HARUMI FLAG 晴海選手村

HARUMI FLAG 第1期登録受付がはじまる

令和元年の大本命物件、HARUMI FLAGの第1期登録が7/26からいよいよ始まります。東京都心で今後これだけ大きい土地が空くことはほぼ無く、日本における今世紀最大の住宅開発といっても過言ではありません。

スムログブロガーズでも、集まって緊急座談会を行いました。
言いたいことはもうかなりここに書き込んでしまった感あります。私はどっちかといえば、SEA推しです。
前編 後編

さて、第1期登録受付についての詳しい物件概要は公式Webサイトをご覧になっていただきたいのですが、

登録受付期間:2019年7月26日(金)~2019年8月4日(日)
SEA VILLAGE:総戸数 686戸
販売戸数:211戸
販売価格:7,550万円(2戸)~23,000万円(1戸)
最多販売価格帯:8,600万円台(15戸)
PARK VILLAGE総戸数:915戸
販売戸数:389戸
販売価格:5,400万円(1戸)~13,240万円(1戸)
最多販売価格帯:6,400万円台(24戸)

となりました。総戸数に対する販売対象住戸の割合は、SEA棟:30.7%、PARK棟:42.5%となり、PARK棟の方が優勢です。特にPARK棟のお求めやすい価格にかなり人気が集中しているようです。しかし、東京都中央区のファミリー向けマンションで、最多販売価格帯:6,400万円台(24戸)という表記は、このHARUMI FLAG以降、もう出ないかもしれませんね。

基本、希望が入ったところだけを売り出すので、価格表を見れば傾向がわかります。

HARUMI FLAG PARK VILLAGE A棟・F棟 第1期販売価格表
(クリックすると大きくなります)

HARUMI FLAG PARK VILLAGE B棟 第1期販売価格表
(クリックすると大きくなります)

HARUMI FLAG PARK VILLAGE C棟 第1期販売価格表
(クリックすると大きくなります)

HARUMI FLAG SEA VILLAGE A棟 第1期販売価格表
(クリックすると大きくなります)

HARUMI FLAG SEA VILLAGE B・D棟 第1期販売価格表
(クリックすると大きくなります)

ということで、SEA棟もPARK棟も眺望良好なお値段が張るところは上の方から売れていっているのがわかります。下でも遮るものがほぼ無いのでもちろん良いのですが、価格差が無いですし、下を行く人からの視線を考えると、なるべく上の方が、、、という傾向は納得です。

予定価格からお値段が変更になった個所はありません。新しく販売になった列はありますが、これは反響が良かった箇所なので第二期にとっておかず、急遽開けたのでしょう。

コスパがとても良い部屋は間違いなく20倍を超えるはずです。クジ運を信じるか、回避して別に向かうか。希望者はしばらくドキドキだと思いますね。お互い祈りましょう。

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. HARUMI FLAG 晴海選手村

    HARUMI FLAG(晴海フラッグ) モデルルーム訪問 その1

    HARUMI FLAGは普通のマンションではありません。新しい元号とと…

  2. HARUMI FLAG 晴海選手村

    【HARUMI FLAG】SEAとPARK VILLAGEの第一期価格表が公開される

    今週から10万円単位の価格表が提示され始めた、HARUMI FLAG(…

  3. HARUMI FLAG 晴海選手村

    HARUMI FLAG(晴海選手村)分譲で心配な3つのこと

    板状マンションだけど建物はキチンとコストをかけて作られていそうで、眺望…

  4. HARUMI FLAG 晴海選手村

    HARUMI FLAG検討者におすすめした”財形住宅融資”とは

    地味すぎるあまり、他のブログやサイトで無視されがちな「財形住宅融資」。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP