住まいスタジアム

住まいスタジアム事例集8 実際の相談事例より(5)

新築・中古問わず「特定の物件を推奨することのない中立な住宅相談」と「金融機関に属する事なく投資や保険などを販売する目的で行わないFP相談」を一括セット&有料にて行う日本初のサービス、「住まいスタジアム」。

ご利用された方の相談事例を取り上げさせていただきます。なお、事例はすべて匿名化させていただいております。

(写真は題意と全く関係ありません)

街を限定されて探されていたGさんの事例

Gさんは、住まいスタジアムに駆け込むように申し込まれました。普通の申込みは、早くても3日後、普通は1週間後くらいの日付を指定されますが、「どうしても明日、相談に乗って欲しい」とのことでした。

ちょうどFPも住宅アドバイザーも次の日の都合がついたので、早速相談に乗らせていただきました。

Gさんが焦っていたのにはわけがありました。とある財閥系マンションを買うつもりで手付金を振り込んでしまったのだが、担当営業さんに強引さに不信感を抱いていらっしゃいました。相当急かされて手付金を振り込んだものの、冷徹な判断を求めて相談にいらっしゃったのです。Gさんははじめてのモデルルーム見学で、舞い上がってしまったのもありますが、ベテラン営業マンの手練手管にやられてしまったと感じていらっしゃったようです。

資産評価価値としては、他の方向けに作成したこともある物件でしたのですぐにご用意できました。手付金は振り込んだ後でも、契約前の状態であれば、白紙に戻すことは可能であるとのアドバイス(幸運なことに、契約は相談の次の日でした)と共に、厳しい見通しであることをお伝えしたところ、相談に来てよかったと喜んで帰られました。

Gさんは、契約をせずに手付金を戻すことになり、今後のマンション探しの方策として、新築・中古問わずにショートコメントで物件の短評をやりとりすることになりました。

2往復のやり取りの後に、同じ区内の全く別の財閥系マンションを購入することになりました。Gさんからは、「あの時、相談に来て本当に良かったです。自分でも驚くほど大急ぎで行動しましたが、やり取りの中で、もっと満足のゆく物件を自信をもって契約に進むことができて良かった」とのご連絡をいただきました。

−−−−−

はじめてや2回めのモデルルーム見学で、舞い上がってしまってすぐに申し込んでしまった後、後悔するというパターンはよくあります。また、「購入できる」と営業マンの発言を信じたけど、実際の支払いシミュレーションを家に持ち帰ったところ、旧に不安になってしまったという方もいらっしゃいます。実際に本当に支払えるのか、プロのファイナンシャル・プランニングチェックと、偏りのない住宅相談サービスをセットで受けられるのはいかがでしょうか。失敗のない、満足のゆく購入サポートをお約束します。

ご予約お待ちしております!

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. 住まいスタジアム

    住まいスタジアム事例集4 実際の相談事例より(1)

    新築・中古問わず「特定の物件を推奨することのない中立な住宅相談」と「金…

  2. 住まいスタジアム

    住まいスタジアム公式サイトに三井健太マンションレポート掲載開始

    一消費者としてこうしたサービスがあったらいいなぁ、と考えて私がプロデュ…

  3. 住まいスタジアム

    定期収入があって、住宅購入適齢期で、健康に問題がない人に優しい日本の住宅ローン

    以前からこのブログで主張しているのですが、日本の住宅ローンは政策的なこ…

  4. 住まいスタジアム

    体感として、年収7倍のローンはかなりキツいよねって話

    みなさん、GWは精力的にモデルルーム訪問されていますか?私は今年のGW…

  5. 住まいスタジアム

    年収500万円からの住宅購入 「支払い可能な住宅ローン支払い額は?どんな選択肢があるの?」

    国税庁によると、平成28年給与所得者の平均年収は422万円、男性に限れ…

  6. ケーススタディ集

    【ケーススタディ集】年収1000万円からのマンション購入

    気軽にTwitterの質問を受けられるサービスを、ask.fmから質問…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP