小ネタ

さくら事務所長島社長が予想する今後の不動産価格

さくら事務所は、新築内覧同行・中古住宅診断などを手がける設計事務所ですが、
社長の長島さんは、個人のホームページで日本の不動産についていろいろ語っておられます。

2012衆院選で自民党が圧勝しましたが、仮にインフレをターゲットにした政策が発動され、2%程度のインフレターゲットの実現に成功した場合、どのようになるのでしょうか。

私は経済の専門家ではないので、手法の是非や実現の可能性についてここでは書きませんが
長島さんの予想を見てなるほどな、と思いました。

そんなに長くはないので、こちらでお読みください。
財政政策と金融緩和で円安・株高。自公圧勝でで不動産はどうなる?

まとめますと

  • 不動産はインフレに強い
  • しかしそれ以上に住宅全体の下落圧力が強い
  • なぜなら人口/世帯数の縮小は決定しており、住宅あまりが起こる
  • 賃金上昇を伴わない金利上昇局面だと、むしろ住宅価格が下落する

結局、上昇する可能性のある物件は以下の通り

  • 都心5区のうち、駅近の優良立地などに建つマンション
  • タワーマンションのうち地域のランドマークになる物件
  • 高級住宅地

そもそもこうした物件は現状で庶民の手が届くような物件ではないので
なかなか住宅の上昇局面に庶民の恩恵があることを期待するのは厳しいかもしれませんね。

物価目標が2%を大きく超えることを予想するなら、今のうちに固定金利で不動産を購入することも考えられますが・・・。20年2%以下で借りられるのならそれも一考でしょう。

今後の都心マンションの価格見通しに関してはTwitter上で坂根康裕さんがすばらしいつぶやきをされていたので、明日はそちらを取り上げます

↓Twitter上で、感性にビビッときた物件やこれはお得だ!と思った物件を紹介する #のら得物件 つぶやきのまとめページ作りました!

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 小ネタ

    【週末特集】これからリセールバリューは低下していく

    更新が最近滞ってましてすいません、のらえもんとある事情がありまして、ブ…

  2. 小ネタ

    マンションコミュニティ座談会番外編「私のお気に入りマンション」

    マンションコミュニティ座談会・第二回目の収録が今月初旬に行われました。…

  3. 小ネタ

    湾岸タワーマンション・ボジョレーヌーボー的評価一覧

    ask.fmにてこんな質問されたので、シェアします。ボジョレーヌー…

  4. 小ネタ

    東京カンテイさんのツイートから湾岸の購入者属性を学ぶ

    東京カンテイさんが公開している各種データを見たことが、私がこのブログを…

  5. 小ネタ

    東京の地盤資料を「東京都土木技術支援・人材育成センター」が公開中

    湾岸マンションは、70m超の杭基礎を持つマンションから、直接基礎のマン…

  6. 小ネタ

    住宅ローン減税の延長拡充に関する報道

    通常なら、12月中旬ごろにまとまる来年度の税制改正大綱がまだ発表されて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP