小ネタ

今年の夏もそろそろ終わり。売り手にとって不動産売買って夏は不利?

暑い夏もそろそろ終わり、夜になると過ごしやすい季節になってきました。
ウチのマンションの前には毎週末ごとにオープンルームの看板が立っていたのですが、今年の7・8月はほとんど見ることがありませんでした。夏は不動産売買に向いていないのでしょうか?


画像出典:flickr.com / ssakai777

SUUMOの不動産売却Q&Aを見ると答えが書いていました。
Q:不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?

不動産屋によって回答はまちまちです。総合してみると・・・

一年中動いていますよ!
↑ ってのはなんとなくポジショントークかと考えます。
(だって、夏は売れないから相談するのやーめた、となると不動産屋は儲かりませんからね)
2・3月、GW、9・10月あたりが活発化します
↑ こちらが正解っぽいです、ウチのマンション前のオープンルーム看板を見ると納得できます。

秋の連休は来週ですし、そろそろ売り物件の成約が増えてくるかもしれませんね。
そういえば、新築マンションのモデルルームも1~2週間程度長めのお盆休みを取ります。8月お盆時期に取引が活発なら休むなんてありえませんから、お盆は売れないのでしょう。

もちろん、物件を売ろうと思ってもその次の日に広告載せる、なんてことはほぼ無いので、何社かの査定も含めて相談→売り出しまで一ヶ月はみといたほうがいいでしょう。

ところで少し話は変わりますが、電柱に不動産広告ってよく見ますよね。。。
昨日、豊洲ららぽーと前の電柱に、”パークシティ豊洲5480万円”って広告が何箇所も張られていました。(写真も撮ったけどさすがにアップロードは控えます)電話番号も090から始まる番号、怪しいですね。
釣り広告なのか本当の広告かわかりませんがこういう広告は、売りが出たマンション全体の利益にもなりません。ましてや、数千万円もする物件を電柱広告を見て電話って・・・ウチのマンション前でやってたら間違いなく通報しますよ。
売主手数料ゼロとかに引っかかり信頼できる仲介屋さんに頼まないととんでもないことになる一例かもしれません。

P.S.
書いてからふとおもったのですが、電柱広告をするのは自分で売主を探さない、一般仲介専門の業者かもしれません。

 

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 小ネタ

    中央区BRT/LRT計画・「基幹的交通システム部会」第三回議事録をよむ

    25年1月22日に行われた基幹的交通システム部会第三回の資料と議事録が…

  2. 小ネタ

    座談会第三回公開のお知らせと住友タワマンの間取り

    マンションコミュニティ第三回の前後編が公開されています。第3回…

  3. 中古マンションの買い方・売り方

    【小ネタ】不動産テックって難しいですね、というお話

    いやぁ、8月はネタがないですね(時候の挨拶)。せっかくなので、…

  4. 小ネタ

    HOME’S新築分譲マンションで360度パノラマ画像が見えることに

    新築マンションのモデルルームは実際には写真撮影原則禁止だったりします。…

  5. 小ネタ

    豊洲地図さんにインタビューされました

    Twitter上のみの設定でしたが、インタビューにあたってプロフィール…

  6. 小ネタ

    豊洲新市場の移転が延期される。周辺資産価値への影響は?

    小池都知事によって築地から豊洲新市場の移転が延期となりました。報道では…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

マンションコミュニティ総研の所長になりました

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP