特別企画

手付け金0円でマンションが買える?「ゼロテ」がリリース!

スムログブロガーの”室長”こと和田さんがGOGEN株式会社を立ち上げられて、次々とサービス開発や資金調達のリリースなどをして、優秀な若者が野に解き放たれたときの圧倒的なスピード感にのらえもんさんは打ちのめされています。

和田
「のらえもんさん!ちょっとゼロテについてフラットな目線で、この画期的な手付金ゼロスキームについて書いてください!」

きがるにいってくれるなぁ…そういえばこの間は勝手に「ゼロテのサイトを今から作るので、コメント寄せてください!明日まで、いや今日の午後まで!」とカジュアルに頼まれたのでした。私の所属事務所、新都市生活研究所より人使い荒いんだけど。

きちんとリクエストに答える義理堅いのらえもんさん

実際、私はこのサービスかなり気に入っているし、ニーズがあると思うし、救われる人も出てくるかと思います。部外者の私がゼロテの説明をするよりも、ニュースリリースを読んでくれたらわかると思うのですが、

手付金0円で不動産購入が可能になる「ゼロテ」の提供を開始 現金不要のあたらしい住宅取得の仕組みを実現
〜購入時に必用な手元資金を最大97%(※1)削減へ、利用手数料が半額になるリリースキャンペーンを実施〜

不動産購入時の手付金が0円になる住宅購入支援サービス「ゼロテ」の提供を開始いたします。本サービスの利用により、従来は購入時に買主が売主に対して支払っていた売買価格の10%程度の手付金が不要となります。買主は購入時に必用な手元資金を最大97%(※1)削減することが可能になるため、例えば証券等の資産を現金化する手間や時間が低減されます。

PR Timesより

不動産を購入するときは、売買金額の10%を手付け金として支払う必要があります。これはある意味、買主側が契約後に引き渡し前までに「簡単にキャンセルされないための人質」であるのと同時に、買主側にとっても「キャンセルすることのできるチケット」でもあったわけです。例えば、車は契約後に引き渡しまでにキャンセルすることは基本的にできませんが、不動産の場合は手付金を放棄すれば相手方はキャンセルを飲むしかありません。

ただし、ほとんどの方はそのまま購入に至るのですからこの機能としては「人質>>>チケット」くらいの価値しかなく、、拘束される資金量としてはかなり大きいものとなります。

たとえば、晴海フラッグで8,000万円(このマンションだと平均的な価格帯です)の物件を買おうとすると、手付け金800万円を契約のときに現金で用意しなくてはならず、この資金を契約時期によっては3年間以上前もって拘束されることになります。実際に手付け金がここまで貯金できておらず、購入を断念した方も少なくないはずです。この場合、手付金の減額交渉というフェーズもあると思いますが、最近の人気物件は手付減額を認めないことも多く、不動産購入の障害となる人もいたでしょう。

しかも、いまは低金利の世の中。購入されるかなりの割合の人がフルローンで買います。私もマンションは35年フルローンでしか買ったことがありません。キャンセルする気がない人にとっては、「どうせフルローンで買うから引き渡し後に手付金が戻ってくるのに、投資信託や財形貯蓄の解約など他のアセットを処分して資金を作らないのは不合理だ」ともいえます。

そこで、このゼロテです。クレジットカードで規定の手数料(ゼロテ利用金)を払えば、手付金を確保する必要がありません。

実はのらえもん、和田チームが起業アイデアをディスカッションしているときに偶然その場にいたのでした。
そしてこのサービスアイデアを聞いたときに、一応宅建士である私は「契約の誘引行為」ではないか?と考えたし、その場でも指摘したと思います。でもこれは第三者が売主・買主双方に提供するサービスですから違いますね。

同種のサービスはもしかしてデベロッパーや仲介会社も考えたかもしれませんが、当事者はこのスキームを絶対に提供できません。自ら行ってしまうと「手付について貸付けその他信用の供与をすることにより契約の締結を誘引する行為」行為につながるからです(宅地建物取引業第四十七条三)。第三者が保険として提供するからこそできる、まさに「宅地建物取引業のハック」ともいえます。デベロッパー社員として販売側のボトルネックとその解消について真剣に考えた和田氏だからこそたどり着けたアイデアなのでしょう。

もちろん、デメリットもあります。手付金が払える現金を用意できる人は、このサービスに意味がありません。家を購入したい、そしてフローはあるけどストックが十分にない、若者向けのサービスと言えるでしょう。

私ですか?
もちろん契約して引き渡しまでにだいぶ間隔が空いてしまう大規模の青田売り新築マンション買う時はゼロテ使いたいですね、正直。

ただこのサービスは売主側の承諾がいるはずなので、使える場所は限られます。早く広まってほしいです。特に晴海フラッグで。

今ならリリース記念で豪華景品当たるみたいです。これをクリックされたとしても、のらえもんには1円も入りません。

 

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

関連記事

  1. 特別企画

    MAJOR7インタビュー記事が公開されました&アルヒマガジンへ寄稿しました

    ご報告です。監修本「住んでみなければ絶対にわからないタワーマンションほ…

  2. 小ネタ

    【特別企画】ダイバーシティ東京「VR ZONE」で未来ゲーム・アーガイルシフトを体験してきた

    テレビでもVRが特集されるようになった本年、まさにVR元年といったとこ…

  3. 特別企画

    【続・GW特集】湾岸地域における売出価格と成約価格の乖離

    先日、江東区湾岸地域におけるタワーマンションの売り買い目線の違いを見え…

  4. THE TOYOSU TOWER

    【GW特集】江東区湾岸地域における売出価格と成約価格の乖離【追記有】

    本日、ふと呟いたこのツイートがそこそこ共有されました。仲介店激…

  5. 中古マンションの買い方・売り方

    消費者のための住宅購入応援サービス「住まいスタジアム」はじめます

    マンション購入を真剣に考えるブログ、読者のみなさまこんにちは、…

  6. 特別企画

    日本の不動産テック界に現れた黒船、神居秒算。

    (このエントリは、全宅ツイ不動産チンパンジー情報 第7号のネタを再利用…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP