住宅ローンや資金繰り

フラット35Sの金利引き下げ幅が0.6%に拡大!

「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」及び平成27年1月9日に閣議決定された平成26年度補正予算案に、フラット35Sの金利幅の拡大が盛り込まれています。1/9付から実行というわけでなく、実行日は補正予算成立後に発表される予定です。

300201910

ということで、今月の最低金利1.47%なら、5年間・長期優良住宅等なら10年間「0.87%」が確定します!もはや、金利機能がぶっ壊れてるんじゃないかと思いますが、こうまでして新築住宅を売らないといけないですかね。

ちなみに、フラット35Sは中古住宅でも利用することは可能です。残念ながら借り換えの人には関係ありません。

当ブログの属性優良な方々(笑)にはあまり関係ないかもしれませんが、今回の決定はもう一つありまして、9割超融資の場合の金利上乗せ幅も縮小されます。頭金を10%詰まなくてもフルレバレッジながら金利1%台35年間借りることが可能な時代が到来しました。こちらの縮小幅についてはまだ発表されていません。

フラット35は、転職して1年位の人でも審査が通ったり、銀行の住宅ローンとは別枠として審査されるという特殊な住宅ローンですのでサラリーマンだけでなく、より広い人がお世話になることが可能な住宅ローンです。

物件名をあげてあえてぶっちゃけた話しますけど、SKYZあたり長期優良住宅認定の3月入居物件だと、2月が金消会ですかね?1ヶ月くらいの余裕があるなら、営業さんに言われるがままの変動住宅ローンで組む予定の方も、ギリギリの今ならまだ変更間に合う気もいたしますが・・・お国の補助金ブーストが効きすぎて変動金利とここまで差がないと変動で組む必要ってあんまりないんじゃないかな、と。もちろん、フラット35は団信別なんで純粋比較できませんけどね。

 

 

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 小ネタ

    住宅ローン減税の延長拡充に関する報道

    通常なら、12月中旬ごろにまとまる来年度の税制改正大綱がまだ発表されて…

  2. 住宅ローンや資金繰り

    住宅ローン減税が40平米以上に対象拡大?また控除額も見直し?その影響とは

    日経新聞にこのような記事が出ていました。のらえもんは40平米への拡大は…

  3. 損が少ないマンション購入

    10年国債利回りが低下中。住宅ローンは更に下がる?

    私がマンションを購入した頃は、いい条件で変動金利優遇込み0.875%、…

  4. 損が少ないマンション購入

    SUUMOの巻末ガイドを見落とすな

    駅やコンビニに置いてあるリクルート社発行のSUUMOを読んだことありま…

  5. 損が少ないマンション購入

    Homes家賃相場から相場とマンションPERを計る

    新築マンションでも中古マンションでも、一軒家よりマンションを選ぶ利点の…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

マンションコミュニティ総研の所長になりました

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP