マンションブロガーが答える

大規模アンケート実施!アフターコロナの住まい選考に関する意識調査

あまり外出もしてないし、モデルルームも訪問できないため、このブログを更新したい気分なのに更新するネタがさほどないという残念な状態です。そこで、Twitterのアンケート機能を使って、コロナウイルスによって皆さんの住まいに対する意識がどう変わったのか、アンケートを取ってみました。

3問のそれぞれの回答数はなんと3000票前後。回答者に偏りがあるとはいえ、個人がたった1日でこれだけの回答数を集めるアンケート調査ができるという、Twitterの新たな可能性を感じたのでした。のらえもんのフォロワーだし、だいたい「マンション買っているか、もしくはこれから新規に買いたい」であろう人たちが回答したアンケートは、価値があると思うのですよね。ご協力いただいた皆様、感謝いたします。

なお、ここまで集まるのだったら、きちんと設問を考えてやればよかった…と後悔しきりです。思い付きで設問を設定してしまったので、比較対象になる過去のアンケートが存在しなかったりします。

まず一つ目の質問は「住まいを探している方に質問です。緊急事態宣言明けに住宅を探すとして、一番何を重視しますか?」と書きました。価格については当たり前なので省きました。

私としては、一番上が最近軽視の方向にあり、その下3つが人気だと思ってました。

上記結果と比較できるアンケートは、2016年にマンションマーケットさんが公開されたこちらです。

物件選び、最も重視するポイント第1位は「最寄り駅からの所要時間」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000014183.html

▼持ち家派ランキングTOP5
1位 最寄最寄り駅からの所要時間(27.2%)
2位 価格(21.8%)
3位 間取り(11.9%)
4位 周辺施設(7.9%)
5位 通勤・通学手段や所要時間/面積・広さ(6.7%)

2016年のアンケートでは、面積が5位、間取り3位だったのに、頭一つ抜けた1位になっているんですよ!

毎日の在宅勤務で、狭いマンションに疲れ果てて、仕事場所が欲しい…個室が欲しい…というお父さんの魂の叫び声が聞こえますね。通勤の利便性や資産性より上に来るとは。といっても、全体の3割でしかないので、専有部の広さ・間取りの良さが絶対正義というトレンドになるかどうかはまだわかりません。でも変化への萌芽は感じます。

次の質問は「コロナウイルスによる影響で、自宅に対して考え方が変わったものはありますか?」でした。

こちらも在宅勤務経験者が多いのか、広さ優先をとりますね。マイカー重視派は私の想像ほどには増えていませんでした。もしコロナでの外出規制が長く続くようだと、トレンドがまた一段と変化するとは思いますが、まだその時期ではなさそうですね。
なお、自由意見のTwitterメンションでは、コロナで街に自由に出かけられなくなり、「周辺に緑・環境が良いことのメリットを改めて見直した」「戸建て派への転向」という方々もいらっしゃいました。

つまり、在宅勤務が当たり前になると、目の前に海と緑の公園があって、空間が広くて気晴らしがいつでもできる湾岸が最高になるんだよ!!!こんな場所、内陸だと二子玉川とかしかないでしょ!

(豊洲ぐるり公園、晴れた日は最高ですね。これから暑くなると日影がほぼないんだけど。)

一方で、「戸建ての良さに気づいて引っ越す」という人も一定数いますね。これはよくわかる。

最後の質問は、「感染症リスクを今後、以前よりずっと高く見積もらないといけないとすると、オワコンになるのは何?」でした。

みんなの意見が「狭くても便利で良い暮らし」から、自宅の中に仕事場・書斎・個室を持ちたいというニーズに変わっていますね。

60平米台で狭小3LDKもしくは2LDKでも子どもが小さければ、なんとか暮らせる。それよりも機能をアウトソースできる街の中に引っ越そう!そっちのほうが資産性が良い!というトレンドだったのですが、もしかして、見事に逆回転してしまうかも。機能のアウトソースは街や物流が完全な状態で動いていることが前提ですものね。

また、「大規模・タワーマンションの充実した共用施設」もこの先ツラいという意見にも多くの投票が集まりました。人と人が距離をもってコミュニケーションしなければならないことが数年続くとなると、共用キッチンでのパーティーやカフェ・バー、プールなどの施設が宝の持ち腐れになる可能性があります。豪華共用施設に支えられた一部湾岸タワマンの人気はこれから試されます。

一方で、転用可能な大空間を持っているのなら、テレカン対応のスタディスペースがいま、入居者にとっては需要が高そうであります。

まぁ上記のアンケート、「将来はこうなってほしい」という願望も多少込みでわたしの設問も投票結果もバイアスがかかってますね。都市への集積をずっとこのまま進めていいのか・そこに自分が飛び込んでいいのか、という人類の本能で感じる不安もあるのだと思います。

ーーー

さて、都会の狭小間取りに住んでいる方へ、快適な在宅勤務へのアドバイスすると、「ものを下に置かず空間に上げる」「単機能にしない」「テンポラリーとして活用する」というのが重要かと思います。狭小間取りに対応した家具を置くとか、折りたたみ机の導入とかですね。既製品をハメるよりも、cm単位で合わせ込んで天井まで使うと物が大量に片付きますよ!(経験あり)

薄型突っ張り壁面ライティングデスク ベルメゾンネットより

cm単位で調節ができる家具を検索すると、ベルメゾンのような従来型通販が強いです。これ、日本の住宅事情に合わせたものをちゃんと用意している、といいますか。上であげたデスクは奥行19cmで棚に折り畳みの机を置けてしまう家具です。夢がある。

そういえば、昭和の日本。畳の空間は食事の場でもありリビングでもあり寝床でもありました。折りたたみ食卓と布団が空間のマルチユースを可能にしていました。小さい部屋なのにLD分離やベッドを置こうとすると無理が出てくる。狭い家の中に長くいるとなると、空間をマルチに使う工夫が必要になってきます。

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. マンションブロガーが答える

    【マンションブロガーが答える】都心2LDKから、近郊3LDKの住み替え戦略どう思いますか

    私に聞く前に、まず奥様とご意見を調整したほうがいいんじゃないですかね・…

  2. マンションブロガーが答える

    新築マンション価格が下降局面になると、中古マンション価格はどう動くのか

    前回のエントリを書いたところ、「いまは新築マンションが上がってるけど、…

  3. マンションブロガーが答える

    ワールドシティタワーズは駅近トレンドと離れていますが、リセール高いのはなぜですか?

    駅近トレンドというのは一つの尺度にしか過ぎません。超大規模共用施設充実…

  4. マンションブロガーが答える

    【マンションブロガーが答える】子どもが4人いる家庭でマンションは現実的?

    マンションブロガーのらえもんは、3人きょうだいの3LDKマンション育ち…

  5. マンションブロガーが答える

    新築と中古の開きが大きいエリア、相場はどう動くのか

    本日、この坪単価を聞いて、あごが外れるほど驚いたんですよ。【ブ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP