東京BRT

都心と臨海地域とを結ぶBRTの名称は「東京BRT/TOKYO BRT」に決定!

無難に落ち着くところにたどり着いたといいますか。正式名称が「東京BRT」、英語表記で「TOKYO BRT」になりました。東京のBRTって他は考えられないのかな・・・?この臨海地域〜新橋・虎ノ門だけでなく、銀座・東京八重洲口行きも構想としてはあるはずですが、これも同じブランディングになるのでしょうね。

都心と臨海地域とを結ぶBRTの名称の決定とデザイン案への意見募集について
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/11/08/02.html

また、11/4に暫定開通となった環状2号線も自転車で走ってみました。
残念ながらスマホを忘れていたので写真は無しですが、信号が無いだけでこんなに快適になるとは・・!心理的にも相当築地が近くなった気がします。勝どきのあたりは防音壁で覆われてその上にはタワーマンションがそびえ立つなど近未来的な情景となっていました。ただし、築地に入ると、急にバタついた感じになります。これは後4年後の正式開通を待つしかありません。

↓こちらは、10/27に築地側からまだ閉鎖されていた暫定道路を見たときの感想

BRTもここがボトルネックになって、本領発揮はもうちょっと先ですね。

そして、BRTのデザイン募集が同時にされています。東京都のホームページからA・B・C案に投票できます。

デザイン案として無難な、B案。
江戸紫をイメージした、C案。
虹色や驚きがテーマの、A案。

という感じでしょうか。正直A案は、臨海副都心構想が「レインボータウン」の公式愛称だった頃(そして誰も使ってなかった上に、石原さんが半ば無視して”お台場”になった)だったら正式採用されていたんでしょうけど、結構攻めたデザインですよね。僕は好きなんですけど、採用はされないんじゃないかな。

東京オリンピックまであと619日。まだまだ、臨海部は変わります。もうちょっとこのブログも続きます。

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 新交通など

    都心-臨海副都心BRTの中間整理報告が発表される

    半年ほど音沙汰がなかったBRTの中間整理報告資料が東京都から発表されま…

  2. 東京BRT

    都心-臨海副都心BRTの車庫は有明南に

    東京都港湾局の「臨海副都心における土地利用等の一部見直し」について、ひ…

  3. 東京BRT

    BRT基本計画が発表される(豊洲延伸・東京駅や東京テレポートの停留所場所記載など)

    なかなか発表されなかった「都心と臨海副都心とを結ぶBRTに関する基本計…

  4. 東京BRT

    中央区BRTについてのアレコレ

    平成25年10月〜12月の中央区議会議事録が公開されました。議…

  5. 東京BRT

    「都心と臨海副都心とを結ぶBRTに関する事業計画」が公開

    都心-臨海副都心BRT事業計画が策定されました。事業者である京成バスと…

  6. 東京BRT

    勝どき〜虎ノ門間が7分?東京BRTのデザインが発表!

    東京オリンピックの準備が着々と進む東京臨海部。ここと都心を結ぶ東京BR…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP