新交通など

豊洲新市場の開場に伴うバス路線の新設と増便

豊洲新市場が11月からオープンすることになり、江東区鈴木あやこ議員のブログにてバス便の新設と増便が行われることになっています。これは、市場関係者の通勤対応のためとなります。2020年以降に来るBRTでも「市場関係者の通勤用として5〜深夜帯まで運行する」と書かれていました。今回のバス路線はこれに先行するものでしょう。

豊洲新市場関連バス・上記鈴木あやこ議員ブログの東京卸売市場資料4より

toyosu_shijo_bus

新たに、新橋行きと東陽町行きが調整されているようです。上記バスルートはのらえもん独自のバス運行予想ルートであり、決定されたものではありません。東陽町行きのルートは幾つかありますが、深川ギャザリア横を通って、木場経由で行くのが本命かなと勝手に考えています。根拠はありません(笑)

新橋行きのバスは、現状築地中央市場行と同程度の運行頻度とのこと。BRT開通までの暫定路線といえそうです。2つともあると共食いになってしまいますから。

一応時刻表はこちら。

ichi01

通勤時間帯はかなり高頻度に運転がありますね。SKYZ・BAYZの人たちや有明の一部マンションの人たちとっては、ゆりかもめに乗るよりもこちらまで歩いて行く方が新橋駅には早く到着するかもしれませんね。

そのほか、有楽町線やりんかい線、ゆりかもめなどは早朝の増発も検討されています。

↓↓のらえもんプロデュース!あなたにぴったりの住宅購入戦略指南!↓↓

関連記事

  1. 湾岸スポット・イベント

    豊洲新市場の千客万来施設の概要が固まる

    豊洲新市場の観光客向け付帯施設「千客万来施設」は30年の定期借地権で公…

  2. 不動産業界を外から見た

    分譲マンションの民泊問題はほぼ終止符?これからは管理組合のヤミ民泊対策が重要かも

    昨日「住宅宿泊事業関連法案」が自民党の政策調査会を通過したと私宛にメー…

  3. 東京オリンピック2020

    晴海選手村開発(晴海五丁目西地区)の計画概要が明らかになる

    6月29日にアートはるみで行われた晴海地区まちづくり協議会資料の一部を…

  4. 湾岸ニュース

    墨田川流域河川整備計画原案が公表される

    東京に限らず、日本の河川行政というのは治水視点が最重要視でした。これは…

  5. 小ネタ

    【小ネタ】自動運転車の普及が進むとマンション市場は変わるのだろうか

    都心と臨海副都心とを結ぶBRTには、自動運転技術がある程度盛り込まれる…

  6. 湾岸ニュース

    有明~豊洲6丁目の「道路補助第315号線」全線が3/2から開通

    有明-豊洲6丁目間の第三の橋「富士見橋」はだいぶ前からかかっていました…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサード リンク

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

PAGE TOP