損が少ないマンション購入

新築マンションの先高感について

これからも湾岸には新築タワーマンションがばんばん建っていきますが、心配なのはコストプッシュによる先高感、つまり資材費や人件費の上昇による価格上昇です。地域の魅力がアップしていないのにやたらと価格を上げたとしても、消費者はついてこれずマンション販売は失速します。

人件費は震災前の3~4割高と聞いたことがあるのですが、東京カンテイさんのツィートによると、1年前から建築コストは10~15%アップとのことです。

デベロッパーも商売でやってるんで、吸収するにも限界があります。といっても、「建築コストがかかりましたから値上げします」といわれても、ハイそうですかと値上げを消費者が素直に受け止めるとは思えません。値上げには理由が必要であり、地域の魅力アップ湾岸で言えば「貧弱な交通インフラの強化」が必要ですが、これは民ではなく官のお仕事なのでにんともかんとも。

結局思うようにコストを価格に転嫁できず、代わりに部屋を刻んで60㎡台3LDKが増えたり、価格の割にショボい内装のマンションが増えないか心配です。まぁ私が心配してもしょうがないのですけどね。

うーん、特に大規模マンションってのは規模の経済が働くので、少しコストを積めば大幅に内装は良くなるんですよね。某マンションを見て「坪○○万円でこの内装かぁ(‘A`)」と思ってしまったんで、(まぁマンション好きの戯言ですけど)この傾向が続かないことを祈ります。

 

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 損が少ないマンション購入

    今年のGWは湾岸タワーマンションの発表会ウィークになりそう

    晴海クロノレジデンスから2棟目の事前案内会のお知らせが来ました。と…

  2. 損が少ないマンション購入

    秋の三連休突入!初めてモデルルームを見学する方にアドバイス

    10/6-8は秋の三連休ということで、マンションのモデルルームを回る絶…

  3. 損が少ないマンション購入

    地価LOOKレポート 平成25年第3四半期版が公開される

    国土交通省が四半期毎に発表している地価LOOKレポートが発表されました…

  4. 損が少ないマンション購入

    「高い新築マンションの最割安部屋」と「安い新築マンションの最高額部屋」どちらが幸せか

    永遠のテーマでもありそうなこの話題。車なら一つ下のクラスの最上級グレー…

  5. ケーススタディ集

    金利暴騰の可能性と固定10年への借り換えについて:ケーススタディー集

    メールやask.fmで寄せられた質問に対して、再度ブログ上でお答えする…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

マンションコミュニティ総研の所長になりました

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP