損が少ないマンション購入

地価LOOKレポート 平成25年第3四半期版が公開される

国土交通省が四半期毎に発表している地価LOOKレポートが発表されました。

都内全体で見ると微増傾向の地域が多いです。

chikalook_2013_3th02

湾岸地域は江東区豊洲の地価傾向が公開されています。

chikalook_2013_3th01

豊洲の総合評価は0%超~3%未満の微増傾向でした。震災後、しばらく下がりましたが、その後評価は反転して微増評価は8四半期連続となっています。

鑑定評価員のコメントを一部抜き出しますと

エンドユーザーのマンション需要は堅調に推移すると予測するものの、湾岸部においては、相当数のタワーマンションの供給が相次いで予定されている。大量供給を吸収しうるだけの需要は期待できるが、同時にかなりの供給戸数であることから、物件間の競合が激化することも見込まれるため、需要増が販売価格の大きな上昇をもたらすほど強いとは現時点では明言しがたい。
(中略)
建築費の高騰が強い懸念材料であり、価格への転嫁にも限界があること等に鑑みれば、地価上昇は急激なものとはならず、地価の将来動向は小幅の上昇基調と予想される。

ふむふむ、つまり需要はあるけど供給もかなりある(これは豊洲というよりも晴海有明を含んだこの辺一帯のことを意味していると考えます)ので、急激な価格上昇はなかなか起こりにくいということですね。

また「物件価格の上限」は決まっているので、建設費の上昇とともに土地の値段も上がってしまうと、物件価格が跳ね上がりプロジェクト全体の採算に関わる問題になってくるので土地の大幅上昇は難しいということでしょうか。

ちなみに、鑑定評価員の評価を抜き出しますと

土地の取引価格:やや上昇
取引利回り:賃料水準は横ばいなので下落
中古タワーマンション価格:やや上昇

という評価でした。

オリンピック後の湾岸相場について、私の考えは「新築マンションの先高感について」と「新築優位の時代が終わり、中古優位の時代が始まる」で述べていますので、ご興味あればこちらも参照ください。

 

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

関連記事

  1. 損が少ないマンション購入

    湾岸バブル再来?記事を読む(記事更新)

    2020東京オリンピック招致成功を受けて、競技場の多くが建設される湾岸…

  2. ケーススタディ集

    「新築マンションは契約した瞬間に2割下がるは本当ですか?」:ケーススタディー集

    実際に寄せられた相談を元にのらえもんの返信を公開シミュレーションをする…

  3. 損が少ないマンション購入

    住宅ローン減税5年延長・拡充へ(2014年からのお話です)

    2013年度末で切れる住宅ローン減税が再度延長・拡充になるという報道が…

  4. 損が少ないマンション購入

    都内の農地が全部マンションや戸建てに?2022年生産緑地問題を考える

    2019大晦日の夜に読者様から「生産緑地の2022年問題はどう考えます…

  5. 中古マンションの買い方・売り方

    【小ネタ】築年数とマンション平米単価の関係と戦略的マンション購入

    Twitter上で流れていたグラフを見て、昔のことを思い出しました。…

  6. 損が少ないマンション購入

    免震タワーマンションは内法面積が比較的広く取れて少しオトク

    マンション販売の表記は壁芯面積ですが、実際に住んだ時に使えるのは実質面…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP