読んだ本とか

【書評】23区格差

先日立ち寄った書店で話題の本の中に入っていたので紹介します。
著者は都市計画出身の不動産コンサルタントの方です。

23区格差 (中公新書ラクレ) 23区格差 (中公新書ラクレ)
池田 利道中央公論新社
売り上げランキング : 258

Amazonで詳しく見る

“23区格差”とタイトルは仰々しいのですが、中身は落ち着いたトーンです。年収の話も出てきますが話の本筋ではなく、むしろ統計から見た23区それぞれの特徴を丁寧に掘り下げている感がありました。たとえば、現在ほぼ1強となっている港区の平均年収は2000年頃からはじまったとか、65歳以上シニアが働く割合で一番は台東区の4割超え・最低は北区。北区シニアの労働参加率が低いのはサラリーマン引退世代が多いから、などです。

中野区・杉並区・目黒区が抱えている問題もこの本で知りました。

あとがきで明らかになりますが、もともとこの本は東京都北区のコンサルから始まってますので、北区の記述割合が多く、江東区にいたっては湾岸部しかほぼ触れられず、深川地区・城東地区についてなどはほぼ記述がない(笑)など偏りがある内容ではあります。

といっても、この本の価値を減じるものではありません。東京23区は日本の中枢であり、そして区ごとにカラーがかなりはっきり分かれます。これは地形の高低や川、そして災害や歴史などが積み重なってできたもので、こうした本を読むといかに自分が23区を知らなかったかがわかります(私自身23区内の出身ではありません)。

そして文化の発展に欠かせない定着率がむしろ街の発展の足かせ、つまり流動性が低下する二律背反を本質的に孕むものだということを本書で気づかされました。

印象論的な部分も多いのですが、街を知る・住む街を探すには良い一冊かもしれません。

目次

前章 多極化する23区に生まれる「格差」
第1章 23区常識の「ウソ」
第2章 ニーズで読み解く23区格差
第3章 年収・学歴・職業で非凡な区、平凡な区
第4章 23区の通信簿
最終章 住んでいい区・よくない区を見極める方法

23区格差 (中公新書ラクレ) 23区格差 (中公新書ラクレ)
池田 利道中央公論新社
売り上げランキング : 258

Amazonで詳しく見る

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 読んだ本とか

    【本当に役立つマンション購入術】/感想・紹介編(更新10/16)

    感想や紹介ツイートをこれからも追加していくとコメント欄までたどりつけな…

  2. 読んだ本とか

    【書評】30年後に絶対後悔しない中古マンションの選び方

    私が考える得するマンション購入法をざっくりまとめると 新築or…

  3. 読んだ本とか

    【書評】「マイホームの常識」にだまされるな!

    ホームインスペクション事務所・さくら事務所の長嶋修さんが書かれた本です…

  4. ワンルームマンション投資

    マジの名著だった。【Excelでできる 不動産投資「収益計算」のすべて】

    不動産投資を勉強するにあたり、私のような初心者ですら「その理論ガバガバ…

  5. 読んだ本とか

    Wedge2015年7月号「タワーマンション狂騒曲の裏側」を読んでみた

    Twitterのタイムラインでたびたび出てたので気になって買ってしまい…

  6. 読んだ本とか

    資産性の高い中古マンションを買いたい初心者にオススメ「マンションを買うなら60m2にしなさい」

    特殊な考え方ではないと思いますが、私は実用書を買う前は、著者のプロフィ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP