損が少ないマンション購入

免震タワーマンションは内法面積が比較的広く取れて少しオトク

マンション販売の表記は壁芯面積ですが、実際に住んだ時に使えるのは実質面積は「内法面積」ですが、実際に購入するまで、定義を知らない方も多いと思います。壁心・内法の違いはここを見てください

さて、実効面積率=(内法面積/壁芯面積)×100%と定義した場合、計算してみるとH社施工のマンションや、耐震タワーマンションは実効面積率が低く、免震マンションは高くなる傾向があります。図面で例を挙げてみましょう。

とあるH社施工・70㎡マンションの間取り図
↓クリックすると大きくなります

SKYZ(免震タワーマンション)・70㎡間取り図
↓クリックすると大きくなります

販売時に使われる壁芯面積は、文字通り「壁の中心から計った面積」のため、壁が厚いほど実効面積的には不利になります。
15階程度までのマンションは、隣との戸境壁をコンクリートで造ります(これを湿式壁といいます)。タワーマンションは壁までコンクリートにすると重量を軽減できないため防音効果を高めた石膏ボードと吸音材で作る壁(乾式壁といいいます)で間仕切りします。

コンクリート製の壁は180〜200mmが多く、乾式壁の場合136-150mmとなっています。

多くのマンションを手がけているH社施工のマンションの場合、このコンクリート壁から鉄骨または木軸を組み、石膏ボードを貼付ける工法が取られているため、さらに+100mmほど壁が厚くなります。

壁芯面積分のロス計算(↓クリックすると大きくなります)

計算してみると、H社施工の場合、住戸を囲む壁が25mあると5平米分損します。
一方、免震タワーマンションの場合、壁による損失は壁長さが25mですと1.7平米のロスで済む事になります。ちょうど1坪程度違うことになりますね。

二重壁にすることのメリットとして、「壁にビス打できる、壁面コンクリートの収縮を多少無視できる」というメリットがありますが、面積ロスを考えれば釣り合うとは思えません。私は、この工法はあまり好きではありません。コンクリート壁を平滑面に仕上げずに済むという大量生産に適した業者側メリットしかないと考えます。

一方、耐震タワーマンションが免震に比べて実効面積が劣る理由は別にあります。

耐震構造を取ると、柱断面を大きくしなければならず(上に乗るものが重いため、より太く強く作らなければならない)、柱本数も多くなるため部屋の真ん中に柱があることも珍しくありません。この点で柱が細く、少なくて済む免震より実効面積率が不利になりがりです。具体例を上げると、、、ちと生なましいので、ご興味ある方は検索してみてください。

震災後のタワーマンションのトレンドは制震or免震になりました。特に免震構造を取ると、同じ平米数でも多少広く使える間取りになる確率が高まります。

70平米程度の部屋で、内法面積が5平米以上違うと、「あれ?おかしいな?思ったより狭い」と感じるかもしれません。
この辺はよくシミュレーションをされることをおすすめいたします。

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 損が少ないマンション購入

    「スマートハウジング 豊洲まちなみ公園」が4/27オープン

    豊洲がすてなーに横に建設中の住宅展示場ですが、先日横を通ったところ大分…

  2. 損が少ないマンション購入

    フラット35の金利がまたヤバい!25年12月は過去最安値!

    昨今の国債金利低下が落ち着いた事もあり、フラット35の金利が25年4月…

  3. 損が少ないマンション購入

    タワーマンションの南向き住戸について

    のらえもんブログをはじめてから、初めて一週間近く更新できませんでした。…

  4. 損が少ないマンション購入

    新築優位の時代が終わり、中古優位の時代が始まる

    少し煽りめのタイトルですが、のらえもん最近本気で思ってます。理由は…

  5. 損が少ないマンション購入

    費用対効果が一番高いリフォームは壁紙張替えです

    築数年のマンションを買わない限り、中古マンションを購入した後にはな…

  6. 損が少ないマンション購入

    REINSで有明の中古マンション成約情報を抽出してみる

    不動産流通機構のREINSでは、マンションや土地の成約情報を検索するこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP