東京BRT

都心と臨海地域とを結ぶBRTの名称は「東京BRT/TOKYO BRT」に決定!

無難に落ち着くところにたどり着いたといいますか。正式名称が「東京BRT」、英語表記で「TOKYO BRT」になりました。東京のBRTって他は考えられないのかな・・・?この臨海地域〜新橋・虎ノ門だけでなく、銀座・東京八重洲口行きも構想としてはあるはずですが、これも同じブランディングになるのでしょうね。

都心と臨海地域とを結ぶBRTの名称の決定とデザイン案への意見募集について
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/11/08/02.html

また、11/4に暫定開通となった環状2号線も自転車で走ってみました。
残念ながらスマホを忘れていたので写真は無しですが、信号が無いだけでこんなに快適になるとは・・!心理的にも相当築地が近くなった気がします。勝どきのあたりは防音壁で覆われてその上にはタワーマンションがそびえ立つなど近未来的な情景となっていました。ただし、築地に入ると、急にバタついた感じになります。これは後4年後の正式開通を待つしかありません。

↓こちらは、10/27に築地側からまだ閉鎖されていた暫定道路を見たときの感想

BRTもここがボトルネックになって、本領発揮はもうちょっと先ですね。

そして、BRTのデザイン募集が同時にされています。東京都のホームページからA・B・C案に投票できます。

デザイン案として無難な、B案。
江戸紫をイメージした、C案。
虹色や驚きがテーマの、A案。

という感じでしょうか。正直A案は、臨海副都心構想が「レインボータウン」の公式愛称だった頃(そして誰も使ってなかった上に、石原さんが半ば無視して”お台場”になった)だったら正式採用されていたんでしょうけど、結構攻めたデザインですよね。僕は好きなんですけど、採用はされないんじゃないかな。

東京オリンピックまであと619日。まだまだ、臨海部は変わります。もうちょっとこのブログも続きます。

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 新交通など

    “東京圏の新しい鉄道整備基本計画”に向けた中間整理が公表される

    このブログでも何回か触れていますが、2015年は勝負の年!何の勝負かと…

  2. 新交通など

    超速報:東京都が国に次期答申へ都心-臨海部新線を提案

    キタ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━!!舛添知事が…

  3. 新交通など

    湾岸エリアの交通インフラ整備計画について(追記有)

    のらえもんブログでもたびたび紹介している湾岸地域の各種インフラ計画。…

  4. 有明

    東京都が臨海部を「臨海スポーツゾーン」として整備することを発表

    東京都オリンピック・パラリンピック事務局が4/19に「新規恒久施設の施…

  5. 東京BRT

    都心-臨海副都心BRTの車庫は有明南に

    東京都港湾局の「臨海副都心における土地利用等の一部見直し」について、ひ…

  6. 東京BRT

    都心-臨海副都心BRTについての現時点情報まとめ

    東京都の発表から約1週間が経ち、私の元にもいろいろ情報が集まってきまし…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP