読んだ本とか

【書評】リフォームコスト削減ノウハウ虎の穴

のらえもん、自宅の一部部屋に不満があり、リフォームをしようと思ったのですが、1:自分で仕様を決めて安く済ませるか、2:リノベ的デザイナーを雇ってかっこよく仕上げるか、ちょっと迷ってました。
余計なお金かけたくないし、当然1なんですけどね。。。んで、どうやったら安く済むのか見当が付きませんでしたので、以下の本を買いました。

不動産投資・賃貸経営で利益を残す!  リフォームコスト削減ノウハウ虎の穴 (単行本) 不動産投資・賃貸経営で利益を残す! リフォームコスト削減ノウハウ虎の穴 (単行本)
小林大祐筑摩書房
売り上げランキング : 6373Amazonで詳しく見る

「不動産投資・賃貸経営で利益を残す!」とタイトルが付いていますが、賃貸経営向けも自宅向けも安く済ませるリフォームの勘所は変わらないはず。本書はご自身のセミナーをそのまま口述筆記したのかな?と思うくらい冗長ですが、斜め読みすればいいので1時間ほどで読めます。なかなか勉強になりました。

この本の本質は、不動産業界は知っている人が知らない人をカモる。だから自分で勉強しよう!ということです。満室になっても修繕費用がかさんでトータル赤字な大家がものすごい多いとか。業者の利益と大家の利益は利益相反関係にありますから、無知なままカモられれば黒字にすることはできませんね。○東け(以下省略されました)のお話とか、生々しくて・・・

さて、本書のリフォームコスト削減ノウハウをすべて書くことはできませんが、触りだけ書くと

  1. 自分でリフォーム概略図面を書けるところまで勉強する
  2. リフォームの中身は、ホームセンターのDIYコーナーで学べる
  3. リフォーム代は、発注した会社の外注・自前比率によって変わる。なるべく手広く手掛けているところに頼むべき
  4. ネットではなく、タウンページで調べるべき

上記のような感じです。結局、目次の「見積もり同じ内容で330万円が60万円に!」というのは筆者の猛勉強と戦略的見積り取得の結果であって、再現性があるかといえば、ちょっと疑問です。だってこの人、1次見積もりに46件も連絡するってやりかたなんだもん、普通の人には不可能ですね。
特に、内装屋は今となってはどこも手一杯仕事を引き受けていますから、このコスト削減策ができるかは不明ですが・・・考え方としては、非常に勉強になりました。

 

目次・内容紹介

第1章 なぜあなたの不動産投資、賃貸経営は儲からないのか?
第2章 1室でもできる!見積330万円が60万円に!利回り20%を達成するリフォームコスト削減ノウハウ公開
第3章 「業者検索」から「選定」までコスト削減の全てが決まる!46社当たってわかったリフォーム工事の“カラクリ”とは?
第4章 「工事開始」から「募集」まで ここが違う!利益が残る賃貸経営の具体的方法とは?
第5章 これからの不動産投資、賃貸経営 生き残り戦略とは?
第6章 アーリーリタイアメントの先に待つものとは?

不動産投資・賃貸経営で利益を残す!  リフォームコスト削減ノウハウ虎の穴 (単行本) 不動産投資・賃貸経営で利益を残す! リフォームコスト削減ノウハウ虎の穴 (単行本)
小林大祐筑摩書房
売り上げランキング : 6373Amazonで詳しく見る

↓Twitter上で、感性にビビッときた物件やこれはお得だ!と思った物件を紹介する #のら得物件 つぶやきのまとめページ作りました!

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 読んだ本とか

    【書評】2019年のマンション購入書籍の決定本「マンション大全」

    スムログや住まいスタジアムでおなじみ三井健太さんが商業出版ベースで初め…

  2. 読んだ本とか

    資産性の高い中古マンションを買いたい初心者にオススメ「マンションを買うなら60m2にしなさい」

    特殊な考え方ではないと思いますが、私は実用書を買う前は、著者のプロフィ…

  3. 読んだ本とか

    【書評】お金に困らなくなるマイホームの買い方・つかい方

    不動産コンサルタントの山崎隆さんの本です。表紙には、「自分で住む」…

  4. 読んだ本とか

    変わりゆく東京の予定表「東京大改造マップ2020最新版」

    日経BPのムック本、「東京大改造マップ2020」前バージョンはあえて紹…

  5. 損が少ないマンション購入

    【書評】マンションは10年で買い替えなさい 人口減少時代の新・住宅すごろく

    本ブログでもたまにデータを利用させていただいている住まいサ〜フィン・沖…

  6. 読んだ本とか

    【書評】住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版(追記有)

    住宅ローンの金利低下が顕著です。最近のあまりの固定金利の下がりっぷりは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP