東京BRT

祝!TOKYO BRT 運行開始!!!

中央区BRT/LRT構想が発展し、東京オリンピック前後で都心と臨海部を結ぶBRT計画となってからようやく、この日の目をみることができました。東京の臨海部は都心と距離が近くても南北方向の移動は有楽町線もしくはバス便のみ、という状態でしたがようやく第三の選択肢が出てきたことになります。

晴海BRTターミナル。背景はパークタワー晴海とティアロレジデンス。

今回はプレ1次運行の開始となります。このため、停留所はわずか4つ。目玉の国産連結バスは朝6時台以外は新橋止まりであるので、今回は晴海→新橋に行ってみました。

TOKYO BRT 運行プレ1次の停留所と経路

車両は3種類。連結バス・水素バス・ディーゼルバス。行った時はちょうど3種類が並んでました。

ターミナルの中をぐるっと回って停留所に来ます。

TOKYO BRTの将来構想としては、

  • 環状2号線を使ったスピード輸送
  • 信号制御を伴い、運行時間を正確化
  • 自動走行、走行支援

といったことが予定されていますが、現状は全部ありません。まぁ乗ってみたけど普通のバスですよね。晴海から新橋まで正味20分かかったし。

連結バスの車内

今回のプレ1次運行では、晴海から勝どきまでは晴海通りを通るため、時間も読めません。これは月島警察署のあたりはオリンピック開催時に使えないためです。さすがに勝どき→新橋の環状2号線区間は非常にスムーズでした。築地区間が地中化されれば更に定時運行も期待できるでしょう。

環状2号線に入ると非常にスムーズな運行になります。浜離宮や電通ビルを左手に見ながら、ラクラク通勤。

TOKYO BRTの新橋駅。JR新橋というよりも日テレ前。

オリンピック開催後に、国際展示場・豊洲・豊洲市場・晴海フラッグと行き先は次々とオープンされていきます。真価はHARUMI FLAGの街開き後となりますね。なお、有明の人たちにとっては残念なお知らせですが、プレ2次運行では有明テニスの森→勝どきに一直線ですが、HARUMI FLAGオープン後はすべてこちらを経由する便になると聞きました。

新橋虎ノ門方面の勝どきBRT停留所は、勝どきザ・タワーエントランスからすぐ。高頻度で来るしこれはKTT民大勝利!

のらえもんは引き続き、TOKYO BRTを応援します!

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

↓↓消費者のためのマンション購入応援。住まいスタジアムとは↓↓

関連記事

  1. 有明

    東京都が臨海部を「臨海スポーツゾーン」として整備することを発表

    東京都オリンピック・パラリンピック事務局が4/19に「新規恒久施設の施…

  2. 東京BRT

    都心と臨海地域とを結ぶBRTの名称は「東京BRT/TOKYO BRT」に決定!

    無難に落ち着くところにたどり着いたといいますか。正式名称が「東京BRT…

  3. 湾岸ニュース

    湾岸タワーマンションにおける民泊解禁について、ついに落としどころが出る

    規制改革会議が5月19日に出した第4次答申が発表されました。htt…

  4. 湾岸ニュース

    墨田川流域河川整備計画原案が公表される

    東京に限らず、日本の河川行政というのは治水視点が最重要視でした。これは…

  5. メディアへのツッコミ

    タワマン増税は新たな既得権と歪みを発生させる

    沖有人さんが提唱して商標までとった「タワーマンション節税® 」。当たり…

  6. 湾岸ニュース

    豊洲市場千客万来施設事業予定地の具体的なスケジュールが出る

    東京都中央卸売市場から江東区に出された資料が公開されています。オリンピ…

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2020年 10月 02日

    こんだけチープなら地下鉄計画の阻害要因にならなくてすみますね!

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

未来予想オンラインサロンやってます!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP