小ネタ

住宅ローン減税の延長拡充に関する報道

通常なら、12月中旬ごろにまとまる来年度の税制改正大綱がまだ発表されていません。
今年入居なら300万円、来年は10年間200万円の税額控除が受けられる住宅ローン減税ですが、このまま発表が無ければ、打ち切られてしまいます。

一部報道では、国交省が住宅ローン年末残高の2%相当額、【最大10年1000万円】の税額控除が検討中とありまして、密かに期待しておりました。

本日の新聞を見ると、【10年1000万円】はどこかに消えて、14年度以降の減税幅は300〜500万円規模となる模様です。


画像出典:中国新聞社サイトより

このニュース、新聞社のサイトを見ていると自民党と財務省の鞘当てがわかります。

中国新聞:上限引き上げと住宅エコポイントのようなポイント給付を復活

読売新聞:上限300〜500万円へ引き上げと給付金支給制度の創設を検討

自民党は、中堅所得者への住宅取得時に給付金を支給したい考えのようです。これに財務省が反発、ポイント給付で十分と主張しているようです。僕としては、ポイントとか現金給付はいらんのでさくっと最大1000万円に拡充してくれた方がうれしいんですが。それなら喜んで買い替えますから。

ただ、給付でなく税額控除ですとある程度の所得がないと恩恵に預かれませんから(そもそも恩恵にあずかるような所得が無いと住宅ローン組めないと思うのですが…)、ポイントとか給付金にも一定の説得力はあります。

なんにせよ2013年度入居は、「税制上の谷」になりそうです。

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 損が少ないマンション購入

    都市未来総合研究所「不動産マーケットレポート 2014年1,2月号」を読む

    みずほ系の不動産シンクタンク「都市未来総合研究所」が、建築費の上昇に関…

  2. 損が少ないマンション購入

    秋の三連休突入!初めてモデルルームを見学する方にアドバイス

    10/6-8は秋の三連休ということで、マンションのモデルルームを回る絶…

  3. 損が少ないマンション購入

    住まい選びは最終的にパッションである

    HOMES PRESSの東京カンテイ中山さんのエントリ「マンションを選…

  4. 損が少ないマンション購入

    分譲マンション賃料推移2012版が発表されました

    東京カンテイさんが毎月発表されている、分譲マンション賃料推移の2012…

  5. 損が少ないマンション購入

    みなさまからのご質問にお答えします

    こんにちは、のらえもんです。多数の相談メールありがとうございます。…

  6. 住宅ローンや資金繰り

    これは少し流れが変わるかもしれない。フラット35のリフォーム一体型

    築40年超マンションのリノベーションってどうだろう?で築古住戸への資産…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP