読んだ本とか

【書評】23区格差

先日立ち寄った書店で話題の本の中に入っていたので紹介します。
著者は都市計画出身の不動産コンサルタントの方です。

23区格差 (中公新書ラクレ) 23区格差 (中公新書ラクレ)
池田 利道中央公論新社
売り上げランキング : 258

Amazonで詳しく見る

“23区格差”とタイトルは仰々しいのですが、中身は落ち着いたトーンです。年収の話も出てきますが話の本筋ではなく、むしろ統計から見た23区それぞれの特徴を丁寧に掘り下げている感がありました。たとえば、現在ほぼ1強となっている港区の平均年収は2000年頃からはじまったとか、65歳以上シニアが働く割合で一番は台東区の4割超え・最低は北区。北区シニアの労働参加率が低いのはサラリーマン引退世代が多いから、などです。

中野区・杉並区・目黒区が抱えている問題もこの本で知りました。

あとがきで明らかになりますが、もともとこの本は東京都北区のコンサルから始まってますので、北区の記述割合が多く、江東区にいたっては湾岸部しかほぼ触れられず、深川地区・城東地区についてなどはほぼ記述がない(笑)など偏りがある内容ではあります。

といっても、この本の価値を減じるものではありません。

東京23区は日本の中枢であり、そして区ごとにカラーがかなりはっきり分かれます。これは地形の高低や川、そして災害や歴史などが積み重なってできたもので、こうした本を読むといかに自分が23区を知らなかったかがわかります(私自身23区内の出身ではありません)。

そして文化の発展に欠かせない定着率がむしろ街の発展の足かせ、つまり流動性が低下する二律背反を本質的に孕むものだということを本書で気づかされました。

印象論的な部分も多いのですが、街を知る・住む街を探すには良い一冊かもしれません。

目次

前章 多極化する23区に生まれる「格差」
第1章 23区常識の「ウソ」
第2章 ニーズで読み解く23区格差
第3章 年収・学歴・職業で非凡な区、平凡な区
第4章 23区の通信簿
最終章 住んでいい区・よくない区を見極める方法

23区格差 (中公新書ラクレ) 23区格差 (中公新書ラクレ)
池田 利道中央公論新社
売り上げランキング : 258

Amazonで詳しく見る

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. 損が少ないマンション購入

    東洋経済の不動産特集取材に協力しました

    週刊東洋経済2015年5月23日号「不動産・マンション バブルが来る!…

  2. 読んだ本とか

    変わりゆく東京の予定表「東京大改造マップ2020最新版」

    日経BPのムック本、「東京大改造マップ2020」前バージョンはあえて紹…

  3. 損が少ないマンション購入

    【読んだ本】人気のマネー誌ZAiが作った家を買いたくなったら読む本

    この本を監修した、さくら事務所さんから献本いただきました。ありがと…

  4. 読んだ本とか

    【書評】タワーマンション節税! 相続対策は東京の不動産でやりなさい

    当ブログ、というよりのらえもんから大人気、沖有人さんが書かれた本です。…

  5. 読んだ本とか

    「都心に住む」9月号の[湾岸は今]を読む

    そろそろ次号が販売される時期ですが、都心に住む9月号を購入して読みまし…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサード リンク

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

  1. メディアへのツッコミ

    住宅ローンは年収の8倍から10倍までが目安??一体何言ってるんだ・・・
  2. パークハウス晴海クロノレジデンス

    ザ・パークハウス 晴海タワーズ クロノレジデンス 第一期結果発表
  3. モデルルーム訪問

    勝どき ザ・タワー 第一期価格表が公開される
  4. パークタワー晴海

    パークタワー晴海 北側3LDK低層階一部住戸が大幅値下げ
  5. 新交通など

    「羽田空港とりんかい線の接続も検討」との報道
PAGE TOP