読んだ本とか

【書評】住まいの解剖図鑑

こちら、最近買った本ではなく私がモデルルームめぐりをしていた頃に出合った本で、初版第1刷を持っています。紹介するにあたってひさしぶりに書棚から取りましたが、この本で学ばせていただいた基本が、のらえもんブログを書くにあたって間取りや扉、開口部などを考える参考になっています。もともとは戸建て向きの本だとは思いますが、マンションにももちろん参考になります。

住まいの解剖図鑑 住まいの解剖図鑑
増田 奏

エクスナレッジ
売り上げランキング : 1383

Amazonで詳しく見る

良い間取り・良い住まいとはある意味さながらパズルのようです。

sumai_kaibo_door

たとえばドア。左右・内外開きと4種類ありますが、人間の動きを決めるために、上記の正解はひとつしかありません。場合によっては引き戸や折れ戸を使うのが正解の場合もあります。本書はそういった住まいの設計ひとつひとつにスポットライトを当てて、どうしてこうあるべきなのか?考えさせてくれる名著です。

住戸設計だけでなく、家具の配置や高さについても触れられています。

  • TVがあるリビング、配置はどうあるべきなのか?
  • 目線の高さを合わせた家具は?
  • 開口部の目的とは?目的に合わせた窓とは?
  • 美しい動線の間取りとは?

上記がわかりやすいイラストや例えと共に紹介されています。

注文住宅を作る立場ならもっと読んで面白かったでしょうけどね、モデルルームを見て動線や配置を考える上でとても役に立った本でした。これから住まいを購入する人、契約していまから家具を考える人にとてもオススメの本です。

■目次
・はじめに
・1 気持ちよさにはワケがある
・2 箱のかたちにはイミがある
・3 人にも寸法にもクセがある
・column
畳の五カ条/家族のタイムテーブル/平凡な案から/方針・決心・変心
「ふつうじゃダメなのかい?」/平面のトポロジー/無目的という目的もある
・あとがき

住まいの解剖図鑑 住まいの解剖図鑑
増田 奏

エクスナレッジ
売り上げランキング : 1383

Amazonで詳しく見る

 

あなたの不動産売却に、ひと肌脱ぎます。
↓↓湾岸エリアでのマンション売却をお考えの方はこちらから!↓↓

↓↓お仕事や取材の依頼はこちら↓↓
(所属先の株式会社新都市生活研究所のWebサイトへ飛びます)

関連記事

  1. 読んだ本とか

    「都心に住む」9月号の[湾岸は今]を読む

    そろそろ次号が販売される時期ですが、都心に住む9月号を購入して読みまし…

  2. 読んだ本とか

    不動産営業マンの悲哀と思考がわかる小説【狭小邸宅】

    のらえもんブログでははじめてとなる小説の紹介。この本、間違いなく五つ星…

  3. 読んだ本とか

    【書評】住宅ローンのしあわせな借り方、返し方

    ファイナンシャルプランナーというお仕事は、単なる相談業務では食べていけ…

  4. 読んだ本とか

    【書評】2019年のマンション購入書籍の決定本「マンション大全」

    スムログや住まいスタジアムでおなじみ三井健太さんが商業出版ベースで初め…

  5. 損が少ないマンション購入

    東洋経済の不動産特集取材に協力しました

    週刊東洋経済2015年5月23日号「不動産・マンション バブルが来る!…

  6. 読んだ本とか

    購入後のマンションの行く末を考える「100年マンション 資産になる住まいの育てかた」

    マンションを購入検討する時には、めちゃくちゃがんばって調べる人もマンシ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

のらえもんにお仕事や取材を依頼する!

お知らせ

過去の記事(ランダム)

カテゴリー

  1. ブリリアマーレ有明

    【成約済】BrilliaMare有明 TOWER&GARDEN 2LDK+N/7…
PAGE TOP