ケーススタディ集

「10年以内の売却でもフラット35を選びますか?」:ケーススタディー集

このケーススタディ集は、のらえもんに実際にあった相談を元に、情報をぼかした上で、私がどう答えるかをシミュレーションしたものです。
ゆえに、実際の回答メールとは若干異なりますが、要旨はかわりません。

「新築マンションを購入しました。10年で売却する予定ですが、それでもフラット35を選びますか?」

cb09302166c969b3175de3e19475684b_s

Q:
のらえもん様

Kと申します。
はじめまして、いつもブログを拝見させていただいております
(略)
住宅ローンの件で、ご意見頂戴できれば幸いです。
のらえもん様はブログ内で現状であればフラット35が良いと記載されておりましたが、
10年で売却する予定でもフラット35を選びますか?
(以下略)


noraemon

A:
いつもお世話になっております、のらえもんです。

その条件であれば、私はフラット35を選びません。

固定金利期間というのは将来の金利上昇に対する保険とお考えください。
現在は金利が低いため、これ以下の金利はあったとしてもわずかであり、いずれは上昇すると考えてよいかと思います。

そのような現状認識の中で、10年後売却でフラット35、つまり35年間の固定金利を選ぶとなると、残りの25年間は無駄な保険料を払うことになります。ということで私なら「10年固定」もしくは「変動金利」のどちらかを選ぶでしょう。当初期間の引き下げ幅が大きい場合は、「2年 or 5年の固定」という選択肢もありえます。

もっといってしまえば

保証料を最初にアドオンする住宅ローンも、10年程度の将来転売を考えると不利となります(フラット35は保証料不要ですが)。

よって、手数料・保証料を取らないローンを自分で探すでしょうね。新築もしくは中古の仲介の提携ローンは表面金利上は有利なことが多いですが、手数料・保証料まで考慮に入れるとそれほど有利でもないというのが私の印象です。

 

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. ケーススタディ集

    【ケーススタディー集】予算5000万円でおすすめの新築マンションを教えてください

    のらえもん宛に実際に来た相談・質問に対して、個人的な返信後、あらためて…

  2. ケーススタディ集

    【ケーススタディー集】予算5000万円で買える23区中古マンションを教えてください

    のらえもん宛に実際に来た相談・質問に対して、個人的な返信後、あらためて…

  3. ケーススタディ集

    【ケーススタディー集】1年間の賃貸と同程度のコストで中古物件の購入・売却はできますか

    のらえもん宛に実際に来た相談・質問に対して、個人的な返信後、あらためて…

  4. ケーススタディ集

    小田原から東京都内へ新幹線通勤はおすすめ?可能性について考えてみた話

    1週間ほどブログにログインできない状態が続きました。更新が滞りがちです…

  5. ケーススタディ集

    コロナで湾岸タワマンの価格は今後どうなるか?リーマンショック時のマンション価格から未来予測

    まだ結論付けるのは早いでしょうけど、新コロナの経済的な影響については、…

  6. ケーススタディ集

    【ケーススタディー集】5千万と4千万の借入はどちらがお得でしょうか?

    のらえもん宛に実際に来た相談・質問に対して、ブログ上でお答えする、ケー…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

マンションコミュニティ総研の所長になりました

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP