flat35201511

一応の指摘ですが、フラット35は団体信用保険が付いていません。だいたい0.3%の金利上乗せで保険に入ることができます。FPさんの中には、この団体信用保険が割高であるとして、「収入保障保険」を薦められる方がいらっしゃいます。35年間の総コスト差は15%くらいになります。

両者の考え方の違いですが、

団体信用保険:残債一括返済
収入保障保険:残りローン返済期間分の定額の収入保障

となります。私はもしもの時に残された家族の選択肢を考えれば、残債一括返済の方が優れていると考えます。収入保障保険では残債割れした物件を容易に売却できなくなるからです。私は、少しのコスト差をケチって家族の選択肢を狭めたくありません。

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 住宅ローンや資金繰り

    2015年8月のフラット35金利と「買い増し」

    2015年8月のフラット35金利が出ました。最低金利は先月より0.03…

  2. 住宅ローンや資金繰り

    住宅ローンの金利が若干上がる。8月が底だった?

    長期金利が若干上昇したことを受けて、2016年9月は先月に比べて若干の…

  3. 住宅ローンや資金繰り

    安易に繰上返済を勧めるFPさんには気を付けた方が良い(追記有)

    ファイナンシャルプランナー(FP)は顧客のライフプランに即した資金計画…

  4. 住宅ローンや資金繰り

    2016年7月の住宅ローン相場

    日本国際10年利回りが−0.2%を大きく下回ってももう誰も驚かなくなっ…

  5. 住宅ローンや資金繰り

    のらえもんは変動⇒固定10年に切り替えます

    注:このエントリは1月に書いたのですが、なぜか公開処理がされていません…

  6. 住宅ローンや資金繰り

    2015年2月にフラット35で借りる人は間違いなく勝ち組の模様

    なんか毎月、「フラット35が過去最強!」みたいなエントリばかりですいま…

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 保険会社勤務
    • 2015年 11月 23日

    間違っていると思います。
    収入保障の保険金額は年金原価が債務を上回るように設定するのが一般的です。

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP