住宅ローンや資金繰り

2017年8月の住宅ローン金利

久しぶりの住宅ローン金利エントリです。まずは毎月変わるフラット35から。

グラフはまだ7月のものですが、既に8月の金利は出ています。返済期間35年で融資率9割以下の場合、1.12%。7月に比べて0.02%の上昇となりました。昨年の12月からほぼボックスの相場となっていて、35年長期固定としては破格の金利と言えると思います。

フラット35は団体信用生命保険が付いていないことから、主に下記3の方にオススメです。

  1. 自営業など、銀行の住宅ローンを借りにくい方
  2. 既に自宅を持っていて、保有したまま2軒目のローンをお考えの方
  3. 返済比率が銀行ローンに比べてゆるいことから、これから年収の大幅アップが見込めるのだが、提出する前年度書類の年収があまり高くない方

です。これ以外の大企業サラリーマンで1軒目の住宅ローンは素直に銀行ローンを借りたほうがお得でしょう。

(しかし、ARUHIさんいつのまにかWebかつ新規申し込みは融資手数料を1.0%と半額にしたのですね。思い切ったディスカウントしてきました。)

銀行の住宅ローンですけど、既に何度も書いたかもしれませんが、「変動」か「10年」か「それ以上」かに別れると思います。ネット系の方が安いのですが、金利は安いものの初期費用が高いので借り換えにはあまり向いていません。変動金利について考えるなら、ネット系最安と信託系最安でだいたい0.3%/年くらいの金利差がありますからだいたい費用負けしなくなるのは5年くらい経った後からでしょうか。ネット系でも楽天銀行は若干融資手数料がやすいですね。超長期で見ると、やはり金利差で逆転されてしまいますが。

10年だと三菱UFJ信託銀行がネット系すら凌駕する0.61%という金利を提示していました。ただしこれは11年めから金利が跳ね上がるプランなので手持ち資金が潤沢もしくは11年目で借り換え狙いの人向けですね。

長期固定となると三井住友信託銀行が30年で1.1%団信付きというプランがありまして、これがなかなかバランス良いのではないかと考えますね。

8月に家選びをする人は若干少ない(ゆえにローンを組む人も少ない)とは思うのですが、住宅ローンは数ヶ月ウォッチしてないと僕でも結構浦島太郎状態になっていたので、もう少し気をつけます。

 

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 住宅ローンや資金繰り

    これは少し流れが変わるかもしれない。フラット35のリフォーム一体型

    築40年超マンションのリノベーションってどうだろう?で築古住戸への資産…

  2. 住宅ローンや資金繰り

    2015年6月の住宅ローン金利は若干値上がり傾向

    住宅ローン金利を取り上げるのをしばらく忘れてました。2015年6月の数…

  3. 住宅ローンや資金繰り

    住宅ローン金利・過去最安を更新!

    幸いなるかな 住宅ローンを今月組む人 かれらはお宝金利を手にするであろ…

  4. ウィズコロナ時代の住宅ローンアドバイス

    住まいスタジアム

    ウィズコロナ時代に突入して、住宅購入予算の考え方が若干変化してきている

    資産価値重視のお住まい探しと資金面をサポートするサービス「住まいスタジ…

  5. 中古マンションの買い方・売り方

    フラット35の金利が過去最低を更新!

    日銀のマイナス金利政策の威力はすさまじく、国債10年ものまでマイナスに…

  6. 住宅ローンや資金繰り

    住宅ローンの金利がじりじりあがりつつある?

    日銀が9月に導入した「イールドカーブ・コントロール」後、ちょっとずつで…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

マンションコミュニティ総研の所長になりました

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP